紫外線が一番強いのは5月?8月?危険な時間帯と正しい対策とは

紫外線対策

いよいよ夏本番になってきて、紫外線対策も本格的に始めないとまずい季節がやってきましたねー!

紫外線はシミやシワの原因になるだけじゃなくて、白内障や皮膚がんなどの病気を引き起こす可能性もあるそうです。。。

「気をつけなきゃ!」と思いつつも、子育てに追われてつい日焼け止めを塗らずに外出してしまうことが多いので、このままでは本当にマズイ(汗)

これまで正しい『紫外線対策』についてきちんと調べたことがなかったので、今日は正しい紫外線対策から、紫外線対策の新常識まで!テレビで放送されていた紫外線対策特集の内容をもとにきっちり勉強していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

意外と知らない?『紫外線』とは

62a0069a0520907105829d2b8cf45e28_l

太陽光には

  • UV-A
  • UV-B
  • UV-C

の3つの紫外線があるんですが、私たちが気にしないといけない紫外線は、『UV-A』『UV-B』の2種類です。(UV-Cはオゾン層に吸収される)

そして、紫外線の強さは、『UV-A』よりも『UV-B』の方が強いんです。よく、『A波』『B波』なんて言われたりもしますよね。

B波』は、海水浴なんかで強く焼けると水膨れになってしまうような、人体に害を与えるほど強い紫外線です。

『A波』は、肌の色が浅黒くはなりますがシミにはならず、水膨れや火傷にはならない程度の強さの紫外線です。

特に注意が必要なのは、『B波』なんですね!

 

紫外線が一番強くて危険なのは5月と8月のどっち?

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_l

私は「紫外線が一番強いのは5月」という話をよく聞いたことがあったので、5月かと思ってました。

でも、紫外線が一番強くて危険なのは、実は8月なんです!

さっき、紫外線は『A波』よりも『B波』の方が強いと説明しましたが、5月はこの『B波』がほとんどブロックされた状態なんです。

それにたいして8月は、『B波』がちょうど真上から降り注ぐので、その分だけ大気が薄くなって危険が増してしまうんですー!

5月って昼間でも太陽の位置はまだ斜めにあるんですが、8月になると太陽の位置は真上になります。

真上になるとその分紫外線もダイレクトに当たってしまうんですね。

なので、5月に一生懸命日焼け止めを塗りまくって紫外線対策をする必要はないんです。

一番危険なのは8月!

特に8月の10時~14時頃が一番紫外線が強い時間帯なので、その時間に集中して対策していく事が大切です☆

 

日焼け止めの正しい選び方、知ってました?

アクアリッチ

この日焼け止め、私が今年の夏に使おうと思って4月頃に買ったやつです。

まだ開けてません。。。つまり、今年はまだ1回も日焼け止め塗ってません(;´・ω・)ヤバ

とりあえず

サラサラタイプでSPFが50あるものを買っとけばいっか!

てな感じで選びましたが、日焼け止めの選び方、何も分かっちゃいませんでした(汗)

でも、私と同じような人は絶対多いはず!ですよね!?へへ

この際、ここでしっかり覚えちゃいましょう!

「SPF」と「PA」ってなに?

まず、日焼け止めのパッケージに書いてある「SPF」と「PA」の意味って知ってましたか?

これです↓

☆IMG_3150

 

「SPF」とは、私たちの体に害を与える『B波』の指数を表しています。

「PA」とは、肌が浅黒くなるけど火傷にはならない『A波』の指数を表しています。

「SPF」は、紫外線を防御する力ではなくて、『20分間何もつけていない素肌と比べて何倍日焼けを遅らせることが出来るか』という目安だったんです!

例えば私が買った日焼け止めだとSPFが50なので、

20分×50倍=1,000分

つまり、「約16時間半まで日焼けを防御出来る」という目安になります。

16時間も外にいることって、ほぼないですよね!

なので、SPF50じゃなくて30でも充分すぎるぐらいなんですね(汗)

 

ちなみに肌が黒くなってしまうことを気にしている人は『A波』への対策が必要なので、「SPF」ではなくて「PA」の指数を気にしましょう。

「+」がたくさんあるやつを選ぶといいですよ☆

私は今まで「SPF」が高いものを基準に選んでたので、「無知って怖い!!」とつくづく思いました。。。

 

顔に塗る日焼け止めの量・正しい塗り方は?

0bcba2749e8fed8c4e301d39dc428e62_s

「顔に日焼け止めをたくさん塗りすぎるのは良くないので、量はパール粒状程度でいい」

と思ってる人、結構多いと思います。

でも、パール粒状程度では足りません!(笑)

顔に日焼け止めを塗る時の正しい量は、500円玉程度の量なんだそうです。

また、いっぺんに塗ってしまうのもよくありません。

  • クリーム状の日焼け止めであれば、パール粒状程度を2回に分けて塗る
  • 液状の日焼け止めであれば、1円玉硬貨大程度を2回に分けて塗る

のが目安です。

2回に分けて重ね塗りすることで、しっかり紫外線をカットしてくれるんですね☆

 

スポンサーリンク

 

日焼け止めの塗りすぎは逆に危険!?正しい紫外線対策とは

注意

ちょっとすぐそこのスーパーまで行く為だけに日焼け止めを塗るなど、紫外線対策に敏感になりすぎると、逆に体に危険が及ぶ可能性があります。

過度な紫外線対策は、私たちの体に必要なビタミンDというホルモンが手に入れられなくなる

と言われているんです。

最近では、授乳中のママが過度な紫外線対策で外にほとんど出ずビタミンDが不足している状態になっているケースが多く、母乳を通して赤ちゃんにビタミンDが与えられず、骨の形成が悪くなる「くる病」になる赤ちゃんが増えてきているようです。

他にも骨がスカスカになる「骨粗しょう症」になる女性も増加しています。

紫外線を避け続けていると、どんなにカルシウムを取ってもビタミンDの吸収が悪くなって骨がスカスカになっちゃうんです!

正しい紫外線対策は、

真夏の日中(10時~14時)はしっかりとした紫外線対策は必要だが、朝や夕方、春、秋、冬は紫外線に敏感になりすぎない

という事が大切です。

水膨れやシミになるなど、強い日焼けをもたらすのは『B波』です。

『B波』が一番危険なのは8月なので、それ以外の月は紫外線対策のやりすぎに注意しましょう。

『A波』は肌が多少黒くはなりますが、シミにはならないので安心してくださいね☆

外に出る時は「日焼け止め+日傘」のダブル対策が正解かと思ってましたが、それは時期、時間帯によるんですね!

ほんのちょっとの外出であれば、日焼け止めは塗らずに日傘だけでも充分だと分かって良かったです♪

 

まとめ

今まで

「紫外線は夏に強い。日焼け止めはSPF50を3時間おきに塗れば間違いない」

なんて思ってましたが、大間違いな解釈をしていたことが分かって良かったです(笑)

正しい紫外線対策の方法を知らないと、効果が得られないどころか逆に病気になる可能性があるなんて、無知って本当に怖いと思いました。。。

これからは「必要な時期にはしっかりと!だけど敏感になりすぎない紫外線対策」をやっていきたいと思います☆

 

スポンサーリンク

 

暑さ対策のウソホント!正しい方法で夏バテ予防・疲れ知らずになろう!

2016.05.13

赤ちゃんの日焼けは治る?やるべき対策と適切な処置を学ぼう!

2016.02.27

 

 

 

 


にほんブログ村