配偶者控除引上げ”150万の壁”はいつから!?社会保険や所得税のお得の真実。

b8d2c173be45c32afb157e654f42e872_s

パート主婦にとって一大事なニュースが入ってきました。

現在パート主婦の働き方を左右している『103万の壁』が、2018年1月から『150万の壁』へ引上げになることが決定しました!

夫の税額控除(配偶者控除)が満額受けられる上限が103万円から150万円へ引上げられます

 

これまで1年間の年収が103万以内に収まるように働いてきたパート主婦の私ですが、これが47万円アップして150万円以内でいいとなると、結構大きなメリットのように聞こえますよね!

でも、この『150万の壁』、しっかり理解していないと逆に損をする可能性があります!

103万円から150万円への上限引き上げは、パート主婦にとって本当にお得なのか?

2018年はあっという間に訪れます。

とことん調べましたので、パート主婦にとって一番お得な働き方を一緒に考えていきましょうー!

 

スポンサーリンク

 

「配偶者控除の上限を103万から150万へ引上げ」ってどういう事?何が変わるの?

配偶者控除は、専業主婦や年収が103万円以内のパート主婦を持つ夫が受けられる、税金の軽減制度です。

「養っている(扶養している)家族がいれば、税金を安くしてあげるよ」というシステムですね。

この配偶者控除によって、所得税と住民税の金額を安くすることが出来ます。

満額で所得税38万円、住民税33万円の控除を受けられるので、家計にはとても助かる、結構大きな国の恩恵なんです。

150万の壁になることによって、控除の対象となる夫婦と子供2人のパート世帯では、夫(世帯主)の年収が約500万円であれば、所得税と住民税合わせて年52,000円程度の減税になるようです。

 

現在では、妻の年収が103万以内でないと配偶者控除が満額受けられないので、1年間のパート収入を103万以内に抑える主婦がとっても多いんですね。

いわゆる『103万の壁』です。私もこの壁を気にしながら働いている1人です(;´∀`)

 

ですが、2018年1月からは、配偶者控除が満額受けられる上限を「103万円」から「150万円」へ引上げることが決定したのです!

年収150万円というと、月々12万5千円です。

月収を約10万円以内に収めていたのが、月12万5千円まで働いても今まで通りの配偶者控除が受けられるなら、家計も大助かりで、尚且つ働く時間を増やす主婦は増加するでしょう。

実際、この改正での国の狙いは、『働く女性を増やす』ことです。

でも、本当にパート主婦にとってメリットが大きいのでしょうか?

 

ちょっと待った!「150万の壁」で生じるメリット・デメリットの真実

一見すると、今回の改正案はパート主婦にとってはとてもお得な状況のように思えます。

でもちょっと待ってください!本当にお得になるには、まだ2つの壁が残されているのです。

 

パート主婦
やったー!2018年からは、年収150万以内までバリバリ働くぞ!

なんて気軽に思っていると、痛い目を見るかもしれません。

自分にとって本当にお得なのか?これを読んでじっくり考えていきましょう!

 

1.年収130万円を超えると、「社会保険料」が発生する

確かに、配偶者控除によって年収150万円以下までは所得税と住民税は安く抑える事が出来ます。

ですが、問題は「年収130万円を超えると社会保険料が発生する」という事です。

大企業に勤めていて一定の条件を満たす方は、年収130万円ではなく「年収106万円」を超えると社会保険料が発生します。詳しくはコチラの記事でまとめています↓

パート女性は注意!106万円の壁の意味は?交通費・時間等条件を確認しよう

 

我が家の場合で考えてみますね!

夫の年収500万円以内、私がパートで年収150万円ギリギリで働いた場合、

  • 配偶者控除での所得税・住民税の軽減額:約5万円
  • 年間の社会保険料負担額:約21万円
収入プラス 収入マイナス
配偶者控除 約5万円
社会保険料 約21万円

※社会保険料はこちらからどなたでも試算できます☆

え!?赤字ですよ!?

配偶者控除で約5万円税金が安くなっても、社会保険料を年間21万円も払う事になるので大赤字です。

得をするどころか大損ですよ汗。

結局、「150万の壁」よりもその前にそびえ立つ「130万の壁」の方が高かったってことですね。

 

2.夫会社の配偶者手当(扶養手当)がなくなる

年収150円以内で働くと、夫の会社から支給されている配偶者手当(扶養手当)がなくなる家庭も多いのではないでしょうか。

我が家の夫の会社でも月13,000円の配偶者手当を頂いていますが、年収130万円を超えるともらえなくなります。

この配偶者手当がなくなると、年間15万6千円の収入減です。

♦年収150万円で働いた場合の家計(年間:我が家の場合)

収入プラス 収入マイナス
配偶者控除 約5万円
社会保険料 約21万円
配偶者手当 約15万6千円

はい。さらに赤字は増えちゃいました(´;ω;`)

夫の会社では配偶者手当は年収130万円以内まで頂けますが、ほとんどの企業が103万円以内に設定しているようです。一度チェックしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

3.高所得家庭は有無を言わさず適用除外

実は今回の法案には、夫(世帯主)の年収制限があります。

世帯主の年収が1,120万円を超える家庭は、控除額を段階的に減らされてしまうのです。

年収が1,220万円を超えると控除額は0円になります。

現段階の配偶者控除は所得制限はありませんが、今回の改正で減税になるどころか増税になる家庭も多いようです。

年収150万円以下に働く パート主婦がいる家庭のうち、約300万世帯が減税になる一方で約100万世帯が増税になるようです。
「自分もパート主婦なのに何で増税になるわけ?」と不満を持つ家庭も増えそうですね。

 

【結論】一番お得な働き方は「年収130万円以内」?

これまでの話から考えると、夫の扶養内で働きたいパート主婦にとって一番お得な働き方は「年収130万円以内」なのかもしれません。

我が家の場合で考えると、年収130万円まで働いても配偶者控除が受けられ、配偶者手当も支給され、社会保険料も発生しません。

配偶者控除 社会保険料 配偶者手当
年収103万以内 負担なし
年収130万以内 負担なし
年収150万以内 負担あり ×

※大企業で働くパート主婦は年収130万のラインが年収106万になります。

 

我が家と同じような状況の家庭はたくさんありそうですね(*^^*)

今回の配偶者控除の上限引き上げは「一部のパート家庭にしかメリットがない」「結局130万円の壁が高すぎて効果が見込まれない」という意見が多いようですが、本当にその通りだと思います。

 

損をせずに収入をアップさせるにはいくら以上働けばいい?

私の場合は「年収130万以内」が一番今の家庭環境に合っていると感じましたが、もし130万を超えて働く場合、一体どれくらいの年収を稼げば損をせずに家計を潤す事が出来るのかを試算してみました。

 

我が家の場合、年収130万円を超えてマイナスになるのは、

  • 社会保険料:年間約21万円(月17,500円)
  • 配偶者手当:年間15万6千円(月13,000円)

の合計36万6千円です。

このマイナス分を取り戻すためには、それ以上の金額を稼がないといけません。

そうすると、

130万円+36万6千円=166万6千円

これを月に換算すると、毎月約13万9千円以上を稼がないとプラスにはなりません。

いえ違いますね。13万9千円だと130万円以内に抑えた場合とプラマイゼロになっちゃうので、実際は毎月15万円は稼ぎたいところです。

毎月15万円というと私が正社員として医療事務の仕事をしていた時と同じぐらいです。

130万円を超えて働くと決めたなら、正社員としてバリバリ働くのが一番得策なのかもしれません。

 

そうはいっても、私には扶養を抜けて働く勇気がないのです。

正直なところ、乳幼児2人を育てながら扶養を抜けて働く勇気が私にはありません。

同じ状況でバリバリ働くママさんは本当にすごい!尊敬します。

 

子供との時間をこれ以上減らしたくない。

毎日残業で遅く帰ってくる夫は、育児の協力は見込めない。

遅くまで働いて帰って来て、家事育児をこなす自信がない。

と、不安ばかりこぼれてしまいます。

 

私と同じ考えを持つママさんは多いのではないでしょうか。

扶養を抜けて働くハードルを考えると、現在のまま103万や130万の壁を越えずに働き続ける選択肢をとる女性は多いと思います。

実際に専門家の方も、約5割の女性が「働き方は変わらないだろう」と予想しています。

労働者不足が深刻化する中で女性の社会進出はとても大事だとは思いますが、今回の改正でいい結果にはつながりにくいのではないかなぁと思います。

 

まとめ

一見するとパート主婦には大きなメリットがあるように見えますが、実際はデメリットもなかなか大きかったですね。

「何も考えずに年収150万円まで働いて、結果大損してしまった(泣)」なんて事になる前にしっかり調べておいてよかったです。

無知ってホントに怖い・・・

今回色々と調べてみましたが、、私は2018年以降も「年収130万以内で働く道」を選ぼうと思います。

あなたも損をしちゃダメです!自分が一番得をする働き方を見つけて下さいね(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

年金の支給額が不安な主婦には『個人型確定拠出年金』が絶対おすすめ!

2016.06.24

パート女性は注意!106万円の壁の意味は?交通費・時間等条件を確認しよう

2016.06.17

毎月の貯金額の相場割合は?4人家族の我が家で考えて辛くなった。

2016.04.26

 

2 件のコメント

  • 記事拝見させていただきました。
    このような法案を作る前に女性に優しい環境作りを、と言われていることはもっともだと思います。
    ただこの制度は半世紀以上前に作られたもので、今の時代背景とは異なり、先を見据えた改正の第一歩のものになります。
    突然、配偶者という控除制度をなくすよりかは段階的に変えていこうという表れです。
    働く女性に優しい環境作り、言うのは簡単ですが、変えるのは大変です。
    ご理解のほどを宜しくお願いします。

    • momoko より:

      T.N 様

      コメント頂きありがとうございます。
      そうですよね。
      配偶者控除の突然の廃止で戸惑う国民の事を考えての政策なのだと思います。
      頭では分かっているのですが、子供を育てる主婦として、今の家計や働き方を考えての素直な思いを書きました。
      ただの子育て主婦の一意見だと思って頂けたら幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です