子供の寝汗がひどい原因!着替え、布団等、寝冷え対策をしよう。

寝汗対策アイキャッチ画像

「子供って、なんでこんなに大量に汗をかくの?」

と思ったことありませんか?

最近暑さが増し、ふと気づくと、「お風呂上りなの?」とビックリするぐらい汗をかいている我が子。

特にスゴイのが 寝汗 です。

6月に入ったとはいえ夜はまだ肌寒いんですが、子供達は寝汗をいっぱいかきながらスヤスヤ寝ています。

今回は、私が疑問に思った

  • 子供が寝汗をかく原因
  • 寝汗をかいた後、寝冷えをしない為の対策

について調べてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

子供が汗をたくさんかく理由は?

ビーチ

子供は大人よりも体温が高いのは有名ですよね。

それ以外にも、

  • 代謝が活発
  • 体内の水分量が多い
  • 体温を調節する機能が完全に出来上がっていない
  • 体表面積が、体の大きさに比べて大きい

などの理由から、子供は体の中に熱がこもりやすく、汗をたくさんかくんです。

 

では、寝汗をかくのにも理由があるの?

睡眠

寝ている時って、起きている時に比べて体を動かす事はほとんどないですよね。

その為寝始めると、起きている時よりも体温を低く保つために自然と調節を始めます。

その体温を低く下げる調節をしている時に、汗をかいているんです。

汗は眠り始めた直後が一番多くかくんですが、大人の場合、一晩でコップ1杯分の汗をかいていると言われています。

大人でもこれだけの量の汗をかくんですから、大人よりも体温が高い子供の場合寝汗をたくさんかくのにも納得出来ますよね。

なので、子供が寝汗をたくさんかくのは自然な事であり、心配する必要はありません。

実は寝汗をかくことよりも、かいた後の対策のほうが大切なんです!

以前よりも急に寝汗の量が増えたり、べたつくような寝汗、熱が出て呼吸が荒くなったりなど、今までとは違う変化があった場合は、様子を見て病院を受診するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

大量の寝汗。実は暑いのかも!

赤ちゃん悲しい

大切な我が子、風邪を引かないように心配する気持ちは分かりますが、実は暑すぎて寝汗をたくさんかいているのかも。

以下に心当たりがあれば、気を付けた方がいいかもしれません。

①パジャマが暑い

  • 大人と同じように、長袖長ズボンを履かせて寝せている
  • 布団を蹴ったら寒いので、モコモコのスリーパーを着せて寝かせている

これはよくやりがち(まさに私)ですが、子供は大人よりも体温が高いという事を忘れずに!

子供の服は大人よりも1枚少なくても大丈夫です。

ついつい心配になり厚着をさせてしまいそうになりますが、逆に寝汗をたくさんかいて寝冷えの原因になることも。

『大人よりも1枚少なめ』を常に意識するように心がけましょう。

確かに、保育園でも”子供の薄着は体を強くする”と教わりました。

 

②布団、かけ過ぎ!

これもまさに私ですが、やっぱり母親たるもの、子供が心配で夜中にちょくちょく目を覚ましますよね。

その時に子供が布団をはいでいたら、また布団をかけ直します。

でも、よく考えてみて下さい。

子供が布団を蹴る・はぐ=暑いから布団はいらない

という事ですよね。

確かに、本当に寒い時は自分から私の布団に潜り込んできたりします。

冬は布団は必要ですが、夏の暑い時期は「寒くないかな?」と心配し過ぎずる必要はないようです。

 

③エアコンは、子供優先の温度で!

我が家も夏場はエアコンをつけっ放しで寝ますが、自分の感覚で温度設定をしています。

 

私は寒がりなのでエアコンの温度は高めにするんですが、よく旦那に

旦那
これじゃ暑すぎるよ!無理無理!寝苦しくて寝られない!
 

と言われます。

旦那は筋トレオタクなので、めちゃくちゃ汗っかきです。

 

旦那には

それは自分が筋肉つけすぎなだけでしょ~。こっちは寒いんだから、扇風機使ってよね!

と言いますが、よくよく考えると、

代謝の悪い私よりも、汗っかきな旦那の方が代謝のいい子供の感覚に近い

ですよね。。。

エアコン調節の決定権を握っているのは私ですが、子供の為にもう少し旦那の意見も尊重しようと思います(笑)

 

寝冷えをしないように、寝汗対策を考えておこう!

寝汗をかいた後朝までそのままにしておくと、寝冷えで風邪を引いたり、肌荒れの原因になってしまいます。

  • 濡れたパジャマは着替えさせる
  • 頭にたくさん汗をかいていたら、濡らして人肌に温めたガーゼやタオルで軽く拭いてあげる

などの対策を取って、子供が体調を崩さないように気を付けましょう。

寝ている子供を起こさないように着替えさせるのは至難の業ですが、ササッと素早く着替えさせるように工夫しましょう。

また、子供がたくさん寝汗をかくことを見越して、布団の上に汗取りパッドを敷いておいたり、枕にタオルを巻いておくなどの事前対策をとっておくとバッチリです!

 

スポンサーリンク

 

あなたのお子様の布団、ダニだらけじゃないですか?

通常布団には、ダニが1㎡あたり10万匹いると言われています。

引用:https://iemo.jp/

布団は温度や湿度などがダニにとって最高の環境、つまり、寝汗をたくさんかく子供の布団がダニの大好物だと言っても過言ではありません。

ダニが増えると、アトピーなどの皮膚炎を引き起こすだけではなく、咳や鼻水など風邪のような症状まで出る事があります。

厄介な事に、布団を外干しや掃除機掛け・洗濯機で丸洗いをしただけでは、ダニを完全に死滅する事は出来ません。

 

「布団丸洗いサービス」で有名なダスキンによると

40℃以上のお湯で洗浄した後、高温熱風で乾燥すればダニを完全に死滅することができます。

との事。

自宅でこれを再現するのは厳しいですし、自分でクリーニング店へ持って行くのも時間と手間がかかりますよね。

 

我が家の子供達も布団のダニで皮膚炎を起こし、なかなか治らず悩んでいました。

 

そんな時、ダニやカビを99%死滅させる方法を見つけたのです!(`・ω・´)

それは、口コミで話題になっていた布団クリーニング「ふとんリネット」です。

引用:全国どこでも家まで【無料】で届けてくれる!布団クリーニング

ふとんリネットは

  • 中綿まで侵入したダニ・カビを丸洗いで死滅
  • 2倍の抗菌・消臭

でお布団をふわっふわキレイに蘇らせてくれます。

 

そもそも子育て中に布団をクリーニング店に持って行ったり、コインランドリーに洗いに行くのって忙しすぎて無理ですよね?

我が家が定期的に利用している「ふとんリネット」は送料が往復無料なのです~。

ただ送って洗ってもらうだけって、子育て中のママには本当に助かります!(´;ω;`)

 

大人でも寝ている間に、年間でペットボトル144本分の汗をかくと言われています。

 引用:全国どこでも家まで【無料】で届けてくれる!布団クリーニング

布団を水や洗剤の中につけても、ダニは1週間以上余裕で生き抜くそうです。

 

あなたは我が子を害から守りたくありませんか?

momokoはもう「ダニが原因で子供を不調にさせたくない!」という思いが強かったので、定期的な利用で安心を得ていますよ(*^^*)

 

子供をダニから守り、ふわふわ布団へと蘇えらせるヒミツはこちら

送料無料は公式サイト限定です】

↓ ↓ ↓

全国どこでも家まで【無料】で届けてくれる!布団クリーニング

 

子育てママさんにぜひ知ってほしい、お金の豆知識や家計管理術を公開しています☆