保育料無償化について知りたい方はこちら ≫

【産後・妊娠中】旦那と一緒にいたくない!イライラの原因はホルモンのせい?

妊娠中や産後に旦那と一緒にいたくない

結婚をしてから妊娠するまで、それなりにラブラブだった私たち。

外にお出かけをしたら手をつなぎ、毎日一緒にいたいな~と思っていました。

 

しかし!

妊娠してから私の気持ちに大きな変化が起きました。

「旦那のちょっとした行動がいちいちイライラする。一人の方が楽。」

と思う気持ちは芽生え始めたのです。

 

私は変わってしまった自分を責めました。

ですが、NHKで放送された「ママたちが非常事態!?~最新科学で迫るニッポンの子育て~」を見て、この現象はあるホルモンのせいで、妊娠・出産したママたち誰もが起こることなのだと分かったんです!

momoko

妊娠中や産後に「旦那と一緒にいたくない」という気持ちが芽生え、自分を責めてしまっている方はぜひ最後まで読んでみて下さい。

はじめに

NHKの番組では「産後のイライラ」について紹介されていました。

ですが根本的な原因は「ホルモンの分泌」なので、妊娠中の方にも参考になるかと思います。

出産後どのような変化が起きるのかをぜひ知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

「旦那と一緒にいたくない」と思わせるホルモンの正体とは?

単身赴任で子供が寂しい

「旦那にイライラする。愛情が冷めたような気がする。」という感情を引き起こしてしまうのは

オキシトシン

と呼ばれるホルモンが原因です。

 

実はこのホルモン、ママが出産で痛みに耐えている時から分泌が始まります。

そして、我が子へ授乳をしている時、我が子とふれ合っている時に、大量に分泌されます。

 

オキシトシンが及ぼす影響

オキシトシンが分泌されることによって起こる現象は2つ。

我が子や旦那に対する愛情が深まる

これはとても良いことですね。

問題はもう1つの現象です。

 

他人への攻撃性が強まる

我が子を守ろうとする気持ちが強く働き、他人へ攻撃的な行動をとってしまう傾向があります。

これが問題の、旦那に対するイライラの原因となってしまうのです。

 

番組ではこの攻撃性を立証するため、ある検証を行いました。

実験

  • STEP.1
    2人の母親に協力してもらう
  • STEP.2
    そのうち1人の母親に、検証前に授乳をしてもらっておく
  • STEP.3
    1人ずつ順番に、仕掛人の女性と二人きりになってもらう
  • STEP.4
    仕掛け人の女性はわざと母親に対して失礼な態度を取り、不快感を植え付けておく 
  • STEP.5
    その後、仕掛人の女性と一緒にパソコンで「相手に攻撃を与えて倒す」ゲームをしてもらう 

 

この検証を行った結果、

授乳をしていない母親よりも、授乳をしたばかりでオキシトシンが多く分泌された母親のほうが、仕掛人の女性に対して多く攻撃を与え

ということが分かりました。

このように、授乳をした後や子供と深くふれ合っている最中に旦那に不可解な行動をとられると、強く不快感を感じイライラにつながるんです。

 

それでは、この攻撃性を抑えるにはどのような対策を取ればいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

母親の攻撃性を抑える改善策は?

NHK

出典:NHK ONLINE

番組内では、「母親はいつどのようなシチュエーションの時にリラックスできているのか」を調べました。

その結果、以下の2つのシチュエーションの時にリラックスできていることが分かりました。

  • 子供へ授乳をしている最中
  • パパがママと子供のことについて真剣に話をしている時

 

子供とママが体を密着させ、深く心を通わせられている瞬間がママがリラックスできるポイントのようです。

また、パパがママの気持ちに寄り添い、真剣に育児に取り組む姿勢を見せている時も同様にリラックスできていました。

 

専門家いわく

大事なポイントは「育児で常にストレスを抱えがちな妻の状況に、“寄り添い”の気持ちを示すこと」

物理的に子育てを分担することももちろん大切ですが、一人で頑張る母親たちのつらさを理解し、共感し、「よくがんばってるね」と認めてあげることが、オキシトシンの作用でイライラを感じやすいママたちの心を安らがせ、円満な夫婦関係にもつながると考えられるのです。  

引用:NHK ONLINE

とのこと。

これを考えると、父親の育児の参加は必要不可欠だということが分かります。

 

【産後・妊娠中】旦那と一緒にいたくない!イライラの原因はホルモンのせい?|まとめ

私はこの番組を夫と一緒に見ましたが、イライラの原因を夫にも知ってもらえて良かったです。

イライラして冷たく接してしまうのはママ自身が悪いわけではなく、ホルモンの影響で誰もが起こりうることだということが分かりホッとしました。

 

子供は夫婦が協力し合い育てていくものです。

あなたもこの事実をご主人にぜひ教えてあげて下さい。

きっと理解してくれるはずですよ(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください