お受験成功者のママ達には共通点があった!優秀な子供に育てる必須行動

子供を希望の学校へ入学させたくてお受験を考えられているママ達は多いと思います。

「子供の為に私が頑張ってサポートしていかなきゃ!」と気合を入れているママもいると思います。

 

でもちょっと待って!

その気合の入れ方、もしかして危険かもしれません・・・。

じつはお受験を成功させてきた先輩ママ達には、いくつかの共通点があったのです。

子供の為にやるべき行動、やってはいけない行動を調べましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

ぜひ真似て欲しいOK行動

OK

子供にたくさんの豊かな経験をさせてあげること

成功者のママ達は、子供に多くの経験をさせてあげています。

新しい場所にたくさん連れて行くことで、たくさんの知識をつけることができます。

 特に幼少期は、植物・動物・虫などに触れ合う事、たくさんの本に触れる事、新しい場所にたくさんお出かけする事など、多くの経験をさせてあげることが重要です。

図鑑や教科書で学ぶのではなく実際に見て体験することで、「これは何?」「どうしてこんな形をしているの?」という興味が湧いて知識を深く植え付けることが出来ます。

 

待つことが出来る

こどものやりたい!という欲求を尊重して、出来る限り挑戦させてあげることが大切です。

子供は日々たくさんの事を吸収して成長しています。

その『成長を待つ』という事を心がけてみて下さい。

 

子供の話をよく聞いてあげる

忙しいからと言って、家事など何かをしながら簡単に聞いて頷くだけという事はやめましょう。

子供の話をよく聞いてあげて、意見を尊重して同意してあげるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

やってはいけないNG行動

NG

ここからはやってはいけない行動を見ていきましょう。

他人と比べる

他の子はこんなに成績が伸びている、どこどこの有名塾に通っているなど他の子と比べてしまうと「自分はあの子と比べてなぜ出来ないの?」と自分を卑下して自信と意欲を無くしてしまいます。

『よそはよそ、うちはうち』という事を意識してください。

 

溢れている情報に振り回されない

ネットにはたくさんの良い情報と悪い情報が交錯しています。

本当か嘘か分からない情報もたくさんありますので、なんでも鵜呑みにせずあくまで参考程度にしてください。

 

ママが息抜きできていない

子供が頑張っているのだから、私も楽しみは封印して頑張ろう!と思っているママもいると思いますが、それは危険です。

ママがリフレッシュできていないと、気持ちが張り詰め子供にも伝わってしまいます。

子供はママが楽しそうに好きな事をしている姿を見て、自分も頑張ろうという前向きな気持ちになります。

息抜きのしすぎは良くありませんが、すべて封印するのはなく、多少の息抜きはするようにしましょう。

 

第一に子供の気持ちを大切に

ママが名門の学校に入れたいという気持ちが強すぎて、子供の実力以上の学校に無理に受験をするという家庭もあるようです。

その場合、たとえ入学できたとしても、周りの友達が優秀すぎて自分に自信を無くしてしまう事があります。

子供がどんな進路を希望しているか、どこまで頑張れるかをきちんと理解して、前からではなく後ろからサポートしてあげることが大切だと思います。

私の子どもは3歳と7ヶ月でまだまだこれからですが、豊かな好奇心溢れる子供に育ってほしいと思っています。

今回挙げた内容はお受験をしない場合でも子供の成長にすごく大切なことだと思うので、私も実践してみたいと思います!

 

まとめ

お受験に成功させる上で大切なことは

・自然に触れてたくさんの経験をさせてあげる

・子供の話をよく聞き、欲求を満たしてあげる

・他人や情報に振り回されない

・ママも適度に息抜きをする

・何よりも子供の意見を尊重する

・前に出過ぎず後ろからそっとサポートする

ということが分かりました。

子供の健やかな成長を願うママ達に、ぜひ実践してもらいたいです♪

 

スポンサーリンク