▼知らなきゃ損!?今話題のお得情報

”男の子の方が体が弱い”のはなぜ?その理由に驚き!

男の子体が弱い

息子を妊娠しているときから

知り合い

男の子のほうが小さいときは体が弱いから、病気ばっかりして大変よ。

とよく言われてきました。

 

ですが、もうすぐ4歳になる娘があまり病気をしてこなかったので、

momoko

息子もきっと体は強いほうでしょ。

私も旦那も体は丈夫なほうだし。

と思っていましたが、全然でした・・・

娘が赤ちゃんのときよりも、息子のほうが明らかに病気になる回数が多いんですよね~。常に鼻水垂れてるし。

 

男の子は女の子よりも体が弱い

この真相を知るべく調べてみたところ、驚きの事実が発覚しました!

そこには、医学的な根拠があったのです…

男の子を子育て中や妊娠中のママは必見ですよー!

 

スポンサーリンク

 

男性は女性よりも染色体レベルが弱い

染色体

染色体には、「X染色体」と「Y染色体」の2種類がありますが、

女性は「XX」というように、「X染色体」を2本

 

男性は「XY」というように、「X染色体」と「Y染色体」をそれぞれ1本ずつ

持っています。

 

通常、染色体というものは”同じものが2個セット”で出来ているらしいのですが、男性の染色体はちがう種類のものを1本ずつしか持っていません。

これにより、

女性同じ種類の染色体が2本あるので、片方の染色体に異常があっても、もう片方で補うことができる

 

男性ちがう種類の染色体なので、片方の染色体に異常があっても、それを補うことができない

となります。

 

これが、男の子のほうが体が弱い」と言われている一つの理由なんです。

 

momoko

生まれつき持っているものですでに決まっていたんですね・・驚きです。

 

出生率は女の子よりも男の子のほうが多い

出生率

女の子と男の子の出生率は、

女の子100人に対して、男の子は105人

です。

 

男の子が女の子よりも多く生まれている理由としては、

男の子のほうが女の子よりも病気で亡くなる確率が高いため、男の子のほうが多く生まれるようにできている

という説があります。

これは、「乳幼児死亡率」や「流産・死産率」を見ても、男の子のほうが多いと言えます。

 

しかも、出生率や死亡率は、どの時代でも、どの国でも同じような結果なんだそう。

妊娠・出産をしても、男の子のほうが命を落とす可能性が高いので、男の子と女の子の割合を保つために昔からこのような仕組みができ上がっているんですね。

 

スポンサーリンク

 

平均寿命からも「男性のほうが弱い」ことが分かる

サラリーマン

2015年に発表された調査によると、

日本の平均寿命

  • 女性は86.83歳
  • 男性は、80.53歳

です。

 

男性の平均寿命が女性よりも短いのは、

  • 女性よりも仕事で社会にもまれる時間が長く、気づかぬうちにストレスが蓄積されている
  • 女性よりもたばこやお酒を好む人が多く、生活習慣が乱れがち

この2つが大きく関係していると言われています。

 

とはいえ、医療の進歩で改善されてきている

薬

昔は男女の出生比率や死亡比率が問題視されていましたが、現代では医療が飛躍的に進歩して、その差も縮まってきているんだそうです!

 

男の子の特徴として、

  • 生まれたばかりの頃は、女の子よりも肺の機能が未熟
  • 女の子よりも体の成長ペースが遅い
  • 代謝が活発

などが言えますが、この部分は今の医療でしっかりカバーできています。

昔に比べて、断言できるほど「男女の差」はなくなってきているんですね。

 

一番大切なのは、生活習慣

栄養

医学的な根拠は参考にはなりますが、何より一番「体の強さ」を作るのに大切なことは、

毎日の生活習慣を整える

ことです。

 

野菜や肉、魚をバランスよく食べて早寝早起きを心がけることで、だんだん免疫力がついてきて病気になりにくい強い体が作られていきます。

「男の子だから」「女の子だから」と、性別で判断せずに日々の生活から見直していきましょう。

 

まとめ

赤ちゃん個性

昔は医学の面から「男の子のほうが弱い」と言われていましたが、現代ではそれは断言できるほど意味を持たないということが分かりました。

 

とはいえ、我が家では息子のほうが病気をしやすいのは事実。。。

 

姉の子供は三兄弟で全員男ですが、我が家以上に子供の病気で大変そうなイメージです。

これは性別の問題ではなく、個性というか体質によるものもあるかと思いますが。

 

まぁあまり気にしすぎてもしょうがないので、これから強い体作りを意識して、生活習慣を整えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください