”砂の塔~知りすぎた隣人”7話ネタバレ/あらすじ/感想!真の狙いが明らかになる!

砂の塔7話

菅野美穂さん主演、松嶋菜々子さん出演の話題のサスペンスドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人~』

今までの出来事は全て弓子(松嶋菜々子)が仕組んだ罠だと知った亜紀(菅野美穂)でしたが、夫との衝突を乗り越えて家族の絆は修復されたかのように見えました。

でも、そこにはさらなる闇にまみれた弓子の真の狙いがあるようです。

第6話で完全衝突した亜紀と弓子が、第7話ではどんな展開を見せるのでしょう。

気になる第7話のあらすじ(ネタバレ)とこれまでの感想を書いていきたいと思います☆

 

スポンサーリンク

 

第7話あらすじ・ネタバレ

和樹の面談に1人で行った亜紀は、相変わらず授業をサボり続けている事実を聞かされる。

担任から「どうして旦那さんは来ないのか?」と聞かれるが、もう二度と会わないと約束した弓子と会っていた現場を目撃した亜紀は、健一に嫌気がさし、「息子は自分1人で守る」と虚勢を張ってしまう。

 

そんな中、亜紀は和樹の同級生・成美から「和樹くんの撮った写真が入選して、次の日曜日に表彰式がある」と聞き、息子の明るいニュースに喜ぶ。

亜紀は和樹の為に表彰式に来ていくスーツをプレゼントするが、相変わらず和樹は部屋に引きこもったままで家族とふれ合おうとしない。

「このままではいけない」と奮い立った亜紀は、和樹に「表彰式に出席してほしい!」と伝える。

母親の必死の説得にようやく笑顔で納得した和樹だったが、その先には思いもしない展開が待っていた!

 

一方、弓子から「あの夫婦の絆を揺るがす重大な秘密」として1通の封筒を渡された生方。

見てはいけないと思いながらも、葛藤に負け、思わず封筒を開けてしまう。

その中には、ある一枚の写真が入っていた。

その後その写真を見てしまった亜紀は、これまで積み上げてきた家族の絆が一瞬で崩壊してしまうような強い衝撃の事実を知る。

それは、「死んだはずの人間の記憶」だった_______

 

そんな中、ハーメルン事件では5人目の被害者が発見され、事件は大きく動く。

誘拐された子供達の妖しい共通点に気づいた荒又刑事は、意味深に「母親に見えているのが、本当の息子の姿とは限らない」とつぶやく。

 

第7話でとうとう明らかになる隣人・弓子の真の目的と闇にまみれた壮絶な過去_____

そして、ハーメルン事件と弓子との共通点があぶり出されていく!

 

スポンサーリンク

 

これまでの感想とこれからの考察

もう予想できない展開すぎて、ついて行くのが大変です(^-^;

もみじ狩りで夫婦の絆が復活したかに思えましたが、健一はさらに亜紀に言えない大きな嘘があるようですね。

というか、正直もみじ狩りのシーンを見ていて、

亜紀、また娘の事ちゃんと見てなかったの?

と思ってしまいました(;´∀`)

ちょっとそらちゃん行方不明になりすぎ!

このドラマを見ている母親は、きっと私と同じようにツッコんだのではないでしょうか(笑)

 

第6話の後半で弓子が健一に渡した靴下から考えると、弓子と健一は同級生の関係だけでも恋人関係でもなく、実は元夫婦だったと考えられますね。

そして、我が子を何か理由があって殺めてしまったという事でしょうか・・・

きっと弓子が生方に渡した写真も、弓子と健一と子供の3人が仲良く写っている写真なんじゃないかなー。

弓子と健一の関係、弓子の大きな闇の正体が、とうとう次回明らかになりますね!

一週間後が待ち遠しすぎるー(´;ω;`)

 

あとがき

第7話では、これまでの謎が全て明らかになります!

弓子の正体、家族の絆、生方の想いは今後どんな展開を見せていくのでしょうか。

第7話は11月25日(金)放送です☆

では、次回の記事もお楽しみにー!

 

スポンサーリンク

 

”砂の塔~知りすぎた隣人”6話ネタバレ/あらすじ/感想!真相が遂に暴かれる!?

2016.11.12

砂の塔の子役そらはカルピス稲垣来泉?人気の理由に大納得!

2016.11.09