パンツ型オムツ人気ランキング!メーカー別大きさや特性を詳しくご紹介★

オムツランキングアイキャッチ画像

オムツって、たくさんのメーカーがあってどれを選んだらいいのか分からないっていうママは結構多いんじゃないでしょうか。

私はいろいろ試したい派なので、今までいろんな種類のオムツを買って試してみました。

各メーカーのオムツを買ってみて分かったことは、メーカーによって大きさや利点が全然違うということ。

また、同じメーカーでもテープ型とパンツ型でも違いがあります。

「ここはうちの子に合ってるけど、ここは合わない」という点が必ずあります。

今回は、有名どころのメーカーを試してきた私が言える、パンツ型オムツのメーカー別大きさや特性、人気の理由をランキング形式でご紹介したいと思います♪

これからテープ型からパンツ型へ変えようと思っている人、今のオムツが合わないと感じている人にはきっと参考になると思います★

スポンサーリンク

 

私おススメのパンツ型オムツ人気ランキング

評価

オムツを選ぶ時に重要視するポイントとしては

  1. サイズ
  2. 素材(肌触りや伸縮性)
  3. 吸水性
  4. 価格(コストパフォーマンス)

といったところでしょうか。

ちなみに私は、コストパフォーマンスと吸水性を第一に考えます!(笑)

 

これらを考えて、私がおススメする&人気が高いものをランキング形式でまとめてみました!

各メーカーごとの大きさや特性、人気の理由など詳細にご紹介します♪

※サイズは、履く前の状態から広げた状態までを測っています。

第1位 メリーズ さらさらエアスルー

Mサイズ お腹周り 28~62cm

太もも 16~38cm

全長 45.9cm

Lサイズ お腹周り 29~71cm

太もも 23~42cm

全長 46.5cm

「さらさらエアスルー」という名前の通り、汗をたくさんかいてもさらさらな状態をキープできるという点が人気の理由です。

全面通気性シートになっていて、太ももとギャザーの間に作られた独自採用の”空気トンネル”から、蒸れをしっかり逃がしてくれます。

肌触りも良く、私の周りでもメリーズを使っている人が一番多いように思います。

水分を吸収するスピードも速く、下痢や緩めのウンチでも漏れる心配ナシです。

1つ気になった点は、ウエスト周りが少し小さめに作られているという点です。

息子のような大きめ赤ちゃんにも対応できる伸縮性がもう少し欲しいかなぁと感じました。

 

第2位 ムーニーマン

Mサイズ お腹周り 30~63cm

太もも 20~41cm

全長 42.6cm

Lサイズ お腹周り 34~67cm

太もも 23~45cm

全長 44cm

ムーニーマンは、CMでの良く言っている「ふんわりぴたりギャザー」が最大の特徴で、赤ちゃんの体にしっかりピッタリフィットして、立ったままや動き回っていても、さっとオムツ交換が出来る履かせやすさが人気の理由です。

ウエストと足回りにしっかりフィットすることで評価を得て、グッドデザイン賞も受賞しています。

ふんわり柔らか素材で、他のオムツだとかぶれてしまう肌の弱めな赤ちゃんでも、ムーニーマンなら大丈夫だという子も多いみたいです。

プーさんの柄がとってもかわいいですよね♪

 

第3位 グーン(GOO.N)

Mサイズ お腹周り 26~70cm

太もも 16~45cm

全長 42.6cm

Lサイズ お腹周り 32~71cm

太もも 22~49cm

全長 46cm

グーンは、通気性抜群で長時間でもさらさらな状態をキープできます。

肌触りも抜群で、他のオムツにも劣らない構造なのにもかかわらず、他のメーカーよりも値段が安いという点が一番の人気の理由ですね。

我が家は最初メリーズを愛用していてその機能に惚れ込んでいたんですが、コストパフォーマンスの良さでグーンに乗り換えました(笑)

消臭効果、おしっこお知らせマーク、安心の吸収力、そしてこの値段ですから、人気の理由も納得ですよね♪

他のオムツより少し大きめ設計なのも、おデブな息子には合っています。

 

スポンサーリンク

 

第4位 パンパース

Mサイズ お腹周り 27~62cm

太もも 22~38cm

全長 43cm

Lサイズ お腹周り 33~71cm

太もも 23~46cm

全長 45cm

パンパースは、オムツ業界の王道的存在のように感じますが、何にせよ値段が高いという点が順位を下げているようですね。

我が家も新生児の時はパンパースを使っていましたが、同様に一度は使ってみたけど他に乗り換えたという人が多いと思います。

生地がとってもしっかりしていて、他のオムツよりも素材は固いように感じました。

吸水力は抜群で、1度グーンで漏れてしまいパンパースに替えたことがありますが、漏れる事は1度もありませんでした。

もっと価格に乗じた他に秀でる特性があれば、上位にランクアップするような気がします。

 

第5位 マミーポコ

Mサイズ お腹周り 30~66cm

太もも 23~37cm

全長 44cm

Lサイズ お腹周り 35~70cm

太もも 25~48cm

全長 45cm

マミーポコは、何といってもコストパフォーマンスが最強ですね!(笑)

その点、品質は他のオムツには多少劣ります。

マミーポコはトイレトレーニングが完了した3歳の娘の寝る時用として使ってますが、やっぱり少しゴワゴワ感はありますね。

とはいえ家計にはとっても優しいので、オムツの使用頻度が少なくなった時期に乗り換えて使うのが良いかもしれません。

 

第6位 GENKI!

Mサイズ お腹周り 29~70cm

太もも 19~43cm

全長 44cm

Lサイズ お腹周り 35~86cm

太もも 24~50cm

全長 45cm

GENKI!はアンパンマンがイメージキャラクターなので、喜ぶ子供が多いですね。

吸水力にはなかなかの定評があり、おしっこやうんちの量が多い子供をもつママさんにとても人気のようです。

GENKI!のオムツが他メーカーのオムツとは大きく違う特性は、”尿便分離構造”になっていて、おしっことウンチをキャッチする部分が、それぞれ分かれているんです!

素材は厚めでゆったりめに作られているので、大きめ赤ちゃんを持つママにはとっても重宝します♪

 

まとめ

ふせん

メーカーによって秀でる特性が違って、なかなか面白いですよね。

オムツの大きさも大きく違いがあって、なんと3cmも差があるものもあります!

オムツは約3年間と長い期間使用するので、いろいろと試してみて、自分の子供に合ったサイズ、特性を楽しみながら探してみて下さいね♪

 

スポンサーリンク