子供2人の教育費用の平均は?理想の貯め方はこの2つ!

あなたは、子供の教育費用を順調に貯められていますか?

「子供の教育費用は1人1,000万円は準備しておきましょう」という話を聞いた事があります。

はい、我が家では無理です(´;ω;`)

でも本当に、1,000万円も貯める必要があるのでしょうか?

今日は、本当に必要な子供の教育費用の全貌と、私がストレスなく実践している教育費用の貯め方をご紹介していきますー☆

 

スポンサーリンク

 

本当に必要な教育費用っていくら?

子供の教育費は、進む進路によって大きな差があります。

まずは、幼稚園~高校卒業までの公立・私立に通った場合の教育費を見てみましょう。

※学校内費用(授業料や給食費等)の他に、学校外費用(塾代等)も含みます。

 

公立 私立
幼稚園 約23万 約49万
小学校 約31万 約142万
中学校 約45万 約130万
高校 約39万 約100万
合計 約138万 約421万

※文部科学省「平成24年度「子供の学習費調査」の結果について 」より抜粋

 

大体予想通りの金額ですね。

でも幼稚園から高校までのお金は、その時の家計から補う予定にして、「大学費用」として18歳までに教育費を貯めていくライフプランを考えている家庭が多いと思います。

一番心配なのは高校卒業後からの教育費ですよね!

 

 

気になる大学に進学した場合にかかる教育費はこちらです。

国公立 私立文系 私立理系
入学費用 約83万 約104万 約110万
在学費用 約428万 約588万 約678万
合計 約511万 約692万 約788万

※参考:ベネッセ 教育情報サイト

 

在学費用には、学校教育費の他に習い事などの家庭教育費も含まれているので、ここから少し下がる可能性がありますね。

我が家は、子供が「大学に行きたい」という意思があればもちろん行かせてあげたいですが、私立は厳しい状況です。

ですので、公立に進んだとして、18歳までに子供1人500万円を貯める計画を立てました!

私立に進学した場合、足りない費用は家計が苦しければ奨学金を利用してもらう予定です。

 

我が家は1人500万円であれば、無理せずスムーズに貯めていけます。

大切なのは、それぞれの家庭でどれだけ用意できるのかを見極める事です。

今は奨学金や教育ローンなどの安心できる支えがある時代です。

他の家庭と比べてもしょうがない。自分達が親として出来る精一杯を考えて頑張って行けばいいと思うんです(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

おすすめの教育費の貯め方はこの2つ!

やっぱり一番スムーズに貯められる理想的な方法は

  1. 児童手当を全て貯金
  2. 18歳満期までの保険で貯金

でしょう!

児童手当は、支給開始から全く手を付けずに貯金すると、全部で約200万円貯まります。

それに合わせて、我が家では今話題の、学資保険代わり『低解約返戻金型終身保険』に加入して18歳までに200万円貯まる計画を立てています。

『低解約返戻金型終身保険(以下、終身保険に省略)』は、「学資保険よりもメリットが大きい」と裏ワザ的に学資保険代わりに加入している家庭も多いんです。

そのメリットは

①保険料の受け取り時期を自由に決められる(我が家では払込期間を15歳で設定して、その後いつ受け取ってもOK)

②払込期間を過ぎて解約しなければ、払戻金はどんどん増えていき、保障も続く

③契約者に万が一の事があった時の保障額が大きい(我が家は400万積立で、契約者死亡時は600万受け取れます)

④子供が産まれる前から加入できる(我が家は妊娠6ヶ月の時に加入)

 

契約者に万が一の事があった場合、学資保険だと契約している金額以上の保障がありません。

ですがこの終身保険であれば、400万積立にプラス200万の600万を受け取る事が出来ます。

子供が進学せずに就職したりなど、教育費をすぐに使う予定がなくなった時も、終身保険であれば使う時が来るまで据え置く事が出来て、さらに保険料もどんどん増えていくんです。

 

ただしデメリットが1つあるとしたら、

払込期間中に解約すると、支払った保険料よりも払戻金が少なくなる

という点です。

その点学資保険であれば、途中解約しても金額が減る事はないので、払込期間中は絶対に解約しないという確信や強い意志がない場合は、学資保険をおすすめします。

『低解約返戻金型終身保険』はコチラで詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね↓

今では常識?終身保険を学資用にする大きな4つのメリット!

2016.03.30

 

まとめ

高校卒業後の教育費は、公立500万円~私立理系780万円を目途に貯金していけば、焦ることなくある程度はカバーできる事が分かりました。

我が家は公立大学に進学する(してほしい)と見越して、18歳までに500万円貯める計画です!

児童手当全額貯金で200万、低解約返戻金型終身保険で200万の予定なので、残りの100万円を10年~15年でゆっくり貯金していこうと思います(*^^*)

きっと18歳なんてあっという間ですよね。

子供が希望する進路に行かせてあげられるように、今のうちからしっかり計画していきましょう☆

 

スポンサーリンク

 

オススメ無料家計簿アプリでシンプル簡単家計管理!ズボラでもお金は貯まる!

2016.11.26

年金の支給額が不安な主婦には『個人型確定拠出年金』が絶対おすすめ!

2016.06.24