欅坂46今泉佑唯が雑誌で復帰!活動休止はメンバーとの確執が原因だった?

体調不良により活動を休止していた欅坂46のずーみん(今泉佑唯さん)。

4ヶ月の休養を経て、遂に8月18日発売の雑誌「blt graph」で復帰されました。

ファンであるmomokoも嬉しくて嬉しくて、普通の雑誌よりお高めですが読みたすぎて購入しちゃいました!

 

復帰第一弾は、「グラビア&10,000字インタビュー」という事で、突然の活動休止の理由、「卒業」を考えるも復帰を決意した想いを赤裸々に語ってくれていました。

読んでいてウルウルッときてとても心に沁みる内容だったので、印象に残った部分とmomokoなりの感想を書いていきたいと思います☆

率直な感想を言うと、突然の活動休止は精神的な苦痛が大きかったのかな?と感じる内容でしたー(>_<)

 

スポンサーリンク

 

今泉佑唯、活動休止からの復帰インタビュー。その内容は?

10,000字インタビューでは、活動休止前の辛かった日々や活動休止の理由、お休みしていた4ヶ月間に何を思い何をしてきたか、そして復帰を決意した理由など、ファンが知りたいと思っていた事が赤裸々に語られていました。

スタッフに必死で「お休みしたい」と懇願した

ずーみんは実は今回の活動休止よりだいぶ前から体調が思わしくなく、以前もスタッフに「お休みしたい」と伝えたことがあったようです。

ですがタイミング的に難しく「もう少し頑張ってみよう」と思い続けていましたが、日に日に「このままの状態で続けていたら、私はどうなってしまうのだろう」という不安でいっぱいいっぱいなり、4月6日に行われたデビュー1周年アニバーサリーライブの3日前に、スタッフに必死で「お休みさせてください」とお願いしたそうです。

ずーみんはこの時の事を「助けて下さいという思いだった」と話していたので、精神的に限界な状態だったのが伺えます。

そんなに辛い状態だったのにファンの前では笑顔を見せていたなんて、あの頃を思い返すと辛くなりますよね(´;ω;`)

 

メンバーには一切伝えずに、突然の活動休止宣言

メンバーにはお休みすることを一切伝えずに、公式ブログで活動休止を発表し、そのままお休みに入ってしまいました。

ずーみんは「女の子の集団に入るのがあまり得意じゃない」と語っているので、悩みを打ち明けられるメンバーがいなかったのでしょうか。

「メンバーは自分と同じように頑張っているのに、自分だけ辛いなんて言えない」という思いがあったのだと思います。

歌番組でパフォーマンスをしていた「不協和音」で、自分のポジションを開けたままにしてくれているメンバー達を見ても、「そんなに気を遣ってくれなくてもいいのに」とさえ感じていたそうです。

この時は、メンバーのそんな気遣いが逆に辛かったのかもしれません。

 

それでも、ずーみんを支えてくれたメンバー達

メンバーには何も伝えずにお休みに入り、自分が抜けた事によって迷惑を掛けて申し訳ないと感じていたずーみん。

自分からメンバーに連絡をする勇気が持てなかったずーみんですが、キャプテンの菅井友香さんや副キャプテンの守屋茜さんは、「待ってるよ」とメッセージをくれたり、今の欅坂46の様子を伝えてくれていたそうです。

他にも、原田葵さんや長濱ねるさんも「落ち着いたらご飯行こうね」とメッセージをくれたり、ずーみんを支えてくれたメンバー達がいました。

ずーみんが戻ってくることを信じている、安心して戻って来れるようにポジションを開けていたメンバー達。

欅坂46の強い絆が伺えて、とってもジーンときました(´;ω;`)

 

「卒業」も考える中、「復帰」を決意した理由

スタッフに活動休止をお願いした時、「二度と欅坂46としてステージに立つことはできない」と思っていたずーみん。

メンバーには相談できずお休みに入り、スキルの差がどんどん広がっていく中で、戻るのが怖くなりこのまま卒業してしまおうかと考えていたそうです。

そんな時、1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」にソロ曲「夏の花は向日葵だけじゃない」が収録されることを聞き、「こんなに簡単に辞めちゃいけない」と思い留まったそうです。

もしアルバムにソロ曲が収録されなかったら、二度と欅坂46としてのずーみんを見る事が出来なかったのかもしれないです!(>_<)

初めはアルバムが発売されるタイミングで卒業を考えてみたずーみん。

そのタイミングでソロ曲が決まり、なんだか欅坂46に引き寄せられている運命を感じます。

 

人生を懸けるほど、この仕事が大好き

お休みの間も、ボイストレーニングだけは続けていたそうです。

「自分には歌しかない」「歌がないと生きていけない」と思うほど、歌に人生を懸けています。

「何かグループに貢献できるとしたら、自分は歌しかない!」と決意して、復帰を決断しました。

「欅坂46として一からまた頑張りたい!」という覚悟が強く伝わりました。

 

スポンサーリンク

 

髪をバッサリ切ったずーみんがとにかく可愛い!

グラビアでは、髪をバッサリ切った姿を見せてくれました。

ショートヘアで、前髪も眉毛の上まで切っていて、とても似合っていて可愛かったです(*^^*)

髪はお休みに入ってすぐに切ったそうで、ロングヘアから30cm以上カットした事で、今まで溜め込んでいたものがスーッと抜けていく感じがしたと話していました。

白と赤のロングワンピースを着ているのですが、髪型のせいかとても大人っぽく感じました。

以前と同じ無邪気な笑顔も見せてくれていますが、一皮むけた、大きく成長したずーみんを見る事が出来ました。

元気な姿を見る事が出来ただけで感動してウルっときました(´;ω;`)

前よりも痩せてスマートになっていた!

以前よりも痩せて、すっきりスマートになっている事に驚きました!

お休みの間、毎日身体を動かして汗をかく時間を作っていたそうで、食べたい物を我慢するのではなく、食べた分だけ運動するようにしたことで、全体的にバランスよく痩せていったようです。

見た目も中身も、新しいずーみんに生まれ変わった姿を見れた気がします(*^^*)

 

活動休止の理由は「メンバーとの確執?」

インタビューを読む前は「活動休止の理由は体の調子が悪かったからかな?」と思っていましたが、インタビューを読むと精神的な原因がすごく大きかったのかなと思いました。

以前から番組でも「女の子の集団に入るのが苦手」と話していましたが

  • 精神的にいっぱいいっぱいになるまで、メンバーには相談出来なかった
  • 活動休止をメンバーの誰にも伝えていなかった
  • 歌番組のパフォーマンスで自分のポジションを開けていてくれたメンバーに「そんなに気を遣わなくてもいいのに」とさえ感じた
  • 復帰を考えた時、メディアに出ることによりもメンバーの中に入るのが怖かった

という内容から考えて、グループ活動が上手く出来なかったのかなと感じました。

 

これはあくまでmomokoの憶測ですが、他のメンバーがずーみんに対して冷たい態度を取ったりしたとかではなく、ずーみん自身が集団で活動する事に慣れなくて、自分の居場所を上手く見つけられなかったのかもしれません。

だから誰にも相談できず、勝手にお休みを取ったことでさらに戻りづらくなってしまい、卒業までも考えるようになったのではないでしょうか。

 

それでも、休業中に頻繁に連絡をくれたメンバー達。

「月曜日の朝、スカートを切られた」のMV撮影で久しぶりにメンバーに会い、その日はほとんどメンバーと会話はしなかったそうです。

それでも、キャプテンの菅井友香さんや副キャプテンの守屋茜さんが「大丈夫だよ」「頑張ったね」と励ましてくれて、少しずつ復帰への道を進むことが出来たようです。

 

ずーみんは、『欅坂46の今泉佑唯』の居場所をなかなか見つける事が出来ず、1人で苦しんでいたのではないでしょうか。

 

それでも「今の仕事が大好き」という思いは消えず、人生を懸ける覚悟で復帰を決意してくれました。

 

「もう一度一から頑張って、メンバーやスタッフさんの信頼を取り戻していきたい」と話してくれたずーみん。

これから少しずつ、「新しい欅坂46の今泉佑唯」が見られると思うと楽しみすぎます!(*^^*)

 

まとめ

突然の活動休止の理由が赤裸々に語られていたので、今まで疑問に思っていた事が知れて良かったです(*^^*)

他にも、「ゆいちゃんず」として共に頑張る小林由衣さんとのエピソードや、仲が良いと言われている上村莉菜さんとのエピソード、歌に懸ける思いや、家族の支えなど、読み応えたっぷりの内容でした。

欅坂46のファンでもそうでなくても、グッと心に沁みる部分があるので、ぜひ手に取って読んで欲しいです。

これから少しずつの活動復帰になると思いますが、しっかり万全な状態で、ずーみんの元気な姿をテレビで見られる日を楽しみに待ちたいと思います☆

 

♦欅坂46の絶対的エース・平手友梨奈さんについての記事はこちら↓最近体調不良が心配ですー(´;ω;`)

▼欅坂46のセンター平手友梨奈はなぜすごい?”逸材”と言われる理由

▼欅坂46平手友梨奈が倒れる!元気がないと言われる原因と大きな責任とは。

 

momokoが大好きな乃木坂46・欅坂46の記事を特集ページにまとめました☆

ぜひ合わせて読んで頂けたら嬉しいですー(*^^*)

icon-chevron-circle-right 乃木坂46・欅坂46特集ページ

 

スポンサーリンク