保育料無償化について知りたい方はこちら ≫

106万円の壁は損!?交通費に注意!働き損を防ぐ方法とは。

106万円の壁で損しない方法。交通費に要注意!

パートをしている女性に注意してほしい「103万円の壁」

 

2018年1月には「130万円の壁」が「150万円の壁」に変更されたことにより、

パート主婦にとってどんな働き方が一番お得なのか

を見極めるのが難しくなっています。

 

現在、夫の扶養内で働く女性が注意すべき壁は

  • 103万円の壁
  • 106万円の壁
  • 150万円の壁

の3つです。

 

そこで今回は、2016年10月から始まった「106万円の壁」について、同じ扶養内で働く女性目線から分かりやすく解説していきたいと思います。

 

あなたも働き損を防ぐためにも、ぜひこの記事を最後まで読んで「106万円の壁」について知って帰ってください。

私のお給料を目安に考えてみたので、きっと分かりやすいかと思います!(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

「106万円の壁」を分かりやすく解説!

壁

「106万円の壁」とは、ある一定の条件を満たした人が年収106万円(月8万8千円)を超えて働くと、社会保険(健康保険と厚生年金)に加入しないといけない制度です。

つまり、

一定の条件を満たす人は、年収106万円以上稼ぐと、手取りが大きく減ってしまう

ということになります。

 

国の調査によると、この「106万円の壁」の条件に当てはまる人は約25万人もいるんだとか!

これは他人事ではありませんよね。。。

 

「106万円の壁」に当てはまる条件は4つ

チェック

「106万円の壁」に当てはまる条件は4つです。

106万円の壁の条件
  1. 勤務時間が週20時間以上
  2. 賃金が毎月8万8千円以上(年収106万円)
  3. 勤務期間が1年以上の見込み
  4. 従業員が501人以上の企業

 

この4つの条件を全て満たしている人は、旦那さんの扶養を抜けて社会保険(健康保険と厚生年金)に加入しないといけません。

 

注意

注意してほしいのが、106万円の壁の加入条件が年収ベースではなく月収ベースで判断されてしまう点です。

 

例えば、2018年8月からパートを始めて毎月10万円を稼いだとしたら、2018年の年収は50万円になります。

 

この場合、年収は106万円以内に収まっていますが、月収88,000円を越えているので、夫の扶養を外れなければいけません。

 

いつから働き始めたとしても、「月収が88,000円を超える見込み」があればNGなんです(´;ω;`)

 

ちなみに、私が扶養内パートで働いていた時の勤務形態は

  • 平日は毎日9時~16時。土曜日は隔週。
  • 賃金は月収8~10万円の間をウロウロ(時給810円)
  • 勤務期間は約3年

だったので、①~③の条件にはバッチリ当てはまっています。

 

ですがド田舎なので、④の「従業員が501人以上の企業」には当てはまらず、何とかセーフでした;

都会に住んでいる方だと簡単に全ての条件をクリアしちゃいそうなので、注意したほうが良さそうですね。

MEMO

「106万円の壁」は、学生は対象外です。

なので①~④のすべての条件を満たしていても、学生であれば問題ないです。

 

【要注意】「交通費」も含んだ金額で考えましょう!

旅

「106万円の壁」や「150万円の壁」の社会保険上の扶養には、交通費もバッチリ含まれます。

MEMO

ちなみに、税法上の扶養を判断する「103万の壁」には、交通費は含まれません。

 

例えば、

パート主婦Aさん

上手く調整して、今年も年収102万円に収めたわ♪

というパート主婦がいたとします。

 

ですがこのパート主婦Aさん、年収102万円の計算には、毎月支給されていた交通費(3,500円)を含めていなかったのです。

そうすると、

年収102万円 + 1年間の交通費42,000円 =106万2千円

になり、「106万円の壁」を越えてしまいます!

 

この場合、所得税の支払いはないけれど、社会保険(健康保険+厚生年金)は自分で支払わなければいけません。

これだとまさしく働き損になってしまいます;

 

超重要!

「106万円の壁」は、交通費を含んだ金額が年収106万円未満であることでクリアできる

ということをしっかり頭に入れておきましょう!

 

私の勤務形態で働き損になるか考えてみました

売上

私のパート時代の勤務形態だと、年収が106万円を超えた場合どれくらい働き損になってしまうのか、健康保険・厚生年金の自動計算ツールを使って計算してみました!

 

私の勤務形態
  • 勤務時間は9時~16時の1日6時間
  • 時給810円
  • 平日5日間、土曜日は隔週勤務(月平均10日出勤)

で考えると、

時給810円 × 6時間 × 月20日 = 97,200円です。

ここから雇用保険料を引くと、大体月の手取りが96,000円ぐらいになります。

 

全く調整を考えないで働くと、年収は

96,000円 × 12ヶ月 = 115万2千円

なので、「106万円の壁」はしっかり超えてしまいますね。

 

そうすると、毎月の社会保険料の負担は

  • 健康保険料・・・毎月約5,000円
  • 厚生年金・・・毎月約8.740円

 

合計】13,740円

 

これを1年間と考えると、

13,740円 × 12ヶ月 = 16万4,880円

です。

保険料を引く前の年収115万2千円 - 年間保険料16万4,880円 = 手取年収98万7,120円

 

momoko

えー!?103万円未満に抑えた場合よりも、手取り額減ってるじゃん!!

という事態になり、完全に働き損ですね;

 

しかも我が家の場合は夫の会社から毎月の扶養手当が13,000円出てるので、社会保険に加入するとこの手当も無くなってしまうということになります。

がんばって働いたのに保険料でガッポリ持って行かれるなんて納得いきませんね(´;ω;`)

我が家の場合は、年収103万円未満に調整するのが一番お得な働き方だと言えそうです。

 

スポンサーリンク

 

「106万円の壁」を超えても、メリットはあります・・・!

 

ここまでデメリットばかりを書いてきましたが、社会保険に加入することによってメリットもあるんです。

1.将来もらう年金額が増える

 

扶養に入っているともらえるのは「国民年金」だけですが、自分で社会保険料を払う事によって「厚生年金」ももらえるようになります。

  • 旦那の扶養に入っている方・・・国民年金のみ
  • 自分で社会保険に加入している方・・・国民年金+厚生年金

ということですね。

 

2.その他、手厚い手当てがもらえる

 

年金額の増加に加えて

  • 出産する時の産前産後休暇にもらえる「出産手当金」(※育児休業給付金とは別)
  • 病気やケガで4日以上仕事をお休みした時にもらえる「傷病手当金」

など、社会保険に加入しているからこその手厚い手当をもらえます。

 

【パターン①】

主婦①

私は今もらえるお金を重視して、手取りが減ることを避けるわ!

年収が106万円未満になるように調整しよう。

 

【パターン②】

主婦②

私は将来の年金額が増えたほうがいいわ!

106万円の壁は気にせずに頑張って働こう!

というように、これからは自分に合った働き方を選んでいくことが大切ですね(*^^*)

 

【106万円の壁は損!?交通費にも要注意!】まとめ

 

家族のためにがんばって働くのであれば、働き損だけは絶対に避けたいですよね!

今のところは「従業員が501人以上」の大きな会社が対象ですが、今後この規模をさらに小さくしていく予定もあるみたいなので、私も「106万円の壁」の危機にさらされる日がきっと来るでしょう。

年末に大慌てしないで済むように、自分の働き方が損をしていないか、いつも把握しておくようにしたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください