父母の子供への遺伝は顔・目・性格だけじゃない!驚きの新事実発覚★

子供遺伝アイキャッチ画像

我が家の長女は、びっくりするぐらい旦那にそっくりです。

これまでの3年間、私に似てるという言葉は誰からも一度も聞いたことがありません。。。

そして去年産まれた長男も、旦那にそっくりだと思っていましたが、最近少し顔が変わってきて、私に似てると言われるようになってきました。

私もたいがい似て欲しいと思うようなレベルの顔ではありませんが、少しでも自分の遺伝子が受け継がれているのを目で確認できて、なかなか嬉しいです(笑)

 

そこで、親から子へはどんなものが遺伝するのか気になったので調べたところ、「そんなことも遺伝するの!?」という新事実がたくさんありましたので、ご紹介したいと思います★

「ここは私、ここは旦那似ね~」とか考えながら見てみて下さい♪

 

スポンサーリンク

 

遺伝の仕組み

りんご

遺伝は、母親と父親の遺伝子が組み合わされて生み出されます。

赤ちゃんは、母親と父親の遺伝子をそれぞれ半分ずつもらって産まれてきますが、それがそっくりそのまま遺伝として表れるわけではありません。

赤ちゃんは1人1人、両親の持つ『2つが1組になった対立遺伝子』のうちどちらか1つを選んで受け継ぎます。

これによって両親のいろんな部分が遺伝されるわけです。

 

遺伝の影響はこんなにあります!

DNA

遺伝するものはたくさんありますが、遺伝の度合いはそれぞれ違います。

遺伝する部分ごとに分けて、度合いが高い順にご紹介していきますね★

身体の特徴

  • 身長、体重、骨格

身長や体重、骨格は、約80%の高確率で遺伝します。

ですが、これは成長過程だと目まぐるしい変化があるので、大人になるまではどちらに似たのか分かりませんね。

 

  • 髪質

柔らかい髪や硬い髪なども、遺伝で決まります。

ちなみに父親が薄毛だったら息子も将来薄毛になる可能性もありますが、必ずしもそうなるわけではないようです。

 

  • 目や肌の色

これは人種によって肌の色が違うので分かりやすいですよね。

ですが、1つの遺伝子で決まる訳ではないようで、一卵性の双子でも肌の色が違う場合もあるようです!

ちなみに肌の色は遺伝だけではなく環境も影響してくるので、紫外線対策はバッチリしておきましょう。

 

  • 二重まぶた

これも遺伝の影響が大きいですね。

ちなみに私と旦那はどちらも一重なので、子供達も一重です。

ほんのちょっと二重だったらいいな~と期待してましたが、まぁもちろんダメでしたね(笑)

両親のどちらかが二重で赤ちゃんが一重だった場合は、成長するにあたって二重になっていく場合もあるようです。

私の友達でも、小学校5年生の時に急に二重になった友達がいました。

 

頭脳

  • 記憶力

50%ほどの確率で遺伝の影響があるようです。

テストの前だけ暗記するというような短期記憶は鍛えることができますが、成長していく段階で蓄えられる知識のような長期記憶は、遺伝の影響が大きいようです。

 

  • 知能(IQ)

知能も50%ほどの影響力があります。

数字が苦手だったりするのは、実は遺伝の影響があるかも!?

 

  • 理系力、文系力

記憶力や知能よりは遺伝の影響は薄いですが、まあまああるようです。

こちらは環境も大きく影響しているので、たとえ遺伝の影響が強いと思っても、しっかり勉強することは必要です。

 

スポンサーリンク

 

素質・センス

  • 運動神経

運動神経も、遺伝が大きく影響しています。

どちらかというと、持久力よりも瞬発力のほうが遺伝の影響は強いようです。

これは骨格や筋肉のつき方も関係があるようです。

 

  • 音感

声質や絶対音感なども遺伝の影響が50%ほどあります。

ですがこの部分は、家庭環境や練習でも力をつけていく事は可能です。

うちの義母は音痴みたいですが、旦那も危ういです・・・(笑)

よく鼻歌歌ってますが、ほぼいつも音程おかしいです(笑)

 

性格・気質

性格・気質は、いろんな部分に遺伝の影響があるようです。

だいたい全て50%ほどの確率のようですが、ズラッと並べて見ますね。

  • コミュニケーション力
  • 優しさ・思いやり
  • 神経質
  • 集中力
  • 頑固
  • あがり症
  • KY(空気読めない)
  • 浮気性

こんなに!?という感じですね。

私としては、浮気性が気になる所です。

義父が浮気したことあるか聞いてみたいです・・・(笑)

浮気性と言っても、恋愛系もありますが、新しい物好きや冒険心旺盛という部分もあるようです。

 

病気・体質

  • 病気

これは病気の種類によります。

筋肉の病気や血友病などは遺伝の影響が大きいとされてますが、がんなどは環境の影響が大きいようです。

やっぱり日々の健康管理がとっても大切と言えますね。

 

  • お酒が飲める・飲めない

これは、100%遺伝が関係してるようです!

アルコールを分解する酵素には3つの遺伝子タイプがあります。

お酒が飲めるかどうかは、この遺伝子タイプで決まります。

 

  • アレルギー体質

アレルギー体質は遺伝の影響は強いですが、アレルギーが発症するかは別問題なようです。

環境も強く関係しているので、アレルギーになりにくい人でも発症する可能性はありますし、なりやすい人でも、発症を抑えることが出来ます。

 

  • うつ

必ずうつになるというわけではないですが、精神疾患を発症するかどうかは、遺伝が強く関係しています。

ストレスが溜まる環境にいると、遺伝の影響を強く受け、発症のリスクが高まります。

 

  • 肥満体質

太りやすさも、遺伝の影響がかなりあるようです。

ですが、太りにくい健康的な生活を送るように心がければ、スリムな体型も維持できます。

 

  • 寿命

寿命も約50%ほど遺伝が関係していますが、生きている時代によっても大きく変わるので、親と比べるのは難しいですね。

研究で、二卵性の双子よりも一卵性の双子の方が、死亡した年齢が近いという事が分かっているようです。

 

収入も子供に遺伝する!?

収入

アメリカの研究で、収入の遺伝の影響は約40%、スウェーデンの研究では約30%という結果が出ているようです!

そんなことまで・・・という感じですね~。

まぁでも、親が社長だったら息子も次期社長になるわけですしね。

収入だけではなくて、浪費癖や貯金体質かどうかも遺伝の影響はあるようなので、自分や旦那は大丈夫か要チェックですね。

 

まとめ

草原

遺伝の力って、本当に大きい事が分かりましたね。

遺伝は、年齢を重ねるごとに影響はどんどん強くなっていくみたいなので、これからの子供達がどのように成長していくのか気になるところです。

どうか親の良い部分だけ遺伝してくれてたらいいですけどね(汗)

自分も、これから年を取るごとにもっと親に似てくるんでしょうか・・・

あんまり親の事をじーっと観察したことがありませんが、この機会に自分と似ている部分をよく観察してみたいと思います(笑)

遺伝の影響はなかなか大きいですが、育つ環境も大きく関係しているので、子供達にはのびのび成長できる環境を作ってあげていきたいと思います★

 

スポンサーリンク

 

子供の性格は親のせい?親が無意識に与える子供への影響は

2016.03.18

 

3 件のコメント

  • a より:

    お酒の遺伝子は後天的に変わりますよ
    両親が下戸であった場合生まれてくる子供は下戸ですが、その後子供がお酒を飲み続けると下戸ではなくなっていき、遺伝子情報も書き換えられます
    そして、その子供は下戸ではなくなりますが、お酒を飲まなければ遺伝子が書き換えられて下戸になることもあります

    • momoko より:

      a 様

      コメント頂きありがとうございます。
      そうなのですね!
      初めは遺伝でも、その後変わる可能性があるのですね。
      変わるものと変わらないものがある…遺伝って本当に不思議です。
      有益な情報、ありがとうございました☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です