産後クライシスで離婚したいママへ伝えたい原因と対策とは

夫婦

みなさん「産後クライシス」という言葉を聞いたことはありますか?

この言葉はNHKのテレビ番組「あさイチ」で生まれた言葉なのですが、出産後に夫婦の仲が急に冷え込んでしまう現象の事を言うそうです。

実は私も一人目を出産した後に産後クライシスになってしまいました。

ですがある対策をして乗り越え、今回2人目を出産した後は産後クライシスに悩まされることなく過ごせています。

この産後クライシスは出産を経験したママならだれもがなる危険のある重大な問題です。

夫婦関係が破綻してしまう前に、今回ご紹介したいやるべき改善策をぜひ行ってほしいと思います。

 

スポンサーリンク

 

産後クライシスってなに?

産後クライシスとは出産後2年以内に夫婦の関係が悪くなり、愛情が冷めてしまうことをいいます。

厚生労働省が行った調査では、子供のいる家庭の離婚率は2年以内が最も多いということが分かっています。

産後クライシスが原因で離婚した夫婦が多いということが分かりますね。

産後で身体と心が変化しめまぐるしく過ぎていく毎日の中で、夫は出産前と何も変わらない様子で気楽に過ごしている。。。

そんな状況を見て、夫への愛情がどんどんと冷え切ってしまうのです。

 

どうして産後クライシスになってしまうの?

①ホルモンバランスの変化

女性は出産するとホルモンバランスに大きな変化が起きます。

普段は何も思わない小さなことでも異様に不安になったり、涙もろくなったり、些細なことでイライラしてしますようになります。

また、母性本能が強くなり赤ちゃんを守ろうとする気持ちが生まれる為、出産前には許せていた夫の行動が許せなくなってしまうのです。

 

②父親の育児の不参加

母親と違い自らの体で子供を育てていない父親は、自分が親になったのだという自覚がない場合があります。

「俺は仕事を頑張っているんだから、休みの日ぐらいゆっくりさせて」と子どもの事よりも自分の遊びを優先してしまい、母親の不満を募らせてしまいます。

 

③夫婦の間のコミュニケーション不足

母親は24時間営業の育児に追われ、父親は仕事や趣味に忙しくお互いがコミュニケーションを取ろうとする機会が減ってしまいます。

母親は家の事をして当然なのだからといって妻を気遣いねぎらう気持ちがなくなってしまいます。

 

④生活環境の急激な変化

出産後ゆっくりと寝る暇もなく赤ちゃんのお世話をしなければいけないママの生活は出産前とは激変します。

そんな状況で話をする気力も起きず、夫婦の溝が深まってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

夫婦で行うべき対策とは

夫に産後クライシスを理解してもらう

私が今陥っている産後クライシスとはどのようなものかを夫にきちんと説明をし、自分の苦しい胸の内を明かしましょう。

この時初めて妻の辛い思いに気付く事もあります。

 

お互いに感謝・愛情を表現し合う

出産後は育児が最優先となり、夫婦間の愛情を確かめ合う機会が減少する家庭は多いようです。

身体の触れ合いがどうしても難しいのであれば言葉で愛情や感謝を伝えあうことで、お互いの気持ちの再確認を行うことが出来ます。

 

夫を否定するのではなく、褒めて伸ばす

家事や育児の出来が妻の満足のいく状態ではなくても、まずは褒めてやる気を起こさせましょう。

優しく教えてあげることで、だんだんと父親の自覚も出てきます。

男の人は単純だとよく言いますよね(笑)

夫がイクメンになるかは妻の腕にかかっています!

 

妻の一人だけの時間を作る

大丈夫だと思っていても、母親の体はすごく疲れているのです。

自分は頑張っているんだということを自覚して、自分をねぎらう日を作ってあげましょう。

2時間や3時間だけでも十分なストレス発散になります。

 

まだまだ修復は可能です

私も一人目を出産後、夫への愛情が一気に冷めてしまいました。

子供が産まれても何も変わっていない夫の姿にどんどん不満が溜まっていきました。

でも、私は妻で母親なのだから自分が家事や育児を頑張らないといけないと思い、夫には何も言いませんでした。

ですがある日限界が来て不満が爆発して、夫へ大泣きして今までの気持ちを伝えました。

今まで楽しく育児をしていると思っていた夫は、私の本当の姿にすごく驚いていました。

それからはお互い気持ちをぶつけあうようになり、「仕事を頑張ってくれてありがとう」「育児を頑張ってくれてありがとう」と感謝の気持ちを毎日伝え合うようになりました。

愛し合って結婚した相手です。

家族で幸せになりたいという気持ちがあれば、まだまだ修復は可能です!

産後クライシスを夫婦で理解し協力し合って、この危機を乗り越えていきましょう。

 

スポンサーリンク

夫との産後せックスが嫌・・・果たして我が家は再開できるのか!?

2016.04.14

旦那と一緒にいたくない。そんなイライラの原因はあるホルモンのせい!

2016.03.09