1歳や3歳の乳幼児も要注意!子供の5月病の症状と改善策を知ろう

4月も終盤にさしかかり、新生活をスタートした我が家も、少しずつ環境に慣れてきました。

娘は年少さんになり、新しい制服に新しい友達と、楽しい保育園生活を送っている様子。

息子も4月から保育園デビューをして、途中風邪を引いてお休みしたものの、少しずつ保育園に慣れてきてくれています。

 

『もうこれで安心だ~』と思ってたんですが、もうすぐ大型のアイツがやってくるんでした!

 

そう!大人が大好きGW!ゴールデン・ウィーク

ですよ!

このGWが終わった直後に心配な病気、それは『5月病』です。

5月病って、大人がなるイメージだけど、実は年齢は関係なく誰にでもなる可能性があるみたいなんです!

今年ガラリと生活環境が変わった我が家は特に注意したいところなので、子供の5月病の症状や改善策を事前に勉強しておこうと思いますー!

 

スポンサーリンク

 

5月病ってなに?

疑問

5月病は、精神的ストレスからくる病気です。

4月からの新生活で、子供は子供なりに環境に頑張って慣れようと、無意識に心が緊張している状態を作ってしまいます。

それにより、ストレスが徐々に溜まっていき、ゴールデンウィークという長い休暇が引き金で気が緩み、コップからお水が溢れ出るみたいに心がストレスに耐えられなくなってしまいます。

5月病は、実は正式な医療用語ではないので、病院で先生から5月病と診断されることはありません。

あくまで5月に起こる心や身体の不調を総称して、『5月病』と呼んでいます。

 

5月病の症状。子供の変化を見逃さないで!

病気

5月病は、大人も子供も関係なくなる可能性があります。

GW明けに、子供にこれから紹介する症状が少しでもあったら、要注意です!

5月病を疑ってみて下さいね。

  1. 元気がない。
  2. いつもより笑わない
  3. 夜なかなか眠れない
  4. 食事の量がいつもより少ない
  5. ひとりになりたがる
  6. 不機嫌で、グズグズが多い
  7. 自分から行動する気力がない
  8. 口数が少ない
  9. 保育園や幼稚園、学校に行きたがらない

 

わーこんなにあるんですね。

これは、しっかり子供の様子を観察しておく必要がありそうですね。

子供自身は、きっといつもとは違う変化に気付くことは出来ないはずです。

GW明けは、ママやパパがちょっとした変化でも敏感に感じ取るように意識することが必要ですね。

 

スポンサーリンク

 

5月病を早く治してあげよう!

子供頭痛

「うちの子、5月病かも?」と思ったら、症状が深刻化する前にすぐに改善策を取りましょう!

スキンシップをたくさんとる

最近、ママ自身も環境の変化でバタバタと忙しくて、子供とのスキンシップが減ったりしていませんか?

ママと触れ合う事が一番、子供にとって心の安定剤になります。

小学生以上の子供だとなかなか難しいかもしれませんが、ギュッと抱きしめてあげたり、お風呂に一緒に入ったり、料理や工作を一緒にしてみたりして、子供との触れ合いの時間をもっと増やしていきましょう。

 

出来ない事を怒ったり、無理にさせようとしない

いつも出来ることを投げやりになってしなかったり、話しかけても「ほっといて」と言われても、怒らずに問い詰めたりしないようにしましょう。

今まで頑張りすぎるぐらい頑張ってきた結果がこの状態を招いているので、子供が自分からやる気を取り戻すまで待ってあげて下さい。

「大丈夫だよ。」「無理しないでね。」と声掛けをしてあげると、子供の気持ちもラクになっていきます。

 

話をたくさん聞いてあげる

新生活での楽しい事、不安な事など、たくさん話をさせてあげる機会を作ってください。

家事をしながら適当に相槌を打って聞くのはダメですよ。

しっかり向き合って最後まで話を聞いてあげると、子供も安心しますし、もっと話したい!という気持ちが出てきます。

 

身体をいっぱい動かす

身体をいっぱい動かすと、汗をかいて気持ちもリフレッシュ出来ます。

お休みの日は、お弁当を作って公園に行ったり、一緒にボール遊びをしたりして、子供と触れ合いながらたくさん身体を動かしてみて下さい。

 

生活習慣を整える

GW中は、寝る時間が遅くなったり朝起きられなかったりと、生活習慣が乱れがちです。

1日3食しっかり食べて、毎日決まった時間に寝起きする事を心がけましょう。

大人が遅くまで起きていると子供もなかなか寝ないので、子供が規則正しい生活に慣れるまで、一緒に付き合ってあげて下さい。

 

この改善策を取っていくと、だいたい1~2週間程度で症状は治まってくると思います。

元気を取り戻してからは、だんだん上手に環境に慣れる方法を、子供自身が自分の力で身に付けていけるようになっていきます。

 

真面目な子供ほど危険!?

子供読書

「頑張らなきゃ」「しっかりしなきゃ」と、頑張りすぎてしまう子供ほど、5月病になりやすいそうです!

自分の子供の性格が重要なポイントになっているということですね。

うちの長女は、保育園の先生によると

先生
○○ちゃんは、お友達がケンカをしていたら、「ダメでしょ!」って言って間に入って逆に泣かされることが多いですね。みんなが喋ってたら、「ちゃんと先生のお話聞いて!」と言ってくれたり、とってもしっかり者ですよ。

と、この前の面談の時に言ってました・・・

しっかり者=真面目な性格ってことですよね、きっと。

嬉しい半面、気持ちが張り詰めすぎないように注意しないといけないです。

 

まとめ

子供達

子供は、大人以上に何をするにも全力で大きなパワーを使っています。

自分が全力で力を使い切っていることを、子供自身は気付かないんですよね・・・

この時期は、いつも以上に子供の様子を観察してあげることが大切ですね。

我が家もGWは義実家へ帰省する予定なので、生活習慣が乱れるのは間違いないでしょう。

GW明けは、子供の心のケアにしっかり努めたいと思います!

 

スポンサーリンク