女性ホルモンが少ないと病気のリスクが高まる?増やす方法を考えよう!

女性ホルモン

ナイスバディで肌がツヤツヤな女性って、女性ホルモンが多そうなイメージがありませんか?

例えば峰不二子みたいな(笑)

女性ホルモンは、女性が美しく健康な体でいるためにとっても大切なものらしいんです!

女性ホルモンが減ってしまうと、病気のリスクが高まることも。。。

今日は、女性ホルモンを増やす方法や減ってしまった場合の悪影響などを詳しく調べてみました☆

 

スポンサーリンク

 

『女性ホルモンが多い』人はいない!?

うつむく女性

峰不二子みたいなセクシーな女性は女性ホルモンが多そうなイメージですが、実は『女性ホルモンが多い人』は一般的にはいないんだそうです。

一生のうち、分泌される女性ホルモンの量は決まっています。

これは女性であれば全員当てはまることで、正常な状態であれば女性ホルモンの量は一定に保たれているんです。

なので、言うとしたら

  • 女性ホルモンの分泌が一定に保たれている・・・女性ホルモンが正常な人
  • 何らかの原因で女性ホルモンの分泌が減っている人・・・女性ホルモンが少ない人

となります。

女性ホルモンが「多い」か「少ないか」ではなくて、「正常か」「少ないか」という問題なんですね。

 

女性ホルモンが減ってしまう原因

女性シルエット

女性ホルモンが減ってしまう主な原因は

  • ストレス
  • 急激なダイエット
  • 喫煙
  • 不規則な生活
  • 運動不足
  • 染色体の異常

などが挙げられます。

ストレスや無理なダイエットをすると、月経が止まってしまう事がありますよね。

それは体に大きなダメージが加わって女性ホルモンが減ってしまったことが原因なんです。

また、タバコを吸う人は女性ホルモンが減って閉経が2年早まってしまうなど、体へ与える影響はとても大きいんです。

 

スポンサーリンク

 

女性ホルモンが減ることで与える大きな影響

リラックス

女性ホルモンが減ることで起こる主な影響は

  • 無月経
  • 肌荒れ
  • 骨粗鬆症のリスクが上がる

などが挙げられます。

特に女性ホルモンが減ると一番初めに現れる影響は、無月経や閉経が早まることです。

加えて、40歳未満で閉経するなど重症になると、脳卒中や心筋梗塞のリスクが上がったり記憶力の低下や死亡率の上昇など、大きすぎる影響が出てしまいます。

女性ホルモンが減ってしまうという事は、体のどこかに大きな負担がかかっている原因が潜んでいることは間違いないので、大きな病気へつながる前に女性ホルモンを増やすなどして現状を改善することが大切です。

 

女性ホルモンを増やす2つの方法

赤いハート

女性ホルモンを増やして正常な値に戻すのに大切なことは2つです。

1.ストレスを溜めない生活を送る

女性ホルモンを狂わせる大きな原因になっている『ストレス』を減らすことがまず1番大切です。

今の生活習慣や生活環境を変えられない状況であれば、溜まったストレスを発散することを考えましょう。

 

2.バランスの取れた食生活

実は、「これを食べれば女性ホルモンが増える!」という特定した食べ物はありません。

ですが、

  • たんぱく質
  • 脂質
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ビタミンB群
  • 葉酸

などの栄養素が含まれている食べ物をバランスよく食べて、腸内環境を整える事が女性ホルモンの分泌を増やすのに大きな効果があります。

 

バランスの取れた食事、たっぷりの睡眠、ストレスを溜め込まない生活をすることが女性の美しさに繋がっていくんですね☆

 

まとめ

喜び

女性ホルモンの量は、女性の美しい健康な体作りに大きく関係している事が分かりましたね!

ネットでは、自分の女性ホルモンの量は正常なのかどうかをチェックできるサイトがたくさんあるので、ぜひ一度調べてみて下さい☆

私の女性ホルモンの健康度は35%だったので、改善の余地大アリです(汗)

女性ホルモンの量を増やして、美しい健康な体を手に入れましょう♪

 

スポンサーリンク

ラジオ体操にダイエット効果はある!いつやるか時間別の効果も紹介☆

2016.06.18

山田優の産後ダイエットが時間がない主婦でも出来ると話題!モデルにも人気の方法とは?

2016.04.08