主婦に人気の医療事務の1日の流れは?経験者が詳しく語ります!

主婦に人気NO.1の仕事といえば『医療事務』ですよね!

もう何年も前から根強い人気のあるお仕事です。

私は学生の頃に医療事務を目指し、専門学校に通いました。

そこで、医療事務、歯科事務、調剤薬局事務の資格を取得しました。

そんな中今回は、大きな病院とクリニックへの就職を経験した私が言える、医療事務の1日の流れと働いて良かった点悪かった点をお話ししたいと思います!

医療事務ってこんな仕事なんだ~挑戦してみようかな!とか思ってくれたら嬉しいです♪

 

スポンサーリンク

 

医療事務の1日流れ

時間

私が今まで働いてきたのは大きな病院とクリニックです。

入院ベッドが200床以上ある大きな病院と、外来受付のみの小さなクリニックとでは勤務形態も全く違ったので、それぞれ分けてお話ししますね。

病院(200床以上)の1日の流れ

8:00 出勤して制服へ着替える

8:20 朝礼

8:30 受付開始。保険証を確認してカルテを準備。

9:00~12:00 診察開始。保険証確認、カルテ出し、会計

12:00~13:00 お昼休憩。窓口は救急対応で開けておく必要がある為、交替で休憩。

13:00~17:00 午後の診察時間。保険証確認、カルテ出し、会計

17:00~ 1日の会計を計算して合わせ、締める。軽く掃除。

大まかな1日の流れはこんな感じです。

ちなみに救急対応もしていて、24時間365日開いている病院だったので、土日も交替で出勤していました。

掃除は担当のパートさんがいたので、椅子を軽く拭くぐらいでほとんどしませんでした。

 

クリニック(外来のみ)の1日の流れ

8:10 出勤して制服へ着替える

8:30 受付開始。保険証を確認してカルテを準備。

9:00~12:30 診察開始。保険証確認、カルテ出し、会計

12:30 午前の会計を計算して、一度締める

12:45~14:50 お昼休憩。電話番を日替わりで1人行う

15:00~18:00 午後の診察開始。保険証確認、カルテ出し、会計。

18:00~18:20 全員で掃除

という感じです。こちらはお昼休みが長い分、終わりの時間も遅いです。

掃除も自分たちでガッツリやらなければいけません。

 

レセプト業務は残業必須

書類

医療事務は月に1回、レセプト業務(診療報酬請求業務)をしなければいけません。

これは、ひと月にかかった患者負担分を除いた残りの診療費を、保険者(国や健康保険組合など)に請求する為に、患者1人1人の診療行為を記載したレセプト(診療報酬明細書)を作成する作業の事です。

この作業を行わないと、病院にお金が入ってこないので、絶対必須の仕事です。

この作業は、毎月月末~翌月10日までに行います。

この期間も病院は通常通り開いていますので、診察時間の合間や診察が終わった後に残業をして終わらせなければいけません。

 

大きな病院に勤めていた時は、この10日間は毎日22時前後まで残業をしていました。

ゴールデンウィークなど、月初めに連休がかぶっていても、出勤しなければいけませんでした。

 

クリニックの時は、残業は20時ぐらいまでを5日間程度していました。

連休がかぶったら、出勤しないでいいように残業時間を延ばすなどして対応していました。

大きな病院に比べると、全然楽だったように思います。

 

スポンサーリンク

 

私の経験から言える、医療事務のメリットデメリット

大きな病院とクリニックで分けて書きますねー!

病院(200床以上)のメリットデメリット

【メリット】

  • たくさんの患者さんと出会える
  • 多くの診療科の事を学べる
  • 病院が大きい分、やりがいも大きい

【デメリット】

  • 仕事が大変
  • 残業が多い
  • 土日出勤を交替でしなければいけない

 

クリニック(外来のみ)のメリットデメリット

【メリット】

  • 大きな病院よりもゆったり仕事が出来る
  • よく来る患者さんと親しくなれる
  • 残業が少ない
  • 勤務時間がキッチリしている

【デメリット】

  • 掃除を自分たちでしなければいけない
  • 先生や看護師の雑用的な仕事も多い
  • 大きな病院よりも給料が少ない

 

主婦の私がおススメする働き方は?

黒板

育児と仕事を両立しなければいけない主婦の方だったら、断然クリニックのほうが働きやすいと思います。

私が大きい病院で働いていた時は結婚前だったのですが、子供が2人以上いる主婦の人もいました。

その人たちも独身の社員と変わらず、月末から月初めは毎日22時まで残業をして、日曜日も出勤することがありました。

今主婦になって思うと、それってめちゃくちゃ大変だし、ある程度家庭を犠牲にしないと出来ない事だと思います。

それを考えると、クリニックは土曜日は午前中までですし、日曜日や祝日は必ずお休みなので、勤務時間がキッチリ決まっていて働きやすいと思います。

また、午前中だけ、午後だけという勤務形態があるのも魅力ですね。

仕事が忙しいけどやりがいを強く感じたいと思うのであれば大きな病院がいいですし、家庭優先で働きたいと思う人はクリニックがおススメです。

 

まとめ

クリップ

医療事務は資格があれば強みにはなりますが、資格がなくても働ける職種です。

そして、働いてスキルアップしながら、資格取得を目指すことも可能です。

この2点が、主婦が魅力を感じる部分なのかもしれませんね。

私の経験から、働く医療機関の規模が大きいか小さいかによって、勤務形態に違いがあることが分かってもらえたと思うので、自分がどの部分を優先するのかによって、働く職場を決めてみて下さい。

医療事務は働きやすく、全国どこにでも働き口があって、尚且つやりがいを感じられるとっても魅力的なお仕事だと思うので、ぜひトライしてみてほしいと思います!

 

スポンサーリンク

 

主婦に人気の資格についてはコチラ

【最新】仕事復帰が怖い?主婦の社会復帰に役立つ資格まとめ

2016.02.29

 

 


にほんブログ村


人気ブログランキングへ