はぁ~乳腺炎で発熱。熱はいつまで?しこりを取る方法など徹底紹介!

母乳育児を頑張るママさんに襲いかかるトラブル『乳腺炎』

いくつかの原因によって母乳が詰まり、ひどい痛みを伴います。

乳腺炎の症状には3段階あり、白斑→しこり→発熱と進んでいくごとに重症度を増していきます。

今回は3段階目の『発熱』を伴う乳腺炎について詳しく調べてみましたよ。

3段階全てを経験した私だから言える対処法や完治までの行動を詳しく書いてみました。

早速見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

乳腺炎で熱が出る原因

考える

乳腺炎になる原因でいくつか考えられることは

  1. 授乳間隔が開いた
  2. 脂っこい物や甘い物を食べた
  3. 赤ちゃんに母乳の飲み残しがあった

が大体の原因ではないでしょうか。

ちなみに私は①と②が原因で発熱を伴う乳腺炎に3回なりました。

母乳が詰まることによって白斑ができ、その詰まった母乳がやがてしこりになっていきます。

※こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい

【白斑について】

乳腺炎の症状『白斑』とは?痛い・とれないを解決!正しい対処法

【しこりについて】

【実録】乳腺炎でしこりがとれない!できやすい場所や対処法を紹介

ここからさらに悪化すると発熱をしてしまいます。

私は毎回38.5度以上の熱が出ました。

なぜ発熱するのかというと『乳腺が炎症を起こしている』からです。

熱を発して危険な状態であることを知らせてくれているんですね。

 

こうなると、なかなか簡単には治りません。

発熱は、その炎症が治まるまで続きます。乳腺炎を治すまで熱が下がらないのです。

また熱だけならまだしも、ひどい倦怠感や頭痛にも襲われます。

私が思うに、身体の辛さはインフルエンザにかかった時に似ています。

身体の節々がすごく痛いですよね!

乳腺炎はインフルエンザの症状+おっぱいの痛みでさらに辛いですが。

しかも授乳は止められずゆっくり寝ることも出来ません。まさに地獄です。

 

スポンサーリンク

 

すぐに対処法を実践しよう!

方法

発熱は乳腺炎を治さない限りは続きますので、すぐに対処法を実践しましょう!

 赤ちゃんにたくさん飲んでもらう

これは『白斑』と『しこり』の段階でもとても大切な事ですね。

赤ちゃんにたくさん飲んでもらうことで、詰まって閉じていた乳腺が開きます。

できれば炎症を起こしているしこりを乳首側にギューッと押しながら授乳してみて下さい。

 

発熱+身体の痛み+胸の痛みで辛いです。本当に辛いです!

でも授乳を止めてしまうとさらに悪化してしまいますので、どうにか頑張って授乳してください。

私はどうしても辛い時はベッドに横になって添い乳であげていました。

 

必ず炎症をおこしているおっぱいの方を先にあげて下さいね。

後からだとどうしても赤ちゃんの飲みが悪くなります。

 

 しこりを冷やす

冷やすことによって痛みが和らぎます。

「キャベツ湿布」は有名ですよね。

他には保冷剤や冷却シートでも大丈夫です。

ただし冷やし過ぎは厳禁なので、私は保冷剤をタオルでくるんで、しこりに当たるようにして下着に挟んでいました。

 

発熱している時は温めることは絶対に止めましょう!

血行が良くなりさらに母乳の分泌が増えて悪化の原因になってしまいます。

温めるという行為はあくまで熱が出ていない場合の対処法です。

また、お風呂もお湯に浸からずシャワーで済ませましょう。

 

 病院でマッサージや薬を処方してもらう

炎症が起きている場合、あまりむやみやたらと自己流マッサージをすることは良くありません。

熱が出たらすぐに出産した産婦人科や乳腺外来を受診して、おっぱいマッサージや薬を処方してもらうことをおススメします。

きっと完治への最善の近道だと思います。

私が発熱をして病院に行った時は、30分程度のマッサージをしてもらい、薬は「葛根湯」と「ソランタール」、解熱剤に「ボルタレン」を処方してもらいましたよ。

全て授乳中でも大丈夫な薬です。

 

熱はいつまで続くの?

生理

熱がいつまで続くかは、炎症の度合いによって変わっていきます。

私が3回の乳腺炎で発熱をした時は、すぐに病院でおっぱいマッサージと薬を処方してもらいましたが、そのうち2回は翌日には熱が下がりました。

最後の1回はかなり重症で両方の胸にしこりが出来てしまったので、熱が下がるまでに5日間もかかりました。

「しこりをとって炎症を抑える」ことが熱を下げる一番の近道なので、すぐに対処法を実践することが大切です。

 

乳腺炎で41.5度の発熱!

私は乳腺炎で5日間熱が続いたのですが、最高で41.5度まで上がりました。

その時は私このまま死ぬの?と思いましたね。

両胸の外側にしこりが出来てしまい、それはもうひどく痛かったです!

熱が下がってからも、一気に体力が消耗されたせいで口にヘルペスが4つも出来てしまい唇お化けになるという珍事件もありました。

乳腺炎って本当に怖いです。気付かぬうちにおっぱいの中でしこりという恐ろしい物体が生成されていきます。

炎症を起こす前に、早い段階で詰まりに気付く事がすごく大切だと実感しました。

※私の壮絶な5日間を記事にしました。ぜひ読んでみて私はまだマシな方なんだと思って頂けたら幸いです。

実体験!熱を伴う乳腺炎をどれくらいで治る?対処法と病院へ行く症状

 

まとめ

乳腺炎の症状を悪化させず早く完治に導く方法は

  1. 赤ちゃんにたくさん飲んでもらう
  2. しこりを冷やす
  3. 病院でおっぱいマッサージと薬を処方してもらう

とこうことが大切だと分かりました。

自分の異変にいち早く気付いて対処する。これが重要です!

 

皆さんが乳腺炎と無縁な楽しい母乳育児ライフを送れることを祈っています。

私も頑張ろう!

 

スポンサーリンク

 

 

 

応援よろしくお願いします↓


人気ブログランキングへ