欅坂46「ガラスを割れ!」MV評価感想。歌詞の意味が深すぎる。

乃木坂46・欅坂46




欅坂46の6枚目シングル「ガラスを割れ!」のMVが公開されました。

かっこいい。。。かっこよすぎる(´;ω;`)

今回は「ロックでかっこいい」欅坂46を見せてくれました。

歌詞をじっくり読むと、欅坂46の成長ぶりがうかがえるとても深い内容でした。

 

今作も高評価が多発していますが、欅坂ファンの私としては少し不満に感じた点もあります。。。

 

6thシングル「ガラスを割れ!」の正直な評価感想、歌詞からうかがえる「欅坂46の第二章の始まり?」についてたっぷり語っていきたいと思います。

あくまで1人のファンとしての正直な感想を書いていきます。「こんな考え方の人もいるんだな」ぐらいに思って読んで下さい。

 

スポンサーリンク

 

1990年代を蘇らせたようなロックがかっこいい!けど物足りない?

6thシングル「ガラスを割れ!」は、1990年代に流行したロックを蘇らせたような曲調です。

相川七瀬さんのようなどちらかというと軽めのロックで、聞いていて重くないけれど耳に残りやすい感じ。

 

5thシングル「風に吹かれても」の軽快なジャズからガラッと代わり、「強めの欅坂46が返ってきた!」と喜んだファンも多いと思います。

 

個人的には、体調不良で休養していた今泉佑唯さんがデビューシングル「サイレントマジョリティー」以来のフロントに返り咲いて大喜びしました!(*^^*)

今泉佑唯さんの復帰後のインタビュー記事はこちら▼

欅坂46今泉佑唯が雑誌で復帰!活動休止はメンバーとの確執が原因だった?

2017.08.23

 

 

「ガラスを割れ!」は攻めの曲調とはいえ、過去のヒット曲「サイレントマジョリティー」や「不協和音」ほどの威力は感じられないと、どこかしら物足りなさを感じているファンもいるようです。

 

私は「サイレントマジョリティー」や「不協和音」に魅せられたファンなので、「やっぱり攻めた欅坂46が好きだな」と思うのですが、今回の曲は歌詞をじっくり読んでみて今までの攻め方とは違うという事に気付きました!

 

 

攻めの対象が「世間」から「自分自身」に変わっている

今までの曲では、自分の意思を主張できない「世間の風潮」の対して声を上げているように思えました。

【サイレントマジョリティーの歌詞抜粋】

君は君らしく生きて行く自由があるんだ

大人たちに支配されるな

 

誰かの後ついて行けば傷つかないけど

その群れが総意だと

ひとまとめにされる

 

【不協和音の歌詞抜粋】

不協和音で既成概念を壊せ!

みんな揃って同じ意見だけではおかしいだろう

 

大きなその力でねじ伏せられた怒りよ

見て見ぬ振りしなきゃ仲間外れか

「声を上げることが出来ない世間の風潮に自分は従わない」という強い想いが感じ取れます。

 

一方、「ガラスを割れ!」でも攻めの姿勢は変わりありませんが、その対象が「世間」ではなく「自分自身」に変わっているんです!

【ガラスを割れ!の歌詞抜粋】

嚙みつきたい気持ちを殺して

聞き分けいいふりをするなよ

上目遣いで媚びるために

生まれてきたのか?

 

今の幸せにどうしてしがみつくんだ

閉じ込められた見えない檻から抜け出せよ

 

目の前のガラスを割れ

握りしめた拳で

やりたいことやってみせろよ

お前はもっと自由でいい 騒げ!

 

リードを外されても自分から走り出す事もなく飼い慣らされた吠えない犬=自分自身

に例えられた歌詞だと思うんです。

 

「抑圧されたガラスを割って飛び出し、自分達のやりたい事をもっと主張していこう」

というメンバー達の強い主張が込められていると感じました。

 

特に

嚙みつきたい気持ちを殺して

聞き分けいいふりをするなよ

上目遣いで媚びるために

生まれてきたのか?

の部分は、まさに今の平手友梨奈さんの気持ちじゃないでしょうか?

2017年のインタビューでは「今年はいい事が1つもなかった」「大人は信じられない」と話していたので、これからは大人の言いなりになる自分を捨てようという強い思いが表現されている気がします。(あくまで私の感想です)

 

 

世間の風潮へ反抗心を歌っていた今までの曲から、さらに「自分の殻を破る」意志が強く感じ取れます。

サラッと聞くと「サイレントマジョリティー」や「不協和音」とほぼ変わらない歌詞の内容だと思いがちですが、実はそこにはメンバーの成長が表現されていました。

 

なぜ「メンバーの成長」を感じたのかというと、

歌詞が「僕」から「俺」に変わっているんです!

 

不協和音は「僕はYesと言わない」と歌っていますが、ガラスを割れ!では「俺たちはもう犬じゃない」と歌っています。

「もう大人の言う事に従うだけの自分たちじゃなくなった」という成長の意味も込めて「僕」から「俺」に表現を変えたのではないでしょうか。

 

この曲の主人公である「飼い慣らされた犬」をメンバー達に例えながら聞くと、とても深いなぁと感じます。

 

スポンサーリンク

 

センター平手友梨奈の重圧がさらに増している!?

2017年は過密スケジュールやメンバーの体調不良などが大きな話題になり、

センターの平手友梨奈さん一人にかかる責任が重すぎる

という声が多く挙がりましたが、今回の曲でもそこの改善点は見られませんでした。

というか、逆に平手友梨奈さん推しがレベルアップしていませんか。。。?

1人だけ衣装が赤だし、アップシーンもさらに増えている気がするのですが;

 

確かに、MVは本当に最高でした。

平手友梨奈さんの表現力が素晴らしく、そこを期待している視聴者も多いと思います。

私も「攻めの欅坂46」に期待していた一人なので。

 

でも、これまでの経緯を考えるともうちょっと改善が見られても良かったんじゃないかなぁと感じます。

平手友梨奈さんのケガで東京ドーム公演がひらがなけやきの公演に振替になり、「平手友梨奈さんありきの欅坂」について色々と問題になったばかりですよね。

 

MVの構成を見ると、今回も平手友梨奈さんにかかる重圧は相当重いものだと思います。

昨年末に出演した歌番組ではほとんど笑顔が見られなかったので、また歌番組の出演が続けば体調を崩してしまう可能性があるかもしれません。

 

平手友梨奈さんのパフォーマンス力は欅坂46にとって大きな武器なのは間違いありませんが、他のメンバーがもっと輝けるチャンスを作っていく事を期待したいです。

欅坂ファンの私としては、「ガラスを割れ!」のMVは最高でしたが、ついつい平手友梨奈さんの体調を心配してしまいます(^-^;

よく読まれている記事

平手友梨奈さんにかかる大きな重圧、逸材と言われる秘密について書いています。

欅坂46センター平手友梨奈はなぜ人気?その理由に思わず納得!

2017.04.07

 

まとめ

6thシングル「ガラスを割れ!」は再び攻めの欅坂46を見ることが出来ましたが、今までとは違う成長したメンバーを感じ取ることが出来て、まさに「第二章」の始まりのような気がしています。

2018年はこのシングルを皮切りに、メンバー1人1人がもっと輝ける1年になってほしいと思います。

私個人としては、平手友梨奈さんの笑顔が再び見られることを期待しています!

 

よく読まれている記事

平手友梨奈さんがセンターに抜擢され続ける理由▼

欅坂46センター平手友梨奈はなぜ人気?その理由に思わず納得!

2017.04.07

 

今泉佑唯さんの復帰後初のロングインタビュー記事▼

欅坂46今泉佑唯が雑誌で復帰!活動休止はメンバーとの確執が原因だった?

2017.08.23

 

4thシングル「不協和音」の評価感想▼

欅坂46「不協和音」pv動画の評価感想。乃木坂とは反対に高評価多発!

2017.03.26

 

5thシングル「風に吹かれても」の評価感想▼

欅坂46「風に吹かれても」MV動画の評価感想。またもや高評価多発の理由とは。

2017.10.08

 

その他欅坂46・乃木坂46についての記事▼

坂道シリーズ特集ページ

 

 

スポンサーリンク