乳腺炎の症状『白斑』とは?痛い・とれないを解決!正しい対処法

b608702dee6bdbe6695d26be2bea11fb_s

母乳育児をしているママなら誰もが気を付けなければいけないトラブルが『乳腺炎』です。

乳腺炎の症状には3段階あり、白斑→しこり→発熱と段階を追うごとに重症化していきます。

私は子供2人の母乳育児を経験して、この3段階全てを経験しました。

今回はその第一段階の『白斑』とはどういった症状か、正しい対処法と予防法を詳しくご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

白斑って何?

考える

乳腺炎の第1段階である白斑は、乳腺の出口である乳首の先にできる白いニキビのようなものです。

何か詰まってそうと思わせるような芯のあるニキビに似ているので、誰でもすぐに気付くと思います。

強い痛みがあることが多く、ひどい場合は水泡のようなものができることがあります。

 

白斑ができる原因

a9cbd6dfea327d3a86d1676734635bac_s

白斑は、通常乳腺に流れている母乳が何らかの理由で詰まってしまうことでできます。

この白斑をそのまま放置していると、詰まって溜まっていった母乳がやがてしこりになって重症化していきます。

白斑に気付いたら、悪化しないようにすぐに対処する必要があります。

 

白斑を治す方法

 赤ちゃんにたくさん飲んでもらう

乳腺炎の一番の治療法は赤ちゃんにたくさん母乳を飲んでもらう事です。

強い痛みがあるかもしれませんが、赤ちゃんの吸う力によって詰まりが解消される場合が多いです。

その際、同じ方向からの授乳だけではなく、いろんな角度からの授乳を試してみて下さい。

縦抱き、横抱き、フットボール抱きと授乳の体勢は様々です。

いろんな角度から授乳をすることによって、全ての乳腺から流れている母乳をまんべんなく飲んでもらうことが出来ます。

 

白斑は赤ちゃんに害があると心配するママもいますが、大丈夫です!

白斑は母乳が詰まって出来ただけなので、赤ちゃんに害はまったくありません。

安心してたくさん飲ませてあげて下さいね。

 

 自分でマッサージ、搾乳をする

赤ちゃんに飲ませた後も、自分でマッサージ、搾乳をするとより効果的です。

白斑ができた乳首は固くなっていることが多いので、乳首をいろんな角度からつまんでほぐす感じでマッサージをしてみて下さい。

また、胸の外側から内側の乳首に向けて胸を動かしながら搾乳をして下さい。

飲み残しの母乳を出してあげましょう。

 

マッサージはゆっくりやさしくほぐすように行ってください。

詰りを解消するぞ!と意気込んで胸が赤くなるほど強いマッサージをすることは避けましょう。

 

 血行を良くする

胸を温めることによって血行が良くなり、詰まりが解消できます。

  • お風呂にゆっくり浸かる
  • 暖かい飲み物を飲む
  • 蒸しタオルを胸に当てる

といったことが効果的です。

また、温めて血行を良くした後にマッサージや搾乳をするとより効果的でしょう。

 

この3つの対処法を試してみて、痛みが和らいできたり、しこりになっていなかったらこのまま完治していくでしょう。

白斑自体はすぐに取れないことも多いですが、症状が悪化しなければこのまま対処法を続けて様子を見て下さい。

もし症状が改善されない場合は、出産した産婦人科や乳腺外来を受診してプロの助産師さんにマッサージをしてもらって下さい。

 

たまに白斑を針や自分の爪で取ろうとする人がいますが、その行為はとっても危険です!

乳首が傷つき悪化する原因になってしまいますので絶対にやめましょう。

 

スポンサーリンク

 

白斑にならない為の予防法

グッド

 日頃からいろんな方向から授乳をする

対処法でも説明しましたが、予防の為に普段からいろんな体勢で授乳をするようにして下さい。

常に同じ方向からだとどうしても飲み残しが出てしまい、どんどん溜まって乳腺炎の原因になってしまいます。

特に胸の下側や外側は気を付けておいたほうがいいです。

 

食生活の見直し

食事は母乳の質に直結しているといっていいほど大切です。

脂っこい物や甘い物をたくさん食べると、母乳がドロドロになり詰まりの原因になります。

母乳をあげている間はあっさりめの食事を心がけましょう。

 

私のトラブル続きの母乳育児ライフ

私は母乳の出が良すぎる体質のようで、これまで3回重症な乳腺炎になっています。

白斑の段階で気付きすぐに対処をしてなんとか悪化せずに済んだことも数知れずです。

何度も乳腺炎を繰り返してきた私が言える事は、毎日鏡の前に立って自分の胸を観察することです。

これ、本当に大切です!

目で見てしっかり確認することで異変にいち早く気づき、悪化する前に対処することが出来ます。

自分で下を向いて胸を見るよりも鏡を通して見た方が隅々までチェックできるのでおススメです。

ぜひ今日から実践してみて下さい。

 

まとめ

  • 赤ちゃんにいっぱい飲んでもらう
  • 自分でマッサージ・搾乳をする
  • 血行を良くする
  • いろんな授乳体制を試す
  • 食生活を見直す

ということが大切だと分かりました。

愛しい我が子と気持ちが通じ合える母乳育児を、痛いイメージで終わらせたくありませんよね。

予防法と対処法をしっかり実践して、乳腺炎を繰り返すことなく楽しい母乳育児ライフを送っていきましょうね♪

 

スポンサーリンク

 

【乳腺炎に関する記事まとめ】

【実録】乳腺炎でしこりがとれない!できやすい場所や対処法を紹介

はぁ~乳腺炎で発熱。熱はいつまで?しこりを取る方法など徹底紹介!

実体験!熱を伴う乳腺炎はどれくらいで治る?対処法と病院へ行くべき症状

 

 

 

 

応援よろしくお願いします↓


人気ブログランキングへ