nanacoクレジットチャージはリクルートカードがお得!高還元率の魅力ポイント。

これまでこのブログでは、お得技として

「公共料金や税金類は楽天カードからクレジットチャージしてnanacoで支払うと楽天ポイントが貯まってお得ですよ」

とご紹介してきました。

▼楽天カードでのnanacoチャージ方法。税金公共料金支払いで大量ポイントGET

 

多くの読者さんに記事を読んで頂いていましたが、残念なことに2017年11月ご利用分から楽天カードからのnanacoチャージが出来なくなります!

平素は、楽天カードをご利用いただき、誠にありがとうございます。

「楽天カード利用獲得ポイント」に関する変更についてご案内をさせていただきます。

11月ご利用分(※1)の「楽天カード利用獲得ポイント」進呈より、
今後下記ご利用分がポイント進呈の対象外となります。

【対象外となるご利用】
nanacoクレジットチャージ
・モバイルSuica(※2)
・モバイルSuica年会費
・モバイルSuica(Apple)(※3)
・スマートICOCA(※4)

※1 2017年10月31日(火)以前のご利用分でも2017年11月5日(日)時点で楽天カードに売上情報が届いてないものはポイント進呈対象外になります
※2 モバイルSuicaご利用分には、電子マネーへのチャージのほか、モバイルSuicaで購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。
※3 モバイルSuica(Apple)ご利用分には、モバイルSuicaからApple Payでチャージする電子マネーのほか、モバイルSuica(Apple)で購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。
※4 電子マネーへのチャージのほかICOCA発行再発行等も含まれます。

今後とも変わらぬご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

引用:https://www.rakuten-card.co.jp/info/news/20170920/

 

これまでnanacoチャージで1万円近くの楽天ポイントを頂いていただけに残念すぎる(´;ω;`)のですが、nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードは楽天カードだけではありません!

 

次の策を練ったmomokoは、高還元率1.2%の「リクルートカード」を発行しました!

リクルートカードは、楽天カードと人気一二を争うほど「使い勝手が良い」と評判のクレジットカードです。

 

そこで今回は、通常還元率業界最高水準を誇るリクルートカードの魅力をたっぷりお伝えします☆

クレジットカードからのnanacoチャージ方法は、↓の記事でまとめています。楽天カードを例に取っていますが、やり方はどのクレジットカードでも同じですので参考にしてみて下さいね。

▼楽天カードでのnanacoチャージ方法。税金公共料金支払いで大量ポイントGET

 

 

スポンサーリンク

 

年会費永年無料で最高クラスの高還元率「リクルートカード」の魅力

リクルートカードは、転職情報などのサービスを提供している企業「リクルート」と「三菱UFJニコス/JCB」の提携で発行されているクレジットカードです。

momokoが考えるリクルートカードの大きな魅力を4つご紹介します。

①脅威の高還元率1.2%

還元率1.2%は、年会費無料のクレジットカードの中でも最高クラスです。

どこで使っても1.2%!

さらにリクルートグループのショップでなら還元率が倍増します。

など、還元率が倍増するショップは10以上あります。

 

高還元率の恩恵はこんなにたくさん!

引用:https://recruit-card.jp/point/

固定費をリクルートカード払いにすれば気付かないうちにザクザクポイントが貯まりますね(*^^*)

 

②電子マネーチャージでもらえるポイントもデカい!

リクルートカードは電子マネーへのチャージでもらえるポイントも1.2%と変わらずです。

ここで1つ注意点ですが、選ぶブランドによってチャージできる電子マネーの種類が違います!

引用:https://recruit-card.jp/basic-card/

nanacoチャージはどのブランドでも可能ですが、人気の楽天EdyはJCBではチャージ出来ません。

これから先いくつかの電子マネーを使う可能性がある場合は、VISAを選んでおきましょう。

 

ちなみにですが、楽天カードから楽天Edyにチャージすると還元率0.5%ですが、リクルートカードから楽天Edyにチャージすると、還元率1.2%です。

本家楽天よりも還元率が高い不思議。。。

関連記事楽天ポイントはedyへ交換がお得!その理由と効率的な貯め方☆

 

リクルートカードは、電子マネーチャージには最強のクレジットカードなのです。

 

③Pontaへ1:1で交換可能

リクルートカード利用で貯めたリクルートポイントは、ローソンやGEO等、全国14万店以上で使える「Pontaポイント」へ1:1の割合で交換出来ます。

引用:https://point.recruit.co.jp/point/

Pontaが使える有名店一覧

  • ローソン
  • 高島屋
  • Oisix
  • ライフ
  • じゃらん
  • SEGA
  • 日本航空
  • ルートインホテルズ
  • カラオケ本舗まねきねこ
  • ローソントラベル
  • ケンタッキーフライドチキン
  • ピザハット
  • 大戸屋
  • ホットペッパーグルメ
  • AOKI
  • 赤すぐ
  • ホットペッパービューティー
  • セカンドストリート
  • アクアクララ
  • GEO
  • HMV
  • 日本郵便
  • ポンパレモール
  • オリックスレンタカー
  • トラベルレンタカー
  • 日産レンタカー
  • コインパーク
  • 昭和シェル石油
  • ヒマラヤ
  • サカイ引越センター
  • 日本通運
  • アパマンショップ
  • コジマ
  • 関西電力
  • 東京ガス
  • 西部ガス

※その他ショップはこちら

楽天ポイントにはまだまだ及びませんが、これから更に拡大していくことは間違いないでしょう。

 

④年会費永年無料・審査が甘い

リクルートカードは、本会員と家族会員ともに年会費永年無料です。

家族カードと本カードのポイントを合算させることも出来ます。

個別の審査はないので、お子様でも持つことが可能です。

ETCカードはJCBが完全無料、VISAとMastercardは年会費無料ですが、発行手数料が1,000円(税別)がかかります。

 

また、リクルートカードは審査が甘いことでも有名です。

審査基準は「18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入がある方(学生OK、高校生は不可)」ですので夫に収入があれば専業主婦でも発行できます。

またリクルートカードは発行スピードも速く、申し込んだ当日に合否の連絡がある場合が多く、、1~2週間以内にはカードが自宅に届きます。

 

その他、リクルートカードの魅力的なサービスはこちら☆

入会特典:入会+利用で5,000~8,000ポイント(時期によって異なる)

海外旅行損害保険(利用付帯):2,000万円

国内旅行損害保険(利用付帯):1,000万円

ショッピング保険:年間200万円(購入日から90日間迄)

マイル還元率:0.6%(手数料無料)

 

まとめ

リクルートカードは、年会費永年無料なので作っておいて損はありません!

今なら入会+利用特典として6,000ポイントがもらえちゃいます☆

momokoは楽天市場でのお買い物が多いので普段使いは楽天カードですが、これからは税金や公共料金支払いはリクルートカードを使って、ポイントを効率よく貯めていきたいと思います。

楽天ポイントにあまり魅力を感じない方は、リクルートカードを普段使いにしてもとってもお得だと思いますー♡

 

スポンサーリンク

 

momoko愛用♡楽天カードのお得な使い技はこちらでまとめています。

▼カード会社に怒られるかも!?楽天カードを毎月家計からお得に使い倒す裏技まとめ

 

クレジットカードを毎月効率よく使ったら、年間1万円以上のポイントが貯まるステキなお話(*^^*)

▼クレジットカードのポイントを家計からお得に貯める方法。年間1万ポイント獲得!