男の子の初節句で兜を飾ろう。基本の選び方と値段の相場は?

兜

男の子が産まれて初めて迎える5月5日は端午の節句と言いますね。

うちの息子も今年の5月5日に初節句を迎えます。

5月5日のこどもの日といえば「鯉のぼり」「五月人形」「鎧」「兜」などを思い浮かべますよね。

我が家では鯉のぼりを飾れる庭がないので、兜を購入しようとおもいます。

そろそろ準備を始めたいところなので、兜を飾る意味や選び方、値段はどれくらいがいいのかなど調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

どうして兜を飾るの?

このような風習の始まりは武家社会が基になっています。

五月の節句の時に鎧や兜を飾り、外から災いが入ってくるのを防いでいたそうです。

また神社に鎧や兜を奉納して、身の安全を祈願していました。

そのような武家社会の風習が江戸時代に定着したようです。

庶民の間でこの武家社会の風習の真似が広まり、鎧や兜を飾り始めたのです。

昔の武士たちにとって鎧や兜は自分の身を護るためのものでした。

そのことから現代では、男の子を病気や災いから守り、立派な大人になってほしいという願いを込めてこどもの日に兜を飾るようになりました。

 

有名な人気武将

兜にはそれぞれ有名な武将にちなんで種類が分かれています。

どの兜にすればいいか迷っている方は、自分の子どもへ込める願いで種類を決めてみてください。

織田信長

天下を取ったことで有名なように、力強い統率力を持っている武将ですね。

自分の道を切り開き強くたくましく育っていってほしいという願いが込められています。

 

伊達正宗

頭がよく、その優れた技術や能力を生かして多くの天下人に仕えた武将。

機知に恵まれた華やかな人生を歩んでいってほしいという願いが込められています。

 

徳川家康

江戸時代の繁栄の確固たる武将。徳川家の創始者でもあります。

周囲に目を向けてまとめる力をもって、長く繁栄していってほしいという願いが込められています。

 

豊臣秀吉

知的な性格で人々に好かれ、身分の低いところから天下統一を成し遂げた武将。

人との繋がりを大切にし、ピンチをチャンスに変えていく力を持ってほしいという願いが込められています。

 

武田信玄

広い視野を持ち、政治や戦略を立てる場面で一目置かれていた武将。

広く周りを見渡せ、能力を活かした優れたアイデアで広く活躍してほしいという願いが込められています。

 

本多忠勝

武力に優れ、生涯戦乱で一度も傷を負わなかった豪傑武将。

身体を鍛え、自らの力でピンチを乗り越えていけますようにという願いが込められています。

 

直江兼続

愛染明王を守護神として信仰していた。生涯をかけて上杉家を支えた重臣。

無病息災で何事も安泰な人生であってほしいという願いが込められています。

 

毛利元就

戦国最大の知将と名高い武将。

賢く強く生きていってほしいという願いが込められています。

 

真田幸村

武士の気概を見せた日本一のつわものと言われた武将。

たくましくカッコよく、周りが羨む魅力的な男性になってほしいという願いが込められています。

 

上杉謙信

戦の天才と呼ばれていた武将。

ここぞという時に大きな力を発揮して力強く生きていってほしいという願いが込められています。

 

特に上杉謙信、伊達政宗、武田信玄、真田幸村あたりが人気のようです。

 

スポンサーリンク

 

値段の相場は?

人気の棚に飾るケース入りのタイプであれば大体5万円以内で収まると思います。

もう少し飾るスペースが作れるというご家庭であれば中型のタイプで10万円程度です。

自分で飾り付けまでできる高級なタイプであれば20万円程度するようです。

 

兜を選ぶ時のポイント

兜にも様々なタイプと大きさがある為、買いに行く前にどの場所に飾るかや飾るスペースの幅と高さを予め測っておきましょう

最近ではコンパクトタイプが人気のようです。

特にケース入りは場所も取らず、子供が兜を手に取って遊んでしまうのを防げます。

 

まとめ

どの武将のものにするか、どのスペースに飾るかを事前に考えておいて、予算と相談して購入するといいですね。

うちは長女の雛人形も棚に飾るタイプにしたので、兜も棚に飾るケース入りタイプで検討中です。

我が子へ託す願いをよく考えて、楽しく兜選びができたらいいですね♫

 

スポンサーリンク