扶養内パートでも自分で手続きして育児休業給付金もらってます!

育休手当アイキャッチ画像

スポンサーリンク

ズバリ聞きます。

あなたは、扶養内パート勤務でも一定の条件を満たせば”育児休業給付金”をもらえることを知っていましたか?

私の周りでその事実を知らない方が多いので、実体験をお話しながら育児休業給付金についてお話したいと思います。

現在私は扶養内パートで勤務している会社から育児休業給付金をもらっています。

 

子供を持つママさんや結婚している女性だと、正社員ではなくパート勤務をしている方は多いと思います。

実際私も長女が1歳半の時に今の会社にパートで働きだして、長男が産まれる1ヶ月前まで働いていました。

長男を妊娠した時、この子が1歳になったらまたパートで復帰させてもらおうと上司に話をしていたのですが、育児休業給付金をもらえるかという話はしていませんでした。

実際、私の職場では育児休業給付金をもらった方は1人もいなかったので、どうせもらえないだろうと思っていました。

ですが、ある友人に「私の職場ではパート勤務でも育児休業給付金をもらっている人がいるよ」と聞いて、私ももしかしてもらえるかもしれない!と思ったので、自分でハローワークのホームページなどを見て調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

育児休業給付金とは?

疑問

お仕事をしているママやパパがお子さんが1歳になるまで(1歳の誕生日の前々日まで)、もらえることのできる手当です。(1歳になっても保育園に待機児童等で入れない場合や一定の条件を満たす場合は、最長で1歳6か月までもらえます)

 

取得できる条件

チェック

①雇用保険に加入していること

・育児休業の開始日の前2年間に、お給料が支払われた日数が11日以上ある月が12か月以上あること

※私は出産が分かってからつわりがひどく1か月に8日しか出勤していない月があったのですが、そのような月はカウントできませんので、注意が必要です。

 

②育児休業が終了した後も雇用される見込みがあること

※育児休業が終了したら離職することが決まっている場合は対象になりません

 

③育児休業中もお給料をもらっている場合は、休業開始時の賃金月額の80%未満であること

 

支給額の算出方法

 休業開始時賃金日額(賃金月額)

×支給日数×67%

※ただし、育児休業開始から6ヶ月後からは50%

 

※上記の支給割合は今後変更になる可能性があります。67%は平成26年4月1日以降に育児休業を開始した方が対象です。

それ以前の方は全期間50%なので67%は大きいですよね!

 

ちなみに私の支給額はというと・・・

賃金月額が83,280円なので

 1ヶ月目~6ヶ月目

(賃金月額の67%)

 ひと月に

55,797円

 7か月目以降

(賃金月額の50%)

 ひと月に

41,640円

です。

私のように扶養内でパートをされている場合はお給料が月に8万円程度の方が多いと思いますので参考になるかと思います♪

 

 

スポンサーリンク

 

申請方法・申請場所

方向

手続きは育児休業を開始した本人か勤めている会社の方がハローワークで行います。

 

【初回の手続きで必要な書類】

  • 雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書(ハローワークからもらう書類)
  • 育児休業給付受給資格確認票(ハローワークからもらう書類)
  • (初回)育児休業給付金支給申請書(ハローワークからもらう書類)
  • 出勤簿や賃金台帳(会社から用意してもらう書類)
  • 母子手帳のコピー
  • 振込口座の通帳のコピー
  • 印鑑

手続きが終了したら「育児休業給付受給資格認定通知書」がもらえます。

 

【2回目以降の手続きで必要な書類】

  • 育児休業給付金支給申請書(前回手続き時に次回用としてハローワークからもらえます)
  • 出勤簿や賃金台帳

 

2回目以降は用意する書類は少ないので簡単ですね♪

申請は2か月に1回です。

手続きが終了したら1週間程度で口座へ振り込まれます。

 

※これが、2回目以降の申請時に毎回もらっている、次回用の育児休業給付金支給申請書です。

育休書類★momoko

切り取り線で、3つに分けることができます。

  • 上・・・次回必要な申請書
  • 中・・・職場保管用
  • 下・・・今回申請時の支給額、次回申請期間などが記載された、本人保管用

 

一番下の本人保管用をアップすると、

育休書類本人用★momoko

こんな感じで、支給額や、次回の申請期間などが詳しく書かれています。

 

私の場合は、申請できる開始日の少し前に会社へ必要な書類を用意してもらう連絡をして、申請日以降に会社に取りに行き自分でハローワークに行っています。

わざわざ自分で手続きに行く手間はかかりますが、いつ振り込まれるんだろう?ちゃんと会社は手続きしてくれているのだろうか?という不安はないので気持ち的には楽ですよ♪

 

最後に

豆知識

私の勤めている会社のように育児休業を取得した実績がない会社でも、こちらから掛け合えば取得できるかもしれません!

妊娠・出産をしたら、仕事を辞めなければならないという話はよく聞きますが、このような育休切りは法的に禁じられています。

会社は手続きしてくれないし、自分で手続きをするのも不安という方もいるかもしれませんが、まずはハローワークに話を聞きに行ってみてください。

自分は支給対象になるのか、どのような書類が必要かなど、詳しく教えてくれます。

 

もらえるはずのものがもらえないのはやっぱり悔しいです・・・。

私の場合だと、育休期間の1年間で、約50万円を受け取ることが出来ます!

この給付金がなかったら、1歳まで息子を自宅で見てあげることが出来なかったかもしれません。。。

 

育児休業給付金は、自分で手続きしようと思えば、絶対出来ます!

これから出産を控えていて、給付金の取得条件にもし当てはまっているんであれば、諦めずに何か行動を起こしてみて下さい。

もらえるものは、しっかりもらっちゃいましょう★

 

スポンサーリンク

 

♦追記♦

私が1年間、育児休業給付金を自分で申請した方法を記事にしました!

これから妊娠・出産を控えている方、自分で申請する予定のある方にきっと参考になると思います☆

ズボラの私でも出来たので、きっとあなたにも出来るはず!

育休制度が取りやすい会社とは?育休手当をもらい損ねない為の大切な行動。

2016.11.23

パートの私がハローワークで育休手当を自分で申請!約50万受け取った全手順を公開します。

2016.09.11