1歳未満の息子が保育園へ。寂しい母親の気持ちを軽くするお話します!

親子②

8ヶ月の息子が、来週からとうとう保育園へ入園します。

理由は私の仕事復帰の為です。

本当は1歳になる7月からの希望だったけど、途中入園は出来ないとのことで4月からになりました。

待機児童の問題が深刻化している中で、保育園に入れるだけでもありがたいことだけど、まだハイハイも出来ない息子を預けることに罪悪感と寂しさを感じています。

息子の屈託のない天使のような笑顔を見ると、離れ離れになる寂しさが込み上げてきて、涙が出そうになります。

この4月から初めて保育園へ子供を預けるママは、きっと私と同じように罪悪感と寂しさを感じていませんか?

このモヤモヤとした自分の気持ちを払拭して、笑顔で息子を保育園へ送り出せるように、私が長女の時に学んだ保育園に預けるメリットをお話ししたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

3歳児神話はもう古い!惑わされないで!

NO

「3歳までは母親がみてないとダメ」「3歳未満で保育園に預けるのはかわいそう」という言葉は今まで耳にタコができるくらい聞いてきました。

誰が言っているかって?

それはまさしく、私たちの親世代ですよ。

私の3歳の娘は1歳5ヶ月から保育園に通っています。

その時も母親や父親に「もう働くの?こんな小さいのに保育園に預けてかわいそう」と言われました。

もちろん今回も同じことを言われています。

でもね!でもね!この3歳児神話、何の根拠もないということが厚生労働省の調査で分かっているんですよ。

昔は「3歳未満で保育園に預けて母親と接する時間が少ない子供は、心や脳の発達に影響が出る」と言われていたのですが、これは間違っていると断言されています。

3歳までの成長過程がとても重要だということは正しいのですが、その成長を見守っていくのが必ずしも母親が一番でなければいけないとは言えないそうなのです。

成長を見守るのが母親でも、父親でも、おじいちゃんでも、おばあちゃんでも、そこにがあれば子供はしっかりと成長していきます。

子供への愛情は接する時間の長さではなく、少ない時間でもどれだけ密な時間が過ごせたかが大切なのです。

なので、3歳未満で子供を預けることに対して、罪悪感を感じる必要は全くないんです!

どのような環境でどんな人と過ごしても、そこにしっかりと愛情があれば、私の子供もあなたの子供もきっと素直にスクスクと成長してくれますよ。

 

スポンサーリンク

 

保育園へ通うメリット

黒板友達

私が長女を早くから保育園へ通わせてよかったと思うメリットをご紹介しますね。

家では出来ない遊びが出来る!

家では出来ないような遊びや経験をさせてあげることが出来ます。

砂場で泥んこになりながら遊んだり、お友達と楽しく工作をしたり、夏は毎日プールに入ったり、保育園でなければ出来ない遊びはたくさんあります。

家にいると、毎日同じおもちゃで遊んだり絵本を読んだりと、だんだんマンネリ化してきます。

きっと子供も、刺激のある楽しい毎日を送ることが出来ると思います!

 

バランスの取れた食事がとれる!

保育園の給食って、とても栄養バランスが考えられていて、尚且つとってもおいしそうなんです!

さすがプロの栄養士さんが作っているだけあります。

しかも午前と午後の2回おやつタイムがあって、私が通いたいくらいです(笑)

0歳未満の子には離乳食も用意してくれるので、成長の進みも早いと思います。

 

プロの育児が受けられる!

保育士さんという育児のプロが毎日子供と遊んでくれるんですよ!

保育士さんって、本当にすごいと思います。

子供を見守りながら自主性を育てつつ、1人1人の個性や魅力を引き出してくれます。

そんなプロ集団に子供を預けるのだから、安心してお仕事頑張りましょう!

 

母親の気分転換にもなる!

子供とずっと一緒にいたら、思い通りにいかないことがたくさんでイライラしてきます。

そのイライラを子供にぶつけてピリピリとした空気の中で育児をするよりも、子供と離れる時間を作ることで、仕事から帰ってからは優しい気持ちで子供に接することが出来ます。

実際に私は1人目を保育園へ預けだして、離れていた時間がある分、子供を愛しいと思う気持ちが倍増しました。

 

寂しいけど、きっとその先に喜びがあります!

喜び

今私は息子の顔を見ながら、「あと5日後には離れ離れになっちゃう。離れたくないよ。」という気持ちでいっぱいの毎日を過ごしています。

でもきっと、いざ預けだしたら「預けて本当に良かった。息子の楽しそうな顔も見れてるし、お友達もたくさんできて、元気に成長してくれている。不安に思う必要はないんだ!」と思う日がきっとやって来ます。

これは長女を保育園に預けだして実際に私が思ったことなので、断言できます!

信じてくださいね。

 

まとめ

さくら

保育園の良い所が見れて、少しは気持ちが軽くなりましたか?

寂しいけれど、ステキな環境がそこにはあります。

これからきっと良い事がたくさん待っているんだ!という気持ちで笑顔で送り出してあげましょう。

そしてお家に帰ってからは、離れていた分いっぱい愛情を注いであげて下さいね。

 

スポンサーリンク

1歳未満の息子の保育園入園式へ。服装や時間など一日レポート!

2016.04.03

8か月で保育園入園。服・母乳・ミルクなど必要な物は?必見準備リスト!

2016.03.06

 

 

応援よろしくお願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキングへ