▼知らなきゃ損!?今話題のお得情報

認定こども園と幼稚園の違いは?対象年齢、保育時間等を解説!

認定こども園と幼稚園の違い

平成27年度から「子ども・子育て支援制度」がスタートして、『認定こども園』という言葉をよく耳にするようになりました。

我が家の2人の子供達も、現在『認定こども園』に通っています。

「認定こども園」は、名前は耳にしたことがあっても、その仕組みまではあまり知られていないのが現状です。

今回は、

  • 認定こども園と幼稚園の違い
  • 対象年齢
  • 保育時間

など、我が子が通っている認定こども園を例にとりながら、仕組みを分かりやすく解説していきたいと思います。

お子さんを保育園・幼稚園・認定こども園のどれに通わせようか悩んでいる方には参考になると思いますので、ぜひ最後までお付き合いください(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

認定こども園と幼稚園の違いは?

公園②

まず、一般的な認定こども園と幼稚園の特徴をそれぞれ比べてみましょう。

幼稚園の特徴

  • 対象年齢:3歳~5歳
  • 預かり時間は、8時半~14時頃まで
  • 保育料は園が決める
  • 未就学児の学校教育を主としている
  • 管轄は文部科学省

 

認定こども園の特徴

  • 対象年齢:0歳~5歳(園によって違いあり。後々説明)
  • 預かり時間は、7時から19時頃まで(4時間の短時間部、8時間の長時間部を選べる)
  • 保育料は園が決める
  • 親が働いていなくても、希望すれば入れる
  • 幼稚園と保育園の機能を兼ね備えている
  • 管轄は文部科学省と厚生労働省

 

それぞれの特徴を見ると、認定こども園は、幼稚園と保育園のちょうど真ん中あたりに位置づけが出来ます。

 

認定こども園のメリットは?

認定こども園の大きなメリットは4つ。

  1. 幼稚園と保育園のイイトコ取りをした施設である
  2. 親が働いていなくても、希望すれば入れる
  3. 仕事を辞めたり育児休暇に入っても、退園せずに通わせ続けることが出来る
  4. 4時間の幼稚園教育だけでなく、長時間でも預けることが出来る

長時間(8時間)または短時間(4時間)保育を選べるので(園によりますが)、仕事をしていなくても長く預けたい家庭や、保育園要素を学ばせたい家庭にはメリットが大きいと思います。

 

スポンサーリンク

 

認定こども園は、4つの類型に分かれている

認定こども園は、幼稚園と保育園の機能を併せ持ち、さらに地域の子育て支援にも力を入れています。

4つの類型に分かれていて、それぞれの特徴に違いがあります。

  1. 幼稚園と保育園の両方の機能をしっかり兼ね備えた「幼保連携型」
  2. 幼稚園に保育園の機能がプラスされた「幼稚園型」
  3. 保育園に幼稚園の機能がプラスされた「保育所型」
  4. 各都道府県が独自の裁量で方針を決める「地方裁量型」

 

ちなみに我が子が通っている認定こども園は、2015年に保育園から認定こども園に変わったので、「保育所型」に当てはまります。

保育園の機能を中心に、幼稚園や地域の子育て支援機能がプラスされています。

もともとが保育園だったので、『保育園部』と『幼稚園部』という2つのくくりに分かれていて、

  • 0歳~2歳は『保育園部』
  • 3歳~5歳は『幼稚園部』か『保育園部』を選べる

形になっています。

なので、保護者が仕事をしていない子供は3歳からしか入れません。

認定こども園は属する4つの類型によって、入園できる対象年齢も変わってくるという事が分かります。

MEMO

対象年齢が0歳~5歳の認定こども園でも、保護者が仕事をしている家庭を優先する場合が多いです。

実際、仕事をしている家庭で募集枠が埋まってしまう事も少なくないです。

認定こども園は保護者が仕事をしていない家庭でも預けられるのが大きなメリットではありますが、実際はそこまで上手く回っていないのが現状でもあります;つД`)

 

我が子が通っている認定こども園では・・・

うちの認定こども園は、「保育園部」と「幼稚園部」に分かれています。

教室や教育内容はどちらも同じですが、保育料や保育時間に違いがあります。

保育料 保育時間
保育園部 収入によって市町村が決定 基本は7:30~19:00

18:00以降は月1,500円

幼稚園部 月額19,400円

維持費・教材費・給食費含む

基本は8:00~15:00

7:30~8:00は月500円

15:00~18:00は月2,000円

18:00~19:00は月1,500円

となっています。

幼稚園部は3歳~5歳が対象です。

私も色々とネットで認定こども園について調べましたが、園によって条件は本当に様々です。

一概に「認定こども園はこうだ!」ということは決まってはいないようですね。

 

【認定こども園と幼稚園の違い】まとめ

ひとくくりに『認定こども園』と言っても、属している類型によって条件は本当に様々だという事が分かりました。

我が子を幼稚園・認定こども園・保育園のどれに入園させるのか、家庭状況に合った選択をじっくり考えることが大切ですね。

認定こども園は、「幼稚園と保育園のイイトコ取り」だと言われていますが、認知度的にはまだまだ低いように感じました。

園によって違いがたくさんあるので、気になっている園にはとことん問い合わせをして理解していく事をおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください