映画「クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱」評価・感想。期待を裏切らない面白さでした!

クレヨンしんちゃん映画「爆盛!カンフーボーイズ拉麺大乱」評価感想 子育て




クレヨンしんちゃんの映画26作目となる「爆盛! カンフーボーイズ~拉麺大乱」を5歳娘と観に行きました!

ユメミーワールド宇宙人シリリに続き、親子でクレヨンしんちゃんの映画を観に行くのはこれで3回目です。

正直、予告を見た段階では「カンフーは興味ないなぁ。残念」なんて期待していなかったのですが、これがもう予想をピョンッと軽く超えてしまうほど面白かったです!

ぜひ親子で見てほしいので、詳しくレビュー・感想を書いていきたいと思います。

ネタバレは含みませんので、これから観る予定の方も安心して読んで下さいね(*^^*)

 

スポンサーリンク

「映画クレヨンしんちゃん 爆盛! カンフーボーイズ~拉麺大乱~」 簡単なあらすじ

春日部にある中華街「アイヤータウン」で、伝説のカンフー『ぷにぷに拳』を習うことになったしんのすけ達5人。

師匠とカンフー娘・ランと共に修行に励んでいた。

そんなとき、アイヤータウンでは謎の拉麺「ブラックパンダラーメン」が大流行していた。

それは、一度食べたらヤミツキになり、性格が凶暴化してしまうという恐ろしいラーメンだった…!

ラーメンパニックが起こったアイヤータウンを救うため、カンフー娘・ランと共に春日部防衛隊が立ち上がる!!

はたして彼らは、アイヤータウンの平和を取り戻すことができるのか!?

 

「映画クレヨンしんちゃん 爆盛! カンフーボーイズ~拉麺大乱~」評価・感想

クレヨンしんちゃんの映画を親子で観に行くのはこれで3回目。

今年も前売り券を購入して、ぷにぷにしんちゃんマスコットをGETしました♡

クレヨンしんちゃん映画「爆盛!カンフーボーイズ拉麺大乱」マスコット

3歳で初めて映画を観た長女も5歳になり、娘の成長はクレヨンしんちゃんの映画と共にあると思っています。

クレヨンしんちゃん映画「爆盛!カンフーボーイズ拉麺大乱」

約1時間45分の映画を観て、「ここはすごく良かった!」「ここは残念…」だと感じるポイントを正直に書いていきたいと思います(*^^*)

今回活躍するのは、しんちゃん、マサオくん、そして・・・!?

今回の映画では、春日部防衛隊の5人が活躍します。

クレヨンしんちゃんの映画はここ数年、野原一家と春日部防衛隊を交互に活躍させています。

公開年 タイトル 主要キャラクター
2015年 映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語~サボテン大襲撃~ 野原一家
2016年 映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃 春日部防衛隊
2017年 映画クレヨンしんちゃん 襲来!宇宙人シリリ 野原一家
2018年 映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~ 春日部防衛隊

 

今回は春日部防衛隊が中心となりますが、その中でもマサオくんを大きく推しています。

予告編を見るとマサオくんが大きく活躍するのかなと思っていたのですが、実際は違いました!(春日部防衛隊の中では一番活躍していましたが)

一番大きく出ていたのは、カンフー娘・ランです。

予告編ではチラッとして出ていなかったので驚きました!

しんのすけとランのやり取りに感動や考えさせられる部分がとても多かったです。

 

正義が全てではない!?

「正義が全て、悪のない世の中を作る」ために「ぷにぷに拳」を学ぶしんのすけたちですが、物語が進んでいく中で「正義が全てではない」ということを学び始めます。

世の中には、正しいことが正義だとは限らないこともたくさんあります。

「正義は使い方を間違えれば、悪に変わる」

ということを、映画を通して学べました。

クレヨンしんちゃんはただのギャグ漫画ではなく、大人も考えさせれる深いテーマが隠されています。

映画を観終わるころには、大人も必ず得るものがあるはずです。

 

スポンサーリンク

 

なぜその結末!?確かにめちゃくちゃ面白いけど…

街の平和を取り戻すためにカンフーの修業に励む5人ですが、最後の戦いの場面では
「え!?そんな方法で戦うの!?」
と拍子抜けしました(;゚Д゚)

でも、面白いんです。めちゃくちゃ面白いんです!!

爆笑するほど面白いけど、「ここまでの修業は一体なんだったの?」と思ってしまうような戦い方です(笑)

 

子どもはこの結末に大満足だと思いますが、「結末が弱すぎる」と感じる大人は多そうです。

ちなみに私はめちゃくちゃ面白かったから全然アリです!(*´▽`*)

 

やっぱり高橋渉監督はすごくいい!!

ここ数年、クレヨンしんちゃんの映画は高橋渉さんと橋本昌和さんが交互に監督を務めています。

どちらも長年クレヨンしんちゃんの制作に関わってきた方なんですが、高橋渉監督の映画は「大傑作」だと言われる作品が多いんです!

涙なしでは見られない「逆襲のロボとーちゃん」と「ユメミーワールド」を手掛けたのも高橋監督です。

 

そして今回の「爆盛! カンフーボーイズ~拉麺大乱~」も高橋監督でしたが、やっぱり期待を裏切らない面白さでしたね!

ロボとーちゃんとユメミーワールドとは違い、涙よりも笑いが多かったですが、予想できない話の展開が素晴らしかったです。

高橋監督の作品はハズレがないと思います!

個人的には来年も高橋監督がいいな~(*´▽`*)

 

5歳娘の反応は?

3歳・4歳・5歳と見てきて、今までは1時間くらい経つと「あとどれくらい?」「まだ終わらない?」と少し飽きていましたが、今回はその逆でした!

初めは少しソワソワして落ち着かなかったのですが、終盤に近付いていくにつれて釘付け!

「ここで終わりかな?」と思ったら、「ここからさらにこう来るの!?」という展開につながるので、子どものワクワク心を最後まで掻き立てる内容でした。

子供向けアニメって大体最後の結末は予想できるけど、今回は予想を上回る展開でした。

また1つ、レベルアップしたクレヨンしんちゃん映画を見ることが出来ました(*^^*)

 

まとめ

「クレヨンしんちゃんの映画観に行こうかな?」と考えている方は、ぜひ親子で観に行って下さい♪

予告編では分からない話の内容なので、期待しなくて行っても絶対満足できるはずです!

子どもが「すごく面白かった!」と笑顔で言うステキな作品ですよ(*^^*)

 

スポンサーリンク