大島美幸もした子宮筋腫治療の子宮動脈塞栓術(uae)とは。妊娠は可能?

子宮動脈塞栓術アイキャッチ画像

昨日、大島美幸さんの夫で放送作家の鈴木おさむさんが、こんな事をブログに書いて話題になっていました。

昨日。
午前中、妻と笑福と病院に行きました。

妻の子宮筋腫の手術と、そして人工受精をしてもらったところです。

妻は出産後、初の子宮筋腫の検査。

子宮動脈塞栓術、UAEという手術法で手術して、子宮筋腫がどのくらい小さくなっているかどうかのチェックなわけです。

UAEという手術法に対しては、色んな意見もあるわけですが・・・

検査の結果、なんと、手術前の11%のサイズになっていました。

10分の1です。

いや~~~良かった!!

また大きくなってたらどうしようと思い。

これで安心。

引用:鈴木おさむさんブログ

手術のおかげで、劇的な効果があったと喜びを綴っていますね。

大島美幸さんが妊活中に行った、世間ではいろんな意見のある子宮動脈塞栓術(uae)ってどんな手術なのかなと気になったので、調べて見ましたー!

 

スポンサーリンク

 

そもそも子宮筋腫って何?

疑問

子宮筋腫とは、子宮壁に平滑筋と呼ばれる筋肉が増殖して出来るこぶのような腫瘍のことです。

子宮筋腫は良性の腫瘍で、できる原因はまだはっきりわかっていません。

女性ホルモンの分泌が影響していて、月経がある女性の約4人に1人に出来るというとても多い病気です。

閉経後は腫瘍が小さくなる傾向があるので、特に症状がない場合は子宮筋腫に気付かずに一生を過ごす人もいます。

成人女性のうち、約2割~3割の人が何らかの小さな筋腫を持っているそうなので、もはや他人事ではありませんね。

 

子宮筋腫の症状は?

疲れ

人によって症状の重さや種類、進行具合は違います。

主な症状としては、

  • 貧血
  • 強い月経痛
  • 不正出血
  • 頻尿
  • 便秘

などです。

また、5cm以上の子宮筋腫が出来ると、不妊や流産を引き起こす恐れがあります。

子作りを開始して1年以上経っても妊娠しない場合は、子宮筋腫の検査を受けてみましょう。

 

大島美幸さんが受けた子宮動脈塞栓術(uae)とは

病院廊下

子宮動脈塞栓術(uae)とは、お腹を切開せずに太ももにカテーテルを通して、筋腫が成長する栄養源を与えている動脈に、血管を閉塞させる物質を注入して血液を遮断する治療法です。

この手術で子宮筋腫に栄養が行かなくなり、筋腫を小さくして症状を軽減させることが出来ます。

子宮を傷つけずに温存できるとして、20年以上前から多くの国で行われている手術です。

 

大島美幸さんは、子宮筋腫が当初6cmあったそうです。

流産を2回繰り返しているので、妊娠の為に手術に踏み切ったのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

妊娠を希望する場合は受けられない!?

子宮動脈塞栓術は、子宮筋腫の大きさや数に関係なく月経痛や貧血などの症状がある場合誰でも受けることは可能ですが、

1つ問題点があります。

それは

子宮動脈塞栓術を受けた後に、正常に妊娠・出産ができるという安全性は確立されていない

ということです。

その為、妊娠を希望する人や妊娠中の人は適用外とする病院が多いのが現状です。

とはいえ、治療後に妊娠・出産をした報告は数多くあり、術後は20%~80%の人が症状が改善するとされています。

なので、妊娠を希望する人でも

子宮動脈塞栓術を受けられる病院であれば、本人の希望次第で受けられる

ということになります。

 

大島美幸さんの判断

手術を受けた後に妊娠・出産をした報告は多くあるけれど、安全性は確立されていないとなると、手術に踏み切る決断をするのはそう簡単な事ではないと思います。

大島美幸さんは、病院の先生の人柄、言葉で手術を受けることを決断したようです。

UAEという手術法に対しては、色んな意見もあるわけですが・・・

妻はその方法ももちろんですが、先生の人柄がこの方法を選択した一番の理由だったと思います。

色んな情報が流れる中で、決めるのは自分。

人と人。信頼で成り立つわけですもんね。

僕も、今回先生にちゃんと挨拶したのは初めてで。

先生とちょっとだけ話して・・・

妻が決めた理由が分かった気がしました。

病院の先生の言葉って本当でかいですよね。

その一言で、どれだけ気持ちが動くかって!!

引用:鈴木おさむさんブログ

大島美幸さんも、手術を受ける前には、もしかして妊娠が出来ない体になってしまうかもしれないという不安はあったと思います。

でも、自分を理解してくれる先生に出会って、決断することが出来たんですね。

自分にはどんな治療法が合っているのか、親身になって一緒に考えてくれる先生を見つけるのはとても大切なことですね。

大島美幸さんの妊活から出産までの道のりは、鈴木おさむさんが出されている『妊活ダイアリー Fromブス恋 [ 鈴木おさむ ]』という本に詳しく書かれています。

妊活中の方やこれから妊娠を考えている女性にとってとてもためになる内容だと思います。

妊活ダイアリー Fromブス恋 [ 鈴木おさむ ]
価格:1296円(税込、送料無料)

 

大島美幸さんの努力の結晶ですね。

 

まとめ

大島美幸さんは、子宮動脈塞栓術を受けてから人工授精にチャレンジして、妊娠に至ったようです。

出産後も子宮筋腫は小さくなり、結果的に手術を受けて良かったと話されています。

子宮動脈塞栓術は、子宮筋腫の治療にはとても効果的ですが、妊娠を望む人にとってはリスクも伴うため、賛否両論があるようですね。

赤ちゃんを授かる為に、自分にはどのような治療法が合っているか、主治医と相談してじっくり考えていく必要がありますね。

スポンサーリンク

子育て中の大島美幸が初めて明かす真実。ヘルメット出産は実は嫌だった?

2016.02.29

 

 


にほんブログ村