赤ちゃんの便秘は何日から?便秘に良い食べ物等、対策&改善まとめ

うちの息子はうんちをする時、とてつもない気合いを入れます。

「うーーーん!!!!はぁはぁ。うーーーん!!!はぁはぁ。うーーーん!!!ギャーー!!!」

と、気合を入れてふんばったのにも関わらず、うんちが出ずに泣くという事がしばしばあります。

最近知ったのですが、うんちをする時に苦しそうにしていると便秘なんだそうです。

え!?うちの子便秘だったの!?2日に1回はウンチしてるのに!!!

とおったまげたので、赤ちゃんの便秘について調べてみました。

どうやら赤ちゃんの便秘にはいくつか種類があるようで、それによって改善策や予防策も変わってくるようですね。

我が子はどのタイプなのか、一緒に見ていきましょうー!

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの便秘は何日から?

裸の赤ちゃん

よく、「3日以上うんちが出なかったら便秘」などという人がいますよね。

そうです。私の事です。

うちの子は2日に1回出てるので、便秘ではないと思っていましたからね。

でも実は、便秘かどうかはウンチの回数や硬さで決まるものではないのです。

排便の頻度は、個人差があるので、「何日出てないから便秘」や「このくらいの硬さだと便秘」などとは言えないのです!

なので毎日うんちが出ていても、便秘かもしれません!

 

こんな時は便秘を疑って!

双子コメント

 

赤ちゃんにこんな様子が見られたら、便秘かも?と疑って下さい。

  • うんちの量が少ない(ウサギさんのコロコロうんち程度しか出ない)
  • うんちが硬すぎ(肛門が切れてしまうほど)
  • いつもの排便頻度が変化(毎日出てたのが3日に1回になったなど)
  • お腹が張って苦しそう
  • 食べたものを吐く
  • ぐずぐず泣いて機嫌が悪い

もし当てはまる項目があれば、あなたのお子さんも便秘かもしれません。

対策を考えてみましょう。

スポンサーリンク

便秘には4つのタイプがあります

タイプ

便秘は主に、4つのタイプに分けられます。

①食事性便秘

ミルクや離乳食から得られる食物繊維が不足している場合に起こる便秘です。

考えられる主な原因は

  • 食物繊維不足
  • 食事量が少ない
  • 食事でたんぱく質や脂肪分を多く摂りすぎている
  • ミルクアレルギーがある

 

改善策は

うんちを柔らかくして、腸を元気にし、うんちの量が増える食材を積極的に摂取しましょう。

アレルギーの場合は、小児科の先生と相談して、治療用のミルクに切り替えましょう。

 

②水分不足性便秘

母乳やミルクの量が足りていないことで起こる便秘です。

水分補給をこまめにすることを忘れたり、母乳の出が悪い事をママが気付いていないことが原因だったりします。

改善策は

おっぱいやミルクの回数を増やし、うんちが出やすくなる為にかんきつ系の果汁や砂糖水(5~10%に薄めたものを50ml程度)を飲ませてあげましょう。

 

③習慣性便秘

食事性便秘や水分不足性便秘が長引いていつのまにか習慣化してしまって起こる便秘です。

また、うんちが硬くてなかなか出ず、苦しくなるのが嫌で我慢してしまうことによって、便秘が習慣化することもあります。

改善策は

①②と同様の対策を行ってみましょう。それでも改善されない場合は、浣腸や薬を使ってうんちを柔らかくして出してあげます。

 

④腸性便秘

もともとの体質で、腸が長かったり働きが活発でないことで起こる便秘です。

食事や水分を気を付けながら、マッサージなどをしてケアをしてあげましょう。

それでも改善されない場合は、病気の可能性もあるので、一度小児科を受診してみましょう。

 

便秘に良い食べ物は?

フルーツ

便秘に効く食べ物を食べて、即改善です!

うんちを柔らかくする食材

うんちを柔らかくする働きがあるペクチンをたくさん含む食べ物がいいです!

ペクチンには、ビフィズス菌を増やして腸内環境を良くする働きがあります。

主な食べ物は

  • さつまいも
  • バナナ
  • りんご
  • いちご
  • みかんなどのかんきつ類
  • トマト
  • にんじん

 

うんちを出しやすくする食材

腸を活発にしてくれる乳酸菌を含む食材や、発酵食品がおススメです。

腸内の善玉菌を増やして、腸を元気にしていきましょう!

主な食べ物は

  • ヨーグルト
  • 納豆
  • 玉ねぎ
  • オリゴ糖
  • 乳酸菌飲料
  • 油脂

 

うんちの量を増やして腸に刺激を与える食材

腸内で消化吸収されない食物繊維を多く含む食材を摂取しましょう。

主な食べ物は

  • きのこ類
  • 大根
  • じゃがいも
  • ごぼう
  • キャベツ
  • ブロッコリー
  • 青菜類
  • 里いも
  • きな粉
  • 納豆
  • 寒天

 

うちの息子はうんちが硬くて苦しそうなので、柔らかくする食材を積極的に食べればいいのね。ふむふむ。

 

まずは予防からが大切!

便秘になってからじゃなくて、普段から意識して便秘に効く食材を食べるようにして予防していくことが大切!

子供も大人と同じように便秘はつらいもの。

便秘の時のお腹の痛みって、ハンパじゃないですよね!

あの冷や汗があふれ出る苦しみを、我が子には味わわせたくないですよね。

 

まとめ

まとめ

便秘には4つのタイプがあり、それぞれ適した改善策があることが分かりましたね。

我が子がどのタイプの便秘なのか、赤ちゃんの様子や毎日の生活に照らし合わせて考えてみることが大切です。

そして便秘が治っても、予防として便秘に効く食べ物を積極的に食べるようにしていきましょう!

立派なうんちを何の抵抗もなく出して、スッキリうれしそうな我が子の顔を見るぞー!!

スポンサーリンク

 

 

応援よろしくお願いします↓

にほんブログ村


人気ブログランキングへ