育休制度が取りやすい会社とは?育休手当をもらい損ねない為の大切な行動。

417fc35b72445124f5432adc3b5ff18b_m

スポンサーリンク

あなたが今働いている会社は、「育休制度」が取りやすい会社ですか?

私はこれまで2回の育休を経験し、もらった育休手当の金額は合計で約130万円です。

育休は、一定の条件を満たせば誰でも取ることが出来る労働者の権利です。

ですが、会社に育休制度がなく、泣く泣く退職をせざる負えなかった方も世の中にはたくさんいますよね。

 

今日は2回の育休を経験した私が、育休を取るために事前に気を付けたこと、やるべき大切な行動について書いていきたいと思います。

「妊娠してから」「出産してから」では遅いかもしれません!

育休というありがたい国の恩恵を受け取るために、「将来子供が欲しい」と思った瞬間から考えていきましょう☆

 

スポンサーリンク

 

あなたが今働いている会社は「育休制度」がありますか?

実は日本は、海外に比べてとても”育休が取りにくい国”だと言われています。

とはいえ、育休制度自体は、意外と多くの会社で取り入れられています。

会社の規模 育休制度普及率
従業員5~29人 67.3%
従業員30~99人 93.0%
従業員100~499人 98.4%
従業員500人以上 99.9%

※参考:日本の育休事情調査

 

大企業だと、ほぼ100%の確率で育休制度があるようですね。

こう見ると「なんだ、意外と高いじゃん?」と思いますが、実際の育休取得率を見てみると、

  • 育休制度ありの会社の取得率・・・40.4%
  • 育休制度なしの会社の取得率・・・4.8%

制度が整っていても、実際に育休を取得できた人は4割しかいないんです。

ましてや育休制度がない会社だと、100人中4人程です・・・

育休の取得率は、会社の風潮や過去の取得実績などに左右されがちです。

育休制度がある会社でさえも取得率は4割なので、就職する前に必ず求人票などで”育休実績があるかどうか”を調べておくようにしましょう。

 

育休制度がある会社へ転職するのも一つの手です!

今勤めている会社で育休取得が無理そうであれば、今から育休取得実績のある会社へ転職するのも一つの賢い方法です。

今は子供を保育園に預けて共働きをする家庭が増えています。

この先も仕事でキャリアップを目指す為には、出産後の働き方を今から考えていく事が大切です。

最近では、転職をしっかりサポートしてくれる「転職エージェント」を利用する方が多いようです。

  • おすすめの求人紹介
  • キャリア相談
  • 履歴書の書き方
  • 面接の練習

など、転職の悩みを一緒に解決しながら進めてくれる心強いサービスです(*^^*)

登録から利用まで全て無料なので、利用してみる価値はありますよ☆

育休の取得条件に「休業開始日前2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある月が12ヶ月以上ある事」という条件がありますが、これは前の職場と合算できるので、転職してから1年以上経たなくても育休は取れます!

※期間雇用者(期間を定めて雇用されている方)に関しては別途、休業開始時に同一事業主の下で1年以上雇用が継続していて、かつ、子供が1歳に達する日を超えて引き続き雇用される見込みがあることが必要。

また、前の職場を退職後に失業手当や再就職手当をもらっている場合は合算出来ないので、自分は条件を満たしているか確認してから転職を進めていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

私が育休取得の為に気を付けたこと、やってきたこと

e3239975fe55527e6f51d096282e26bb_s

私は一人目を妊娠時、フルタイムのパートで働いていました。

子供が1歳になったら復帰する予定で、産休・育休を取らせてもらいましたが、復帰直前に事業所が遠方に移転してしまい、「通うのが困難」という事で、会社都合という形で退職をしました。

その後、子供が1歳半で今の職場に就職するわけですが、この時職探しの段階で気を付けていたのが

  1. 従業員のうち、女性(子育て世帯)が多いか
  2. 休みやすい環境か
  3. 産休・育休の取得実績はあるか

の3点を一番重要視して探しました。

要は「子供を持つ母親にとって優しい職場か」という点が一番大切なんです。

この時すでに「2人目を出産後も仕事を続けたい」という強い思いがあったので、この時この条件を重要視して仕事選びをして本当に良かったと思います。

 

育休取得実績がない会社でも取得出来た!言って損なし!

  1. 女性(子育て世帯)が多いか
  2. 休みやすい環境か
  3. 産休・育休の取得実績はあるか

この3つを重要視して仕事を探した私ですが、残念ながら全てが当てはまる会社は見つからず、①と②に当てはまる今の会社へパートとして入社しました。

ですが、今の会社が産休・育休取得実績がない理由は、「今まで申し出る者がいなかった」からだったんです。

私は2人目を妊娠してすぐに事前にハローワークに出向き、自分が育休取得条件に当てはまっている事を確認し、職場に

「育休を取らせてください。申請は全て自分でしますので、書類のみ用意して頂けないでしょうか?会社に金銭面で負担をかける事はありません。」

と申し出ました。

上司は「自分で手続き出来るのであれば全然いいよ」と承諾してくれ、そこから自分でハローワークに通って手続きの方法を調べ上げ、1年間で約50万円の育休手当を頂く事が出来ました。

雇用保険など、保険関係に全く詳しくない私でも手続き出来たので、「絶対育休手当をもらいたい!」という強い気持ちさえあれば、あなたでもきっと自分で手続き出来るはずです!

※私が育休期間でどんな手続きをしたのかはこちらの記事をご覧ください↓

パートの私がハローワークで育休手当を自分で申請!約50万受け取った全手順を公開します。

2016.09.11

1歳で明日から育休復帰。不安な事&大変な両立を乗り越える方法

2016.07.13

 

これは結構誤解されている方が多いのですが、

育休手当は全て雇用保険から支給されるので、会社が負担するお金は一切ありません。

「会社に負担がかかるから…」と泣き寝入りする方が多いですが、育休は立派な労働者の権利です!

確かに、育休中の人員確保の面では会社に多少の負担があるかもしれません。

ですが、そこを快く受け入れてくれる「女性に優しい職場」を職探しの段階で選べば、きっとあなたの想いも伝わると思います。

「育休取得実績がないから」という理由だけで、諦めてしまうのはとっても勿体ないです!

無理かもしれないと思っても、一度職場に相談してみる事をおすすめします。

私の場合のように、単に「今まで申し出る人がいなかったから、手続き方法が分からない」だけかもしれません。

言うのはタダです。言えずに後から後悔する事だけは絶対にしてほしくないです!

まずは一度、上司に相談してみて下さいね(*^^*)

 

まとめ

私の今の職場でも、「妊娠して退職し、1歳でまた同じ職場に復帰したけど育休手当をもらっていない」という方はたくさんいます。

育休制度のことを知っているのと知らないのとでは、本当に大きな差があります。

私も育休が取れなかったら、子供を1歳まで家で見る事が出来なかったかもしれません。

この先子供を産んでも仕事を続けていくと決めている方は

  • 子育てを頑張る母親に優しい職場選び
  • 職探しの段階で、「育休取得実績がある」かチェック
  • 育休の条件を満たしているのであれば、「育休取得実績なし」の会社でも申し出てみる

この3つを、ぜひ実行してみて下さい。

この先の将来が、もっと良いものに変わるかもしれませんよ(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

パートの私がハローワークで育休手当を自分で申請!約50万受け取った全手順を公開します。

2016.09.11

扶養内パートでも自分で手続きして育児休業給付金もらってます!

2015.12.23