保育料無償化について知りたい方はこちら ≫

産後の生理の始まり方は?量が多い人少ない人の症状の変化【まとめ】

産後の生理の始まり方

出産後、生理はいつから再開するの?

と疑問を抱いているママは多いと思います。

 

  • 産後の生理はいつ再開するのが平均的なのか
  • 産後初の生理は重いのか、それとも軽いのか

などを再開前に知っておくことはとても大切です。

 

今日は私の体験談を交えながら、産後の生理についてお話していきたいと思います。

momoko

「できればまだ始まってほしくない…」

と思っている方も多いと思いますが、突然の再開に戸惑うことがないようにぜひこの記事で学んで帰ってくれたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

産後ママ必見!生理の再開時期は人それぞれ?

生理

産後の生理が再開する時期には個人差があり、正確はありません。

しかし、平均すると

70%~80%の女性が産後8ヶ月以内に再開する

と言われています。

 

生理再開には、

  • 母乳育児をしているか
  • ミルク育児をしているか

によっても左右されることがあります。

 

授乳中は「プロラクチン」というホルモンが大量に分泌され、その影響で排卵機能がストップします。

いわゆる無排卵月経の状態になるんです。

断乳後はそのプロラクチンの分泌が正常に戻り、断乳してから1~3ヶ月以内に生理が再開する方が多いようです。

 

それにより、ミルク育児の方は産後2~4ヶ月以内、母乳育児の方は産後6~10ヶ月以内の再開が目安となっています。

momoko

ちなみに私は子供2人を母乳育児で育てましたが、

1人目の時が産後10ヶ月、2人目の時が産後8ヶ月

で再開しました。

どちらも平均内に入っていますね!

 

ただし...

母乳育児をしている方でも、夜間に授乳をしていない場合は早く生理が再開することがあります。

プラクチンの分泌は夜間に活発に行われるためです。

 

妊娠前と出産後の生理の変化

妊娠前と出産後で生理の症状が変化することは珍しいことではないです。

生理痛の重さや出血量など、人によって変化する症状は様々。

 

症状が変化する理由としては、出産を経験して子宮内の環境が変わったことが考えられます。

momoko

私の場合は妊娠前、生理痛がひどく出血量も多かったのですが、産後は辛さが30%減になりました!

 

産後に生理が軽くなった場合は心配はいりませんが、重くなった場合は辛いですよね…

極端に重くなってしまったり、出血が一週間以上長くダラダラと続く場合は不正出血の可能性がありますので、婦人科を受診することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

ストレスは生理再開時期に関係する?

「ストレスは生理再開時期に関係している」と考えられています。

ストレスを感じるとホルモンの分泌に大きく影響を及ぼすので、ストレスが原因で再開時期が遅れることも…

 

出産後の大きな環境の変化や、毎日休みなく続く育児にストレスを感じるママは多いと思います。

もし自分で「ストレスが溜まっているかも…」と心当たりがある方は要注意です!

 

生理再開時期を早める方法

「早く次の子がほしい」という場合は、生理を早く再開させたいですよね。

momoko

知り合いに、生理が2年もこなくて2人目が作れないという人がいました。

年子や2歳差で兄弟を作ってあげたいママにとっては生理再開が待ち遠しいですよね。

 

生理の再開時期を早めるには、婦人科でホルモン剤を投与してもらいホルモンのバランスを整えます。

その場合、ホルモン剤は授乳中だと使用できないため、断乳が必要となります。

注意

生理が再開していない場合でも、妊娠はしないわけではありません。

生理がこなくても排卵をしている場合もありますので、妊娠を望んでいない場合はきちんと避妊をしましょう。

※関連記事はコチラ▼

産後生理開始前でも妊娠する?その方法と妊娠後に気を付けたいこと

 

生理再開を遅らせる方法

必ず遅らせることができるとは言えませんが、母乳育児をしている方は下記を実践してみると効果的です。

 

授乳間隔を大幅に開けない

生理再開を避けるには授乳間隔を3時間以上開けないようにしましょう。

授乳回数が多いほど、プロラクチンの分泌を大きく促すことができます。

 

夜間に授乳をする

プロラクチンの分泌は夜間が一番活発に行われるため、夜間の授乳を止めないことが大切です。

 

【産後の生理の始まり方は?量が多い人少ない人症状の変化】まとめ

最後に、今日のポイントのおさらいをしましょう。

  • 生理は70~80%の女性が産後8ヶ月以内に再開する
  • 母乳育児がミルク育児かによって再開時期が異なる
  • 再開時期には、プロラクチンというホルモンが関係している
  • ストレスは再開時期を遅らせる原因になる
  • 産後の生理の症状は変化しても問題ない場合が多い
  • 生理が再開していなくても、妊娠する可能性はある
  • 生理の再開を早める方法、遅らせる方法がある

 

生理は女性にとって正直わずらわしいものですが、女性の身体にとってはとても大切なものです。

生理の再開には個人差があるので、人より遅れていてもあまり心配せずおおらかな気持ちで待ちましょう。

 

スポンサーリンク

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください