年金の支給額が不安な主婦には『個人型確定拠出年金』が絶対おすすめ!

個人型確定拠出年金
私って、老後の年金は一体いくらもらえるんだろう?
私が60歳になる頃には、年金なんかほとんどもらえないんじゃないの?

と、私と同じのように老後に不安を抱えている主婦は多いんじゃないでしょうか。

そこで、2017年1月から専業主婦でも加入できるようになる『個人型確定拠出年金』が今話題になっています!

『個人型確定拠出年金』が話題になっている理由、それは

節税をしながら老後に備えて年金を自分で増やすことが出来る

という点です。

主婦の間で注目が集まっている『個人型確定拠出年金』は一体どういったものなのか、分かりやすくまとめてみました☆

 

スポンサーリンク

 

『個人型確定拠出年金』っていったいどんなものなの?

老夫婦

『個人型確定拠出年金』は、国民年金や厚生年金とは違う個人年金の1つで、節税のメリットがとっても大きい商品なんです。

実は10年以上前からある商品なんですが、今までは加入できるのは自営業者や年金制度のない会社に勤める会社員のみに限定されていたんです。

それが、2017年1月からは専業主婦や公務員など、国民年金に加入している人であれば誰でも加入できるようになります!

夫の扶養に入っていて国民年金のみしか加入できなかった主婦にとっては、将来もらえる年金額が増える!とメリットが大きく注目されています。

 

『個人型確定拠出年金』の仕組み

ブタさん貯金箱

『個人型確定拠出年金』は、

  1. 毎月決めた額を積み立てる
  2. 自分で選んだ商品を運用する
  3. 老後(60歳以上)に自分で運用したお金を受け取る

という仕組みになっていて、大きな特徴は

自分が選んだ運用の仕方によって、最終的な受給額が増減する

という点です。

 

大きなメリットは節税!お得になるポイントは?

タイプ

『個人型確定拠出年金』は、”節税になる年金”として大きな話題になっています。

1.掛け金が全て所得控除の対象になる

毎月積み立てたお金が全て所得控除の対象になり、所得税や住民税が節税になるんです!

例えば、課税所得が500万円の人が、毎月の掛け金を2万円に設定した場合、

毎月2万円×12ヶ月=年間24万円

年間24万円の掛け金のうち、所得税や住民税が7万2千円節税になります。

これを10年で考えると72万円20年だと144万円も節税になるんです!

掛け金を丸々納めずに済むという、大きなメリットがあるんです☆

 

2.運用時に発生した利益は、非課税

運用をしていく段階で発生した利益は非課税なのも安心ポイントです。

従来は20%が課税対象なので、非課税なのはかなりお得です。

 

3.将来受け取る時も、控除対象になる

受け取る時は

  • 年金形式で一定額ずつ受け取る
  • 一時金として一括で受け取る

の2パターンから選べて、どちらのパターンでも控除の対象になります。

 

老後ためにタンス貯金をしていても、貯金した額以上に増えることはありませんが、『個人型確定拠出年金』なら運用で資金が増えてさらに節税にもなるという大きなメリットがあるんですね☆

 

スポンサーリンク

 

自分が選んだ運用の仕方で、資金の増減が決まる

書類

『運用』と聞くと、私みたいなドケチ主婦にはハードルが高いように思いがちです。

お金を増やす事ばかり考えすぎて、逆にマイナスになってしまうかも

なんて不安もあったりします。

『個人型確定拠出年金』は自分で運用する商品を選ぶんですが、運用できる商品を大きく分けると、

  1. 預金
  2. 債券
  3. その他(不動産投信など)
  4. 株式

などがあります。

①の預金だと、元金よりも増える利益は少ないですが、リスクはないので安心はありますよね。

逆に④の株式なんかは、”ハイリスクハイリターン”なので、チマチマした節約で一喜一憂している私なんかは結構勇気が必要です(笑)

 

リスクが怖いから、手堅く運用したいわ!

という人は、『預金』のみを運用

全く利益が出ないのも寂しいから、少しだけチャレンジしてみたいわ!

という人は、『預金』+『債券』を組み合わせて運用

いやいやいや、利益がどれだけ出ても税金は取られないんだから、ここは大きく勝負して利益をガンガン出しちゃうわよ!

という人は、『その他(不動産投信など)』+『株式』を組み合わせて運用

 

など、自分の目的に合った商品を考えて選ぶのも、なかなか楽しそうですね!

1つの商品だけじゃなくて、いくつかの商品を組み合わせて上手くリスクを分散させて運用していくことが利益を出すポイントのようです☆

ちなみに、上手に運用した場合どれくらいの利益が出るのかを計算してみると・・・

【年齢30歳、課税所得が500万円の人の場合】

毎月の掛け金2万円×360ヶ月(30年)=元金720万円

60歳までの運用で出た利益=約448万円

60歳までの所得控除による節税額=約216万円

720万円+448万円+216万円=1,384万円

元金が720万円なので、最終的に受け取れる金額は1,384万円約2倍になるんです!

これを考えると、ほとんど運用益が発生しない『預金』だけで運用していくのはもったいない気がしますよね~。

 

『個人型確定拠出年金』のデメリット

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_m

ここまでメリットばかりを紹介してきましたが、『個人型確定拠出年金』にはデメリットもあるんです。

1.60歳まで解約はできない

一度加入したら60歳になるまで解約は出来ず、積み立てたお金を引き出せるのは60歳以降からになります。

なので、開けられない貯金箱に貯金しているような気持ちで、家計に余裕のあるお金で運用していく必要があります。

最初に決めた月々の掛け金を変更したい場合は、年に1回であれば見直しは出来るようです。

※2016年6月現在の状況です。これは今後変更になる可能性もあります。

 

2.手数料がかかる

『個人型確定拠出年金』は、

  • 加入する時の手数料
  • 毎月口座を維持していく為の手数料

がかかります。

この手数料は、選ぶ金融機関によって金額は違います。

『個人型確定拠出年金』は

  • 銀行
  • 証券会社
  • 保険会社

で加入することが出来ますが、加入する前に必ず手数料がいくらなのかを確認しておく事が大切です。

各金融機関の手数料は、「特定非営利活動法人 確定拠出年金教育協会」が運営している『個人型確定拠出年金ナビ』というサイトで調べる事ができます。

毎月の口座維持の手数料は月数百円程度ですが、これが何十年も続くわけですから、せっかく節税出来たお金が手数料で消えちゃったなんてことにならないように、しっかり見比べて決めることが大切です。

 

まとめ

豆知識

節税しながら掛け金よりも多い資金を積み立てていくことが出来るんですから、タンス貯金よりも遥かにメリットは多い事が分かりました。

2017年1月から公務員や主婦も加入出来るようになる『個人型確定拠出年金』。

ちらほらテレビで特集されたりしてだんだん話題になってきているのは間違いないようです!

自分に合った商品を楽しく運用して、老後に備えて資金を上手に積み立てていけるように、まずは気になる金融機関の資料を取り寄せてじっくり考えてみたいと思います☆

 

スポンサーリンク

主婦大損!?配偶者扶養控除がなくなるとどうなる?最大20万4千円の負担増。

2016.10.06

必見!夫婦でゆとりある老後を過ごすのに必要な貯金額の目安はいくら?

2016.04.12

 

 

 


にほんブログ村