結婚後お金の管理に悩む主婦へ向けたデキる人のお金の貯め方とは

結婚してからお金の管理を任されている主婦は多いのではないでしょうか。

私も結婚してからお金の管理は全て任されるようになりました。

私は独身時代は好き放題にお金を遣っていた為、お金の基本的な貯め方が分からず「このお給料で本当にやり繰りできるの?貯金なんて無理なんじゃないの?」と不安でした。

ですが家族の未来の為に結婚してから現在までの5年間でお金の管理についてたくさん勉強し、貯金を貯めてマイホームを建てることができました。

マイホームを建てて貯金がまた振り出しに戻ってしまいましたが、お金の貯め方はしっかりと理解できているので、怖いものはありません!

お金の管理に悩んでいる主婦の方々に無理なく楽しくお金が貯められる家計管理術をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

まずは先取り貯金から

まずお給料が入ったらすぐに先取りできる分の貯金を下ろし、貯金用通帳に入れてしまいます。

最後に余ってから貯金しようと思っていると、まだ使えると思ってついつい使ってしまう可能性があります。

人間は自分に甘いのです。初めからなかったものとして考えるのが大切です。

わたしも財形を利用することで、しっかりと先取り貯金が出来ています。

きっと気付いた時にはこんなに貯まってた!と喜ぶ日がやって来ます。

 

つもり貯金

たとえば今月の交通費の予算を1万円で考えていたとします。ですが、実際に使った額は5千円でした。その時余ったからラッキー♪何に使おうかな?と考えるのではなく、使ったつもりで貯金をするのです。

こうしてつもり貯金がたまっていくと、交通費が予算よりオーバーしてしまったり臨時でお金が必要になった時などの助けになってくれます。

余ったらすぐに使うではなく余ったら貯金という発想が大切です。

 

買う物はメモに書いてからスーパーへ

我が家は基本買い物は週に1回です。

夫がお休みの日に一緒に買い物へ行き、まとめ買いをしています。

そして必ず週の初めに1週間の献立を決めてしまいます。

必要な食材はあらかじめメモしておいて本当に必要な物だけを買うようにしています。

メモに書いてあるものだけしか買わない!と事前に決めておけば、無駄遣いをなくすことが出来ます。

一週間に何度も買い物に行くと、どうしても買うつもりのなかったものが目に入ってきて1つぐらいいいかな?という気持ちになり無駄遣いをしてしまいます。

自分に甘い私は、自ら甘い誘惑がある場所に出向く回数を少なくすることで予算内で納めることが出来ています。

 

スポンサーリンク

 

日用品のストックは1つまで

ストックを1つ開けたら、1つだけ買い足すということを徹底しています。

ストックがたくさんあると、ついつい大目に使ってしまいます。

これはもう使わないというものが出てくる可能性もあります。

必ず必要な分だけを購入するようにしましょう。

 

家計簿は細かくつけすぎない

家計簿をつけるのが楽しい!という方は良いと思いますが、私はずぼらでめんどくさがり屋なので、家計簿をつける時は項目と金額のみ書くようにしています。

「3/1 食費 3,000円」「3/10 日用品費  850円」というふうに細かくつけすぎないことによって、家計簿をつけることを苦痛に感じず続けられています。

 

自分へのご褒美予算

節約のことばかりを考えすぎるとストレスが溜まってしまいます。

家庭の為にやり繰りを頑張っている自分をねぎらってあげることも必要です。

私の場合は月1,000円以内と決めて、大好きなスイーツを買ってストレス解消しています。

 

コミュニケーションを取って、家族も節約体質に

家計の状況を夫婦で共有することで、夫にも節約意識を起こさせましょう。

お金の話を頻繁にすることで、夫の協力も得られやすくなります。

 

自分の貯金ルートを決める

自分の無理なく出来る節約ルールを決めて、それに沿って実行するようにしましょう。

「○○さんの家庭はあんなにお金が貯められているのに・・・」と人と比べてしまうと自分のモチベーションも下がってしまいます。

自分の貯金ルートを明確にして自分のペースで頑張っていきましょう。

 

スポンサーリンク