激痛を伴う子宮内膜症。妊娠を望む人に伝えたい不妊治療まとめ

女性であれば『子宮内膜症』という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

私の友人が数年前から重い生理痛で苦しんでいて、最近子宮内膜症であることが分かりました。

今や子宮内膜症は女性の10人に1人が発症すると言われていて、身近な病気になりつつあります。

芸能界でも、松浦亜弥さん、大黒摩季さん、石田ひかりさんなど、多くの芸能人が子宮内膜症を患っていることを告白しています。

 

「子宮内膜症=不妊」というイメージを持っている方は多いですが、子宮内膜症でも妊娠することは可能です。

今回は子宮内膜症という病気に注目して、妊娠を望む人へ正しい治療方法を詳しくご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

子宮内膜症とは

考える

子宮内膜症は、名前の通り本来子宮の内側に出来るはずの内膜が子宮の外側に出来てしまう病気です。

月経は子宮内膜が剥がれ落ちることによって起こりますが、子宮内膜症になると、子宮の内側の内膜と一緒に外側に出来たものも剥がれ落ちてしまうので、激痛を伴う出血があります。

病状の進行具合によっては

  • 月経痛
  • 腰痛
  • 性交痛
  • 排便痛

を伴う場合があります。

子宮内膜症は、20代~30代の出産を経験していない女性がなりやすい病気です。

子宮内膜症の発症時期と、妊娠したいタイミングが重なる場合が多く、その結果不妊に繋がってしまいます。

 

子宮内膜症でも妊娠できる?

親子

子宮内膜症でも、妊娠して出産することは可能です。

ですが、妊娠しずらいという事も事実で、半数は治療しなくても自然に妊娠出産をすることが出来ますが、残り半数は不妊症になると言われています。

不妊症になる原因は、着床しづらくなったり、精子の侵入を邪魔したり、排卵しづらくなるなど、人によって様々です。

 

スポンサーリンク

 

子宮内膜症の不妊治療法は?

薬

子宮内膜症を発症する根本的な原因は今のところ分かっていません。

ですので、子宮内膜症を完治させることは難しいとされています。

では、どのように不妊治療を行っていくのかを見て行きましょう。

症状が軽度の場合

強い痛みもなく症状が軽い場合は、自然妊娠を望むことも可能です。

その場合は子宮内膜症自体の治療はせず、薬物療法やタイミング療法を行って自然妊娠を待ちます。

薬物療法やタイミング療法では妊娠しない場合は、人工授精や体外受精へとステップアップしていきます。

 

症状が重度の場合

激痛を伴ったり症状が重い場合は、手術によって子宮内膜症の治療をしてから不妊治療へと進みます。

重症なチョコレート嚢胞ができてしまった場合、まずは手術で嚢胞を取り除きます。

手術は腹腔鏡手術で行います。回復が早いという利点があり最近良く行われている手術です。

手術を行ってお腹の中をきれいにした後、体外受精へと進んでいきます。

 

妊娠出産で改善する

生理

子宮内膜症は出産経験がない女性に多いので、妊娠が成功して出産を経験すれば、症状は改善していきます。

出来る限り早く妊娠することが改善への近道と言えます。

私の友人も激痛に苦しみ、あまりにひどい時は痛みのあまり嘔吐してしまい、救急車で病院に運ばれたこともあるようです。

生理の周期が不安定だったり強い痛みがある場合は、迷わず一度婦人科を受診してみましょう。

10人に1人の確率は、決して他人事ではありません。

 

まとめ

子宮内膜症を発症しても、妊娠をすることは可能です。

不妊の原因が人それぞれであるように、治療方法も様々ですので、病院の先生と相談して正しい治療法を行ってください。

そして、子宮内膜症は早期発見が大切だと言われています。

自分の月経サイクルをきちんと把握して、普段と違う症状が出ていないか良く注意してみて下さい。

早期発見で重症化を防ぎ、お医者さんと相談しながら妊娠出産への近道を見つけて行って下さい。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

応援よろしくお願いします↓


人気ブログランキングへ