子供が夏バテで食べない。熱や下痢など、病院へ行くべき症状とは

帽子

冬も終わりに近づき、だいぶ春めいてきましたね♪

今年の夏は、例年通りか少し暑い予報となっています。

そんな中、これから心配になってくるのは『夏バテ』です。

子供も大人も注意したいところですが、子供特有の注意すべき点がたくさんあります。

我が子が夏バテで苦しまないでいいように、事前に情報を収集して予防していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

夏バテの症状

夏バテは、夏の真っ只中から終わりにかけてなるものだと思っている方は多いのではないでしょうか。

ですが、5月頃の暑くなり始めの時期から症状が出始める場合もあります。

主な症状としては

  • 元気がない
  • すぐに疲れてしまう
  • イライラする
  • 微熱
  • 嘔吐
  • 食欲がない
  • めまい
  • 下痢
  • 便秘
  • めまい
  • 立ちくらみ

が上げられます。

特にその中でも食欲がない・微熱・嘔吐が多い症状のようです。

当てはまる症状が多いほど、夏バテが進行している可能性があります。

 

夏バテと熱中症の違い

上記の症状を見ると、熱中症かも?と思われる方もいると思いますが、夏バテと熱中症には違があります。

夏バテは体のエネルギー不足や自律神経の乱れから起こるものです。

一方熱中症は、涼しいクーラーの効いた室内からいきなり炎天下に出た場合など、急な温度差によって体の水分や塩分が奪われ脱水状態となり、熱がこもりどんどん体温が上昇していってしまうことです

熱中症は死に至る危険なケースもあります。

夏バテと熱中症の症状として嘔吐や微熱は共通していますが、夏バテか熱中症か判断がつかない場合は迷わず病院を受診しましょう。

 

スポンサーリンク

 

夏バテの原因

子供は夢中になって遊ぶもの

大人が「暑いから外に出たくない」と思う炎天下でも、子供はがむしゃらに遊びます。

子供は自分の身体の変化に気付かないのです。

その結果水分補給などを忘れ脱水状態になり汗がかきにくくなってしまいます。

 

快適な環境により発汗しにくくなっている

現代では、室内ではほとんどの場所でクーラーが設置されています。

快適な環境に身を置きすぎて、発汗する機会が少なくなっていることも原因の一つです。

それにより体温調節がうまく出来ず、夏バテしやすい体質になっているのです。

 

栄養不足

お菓子やジュースの食べ過ぎにより、栄養が偏ってしまっています。

夏バテ予防に欠かせないビタミンB1が不足してしまい、食欲不振に繋がるのです。

 

今からでも出来る予防策

外で遊ばせる機会を作る

しっかりと水分補給をさせて外で遊ばせる機会を作りましょう。

快適な室内ばかりにいると、汗をかきにくい体質になってしまいます。

適度に運動をさせて、汗をかく習慣を身に付けましょう。

ですが気温の高すぎる日は注意が必要です。

 

普段の食事でしっかり栄養補給を

夏バテ予防に大切なビタミンB1を含む食材を積極的に摂取しましょう。

ビタミンB1は糖質をエネルギーを変える重要な栄養素です。

豚肉・にんにく・ごま・ハムなどがあります。

豚肉は普段の料理に取り入れやすいですよね。

ニンニクもスタミナアップに効果があるので、にんにく風味の豚肉炒めなどいかがでしょうか。

 

睡眠をしっかり取る

寝不足は体力の低下につながります。

夜は早く寝て質の良い睡眠をしっかり取り、朝から元気よく遊びましょう。

また寝る時に扇風機を使う家庭は、風が直接子供に当たらないよう工夫してください。

 

あとがき

子供は何かに夢中になるとそれにのみ集中してしまうので、親のしっかりとした注意が必要です。

夏バテで元気がなく無気力な子供を見るのは嫌ですよね。

子供は季節を問わずいつでも元気なもの♪その元気のおかげで親も頑張れるのです!

一歩先に出て、予防を心がけて行きましょう♪

 

スポンサーリンク