赤ちゃんもOK!ゴキブリ・ダニ駆除に有効なバルサン霧タイプを決行!アイツに二度と会わない為の徹底的作戦とは!?

ゴキブリ駆除アイキャッチ画像

暖かくなってきたこの時期から少しずつ活動を開始するアイツ・・・・

そう!『G・O・K・I・B・U・R・I』のヤローですよ!!!(以下、”アイツ”と呼びます)

今年は、アイツが我が家へ侵入してくることは決して許しません。

私はこの先、にっくきアイツと会わずに済む徹底的な方法を毎年実践することに固く決意しました。

そして!昨日、『アイツ撲滅大作戦』の第一関門を無事突破しました。

今日は、私がここまで固く決意した理由、私が夜なべして考えた(ウソ)『アイツ撲滅大作戦』の内容を公開したいと思います!

私と同様にアイツが大っ嫌い!という方、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

我が家が『アイツ撲滅大作戦』を決行する決意をした理由

夜景

あれはそう、忘れもしないあの夜。

アイツは、去年新築2年目にして、突然我が家へ侵入してきやがりました。

深夜12時頃、旦那と「そろそろ寝ようか~」なんて話していて、お茶を一杯飲もうと台所に行くと、流し台付近に我が物顔で(顔は勝手な想像)くつろいでいやがったんですよ!

「ギャー!!早く取ってー!!!」

と私は旦那に鬼の形相で言いました。

しかし最悪な事に、

うちの旦那、虫嫌いなんです・・・

まさか新築2年目でアイツに遭遇するとは思っておらず、アイツ退治用殺虫スプレーもどこかにしまっていたので、とりあえず私が殺虫スプレーを探している間に、旦那にアイツが逃げないように見張っておくように指示しました。

そして、私が必死で引き出しをこじ開けて探していた時、旦那のバカみたいな悲鳴が聞こえてきました。

「ギャー!!アイツがこっちに向かってくるー!!!」

「は?」と思い、旦那を見ると、その場から逃げていて、アイツを見失ってしまいました。

「バカじゃないの!?ちゃんと見ててって言ったじゃん!!」

と言うと、

「だって、アイツがこっちに向かって走ってきたから・・・怖かったんだもん。グスン」

いやいやグスンって。。可愛くないわ!むしろ30歳になるおっさん気持ち悪いから!

という感じですが、逃がしてしまったものはしょうがありません。

1時間ほどアイツがまた出てくるのを待ちましたが、姿を現さなかったので、「アイツがいきなり出てきたらどうしよう・・・」という不安でガクガクブルブルしながらしょうがなく眠りにつきました。

それからアイツに怯えた生活を3日程続け、ついに4日目の夜、とうとう現れました。

え?どこから出てきたかって?

 

たった今洗濯を済ませたばかりの洗濯機の中

 

からですー!!!(泣)

洗濯の終了音が鳴り、洗濯物を取り出している時に、服の間からくたばったアイツが出てきたんです。。。

もうね、、、涙を流して「ギャー!」と叫びながら1枚1枚濡れた服をバサバサ振って、アイツの残骸を探した恐怖は一生忘れません。

なんで普通に出てこないのよ。。

私は、わざわざ何倍もプラスして恐怖を植え付ける出現をしてきたアイツを、一生許しません。

この時、「もう二度とアイツと会わない」という決意をしました。

私をここまで強く決意させた理由、それは

  1. アイツに倍増の恐怖を植え付けられた
  2. 旦那が使えない。我が家に退治できる人が1人もいない

という事です。

そして私は、『アイツ撲滅大作戦』の第一を昨日、決行するに至りました!

 

スポンサーリンク

 

『アイツ撲滅大作戦』の第一の決行!

戦車

すみません。前置きがえらい長くなりましたが、ここからが本番です。ぜひお付き合い下さい。

今回の第一作戦には、『バルサン プロEX ノンスモーク霧タイプ』を使用しました。

バルサン霧タイプ★momoko

6~10畳用を3つ用意して、今我が家全体に潜んでいるアイツらを全て撲滅する作戦です。

平屋なので、3つあれば十分でしょう。

我が家には3歳の幼児と9ヶ月の赤ちゃんがいるので、煙ではなく霧タイプを選びました。

ちなみに、バルサンを発売しているLIONは「どのタイプでも乳児や子供への影響はない」と言っています。

どのくん煙剤も哺乳動物には安全性が高い製品ですので、安心してご使用頂けます。

用法容量を守ってご使用頂き、30分以上換気をすると成分はほとんどなくなります。

ご使用後は掃除機をかけ、小さなお子様が口に入れる可能性のあるものは乾拭きしてください。

と、薬局に置いてあったバルサンの広告に書いてありました。

我が家は念のため、煙タイプではなく霧タイプのほうが安心な気がしたので、こちらを選びました。

 

決行前の準備

午前中から開始しましたが、作戦決行前の準備がなかなか大変でした。

  1. 火災報知機を外す(霧タイプは火災報知器には反応しないと書いてますが、念のため)
  2. 布団を外へ干す
  3. 霧がかかったらダメなものを、新聞紙や袋で覆う。

事前に、大き目の袋を用意しておきました。

バルサンの霧は上へ向けて噴射されて、上から降ってくる形になるので、全て覆わなくても大丈夫だそうです。

バルサン使用時★momoko バルサン使用時★momoko

電化製品類や、テーブル、ソファなどにも、新聞紙を被せておきました。

念のため、ウォークインクローゼットの洋服たちも。

バルサン使用時★momoko

初回だけ食器棚も開けようと思い、食器類は新しく買っておいた衣装ケースの中に全て移動しておきました。

バルサン使用時★momoko バルサン使用時★momoko

子供のおもちゃも、全てフタ付のおもちゃ箱へ収納しました。

収納できない大きいおもちゃは、車の中へ避難させておきました。

あと、我が家には24時間換気システムがあるんですが、せっかくまき散らした薬剤を吸い取ってしまわないように、念のため停止しておきました。

 

いざ、決行!

前準備を1時間かけてバッチリ行い、バルサンを3か所にセットして、即座に家を出ました。

部屋を閉め切る時間は1時間以上あれば大丈夫なので、その間お昼ご飯を食べに行ったり、買い物をして時間をつぶしました。

帰ってきて、まずは旦那に部屋の窓を全て開けに入ってもらいました。

換気は30分以上必要なので、その間車の中で待ち、30分経ったらまずは私だけ家の中に入り、部屋中掃除機をかけました。

どこかにアイツが倒れていないかかなりビビりながらでしたが、家の中にはアイツはいませんでした。

きっと全員外へ逃げたのでしょう。チッ、すばしっこい奴め。

掃除機をかけ終わってから、旦那と子供達も家の中へ。

息子は床でコロコロ遊ぶので、旦那におんぶしてもらい、床をぞうきんで乾拭きしました。

そして、被せていた袋や新聞紙を取ったり、食器を直したりして、後始末に2時間は軽くかかりました。

朝10時から初めて、結局全て終わったのは17時頃で、もうクタクタになりました~。

とりあえず、アイツとは遭遇せずに作戦は終了したので、ひとまず安心です。

 

バルサンは、2回しないとダメ!

注目

1回バルサンをすれば大丈夫だろうと思っていましたが、実はバルサンは2回しないと完璧な効果は得られないんだそうです。

1回目のバルサンで、

  1. 今家の中にいるアイツらを外へ追い出す
  2. 逃げ切れなかった落ちこぼれを、家の中で殺す

という効果が得られますが、実は、この時点でまだ卵だったアイツまでは殺せないんです。

また、アイツは死ぬ間際に卵を産み落とすというなんとも迷惑な行為を行います。

バルサンの持続期間は2週間程度の為、2~3週間後にこの時卵だったアイツがふ化をしてしまいます。

それを防ぐために、1回目の決行から2~3週間後に再度バルサンをする必要があります。

ほんとに奴らはしぶといですね!

 

ということで、第2弾グッズを購入しに薬局へ!

旅

2回目のバルサン作戦のために、色々と調達してきました!

ゴキブリ退治グッズ★momoko
  1. バルサン プロEX ノンスモーク霧タイプ 6~10畳用×3
  2. ブラックキャップ大容量18個入
  3. バルサンまちぶせスプレー

①は1回目と同様です。

②のブラックキャップは、バルサンが終わった後に置こうと思います。

バルサンの持続期間は2~3週間なので、その後は外からまたアイツが侵入してくる可能性があるので、その為の罠です。

③のバルサンまちぶせスプレーは、初めは買う気がなかったんですが、店員さんに勧められました。

店員
バルサンと合わせて、このまちぶせスプレーをアイツが侵入してきそうな箇所に噴射しておけば、作戦はもうカンペキですよ!外からアイツが入ってくる心配もいりません!とってもおススメです。

と力説され、”カンペキ”という言葉に胸を動かされ、購入に至りました。

アイツは胸の部分に薬剤がつくと一番効果があるらしいので、このスプレーを玄関ドアや窓付近にスプレーしまくりたいと思います。

1か月間持続するみたいなので、しっかり元は取れそうです★

 

まとめ

チェック
  • バルサン2回
  • ブラックキャップ18個設置
  • まちぶせスプレー大量噴射

これだけやれば、今年アイツに会う事はきっとないでしょう。

私はこれから毎年必ずこの作戦を決行し、アイツとは永遠のお別れの人生を歩んで行きたいと思います。

旦那は

旦那
え~そこまでする必要ないでしょ。細かいな~

とか文句言ってましたが、

「あなたが退治できないんだからしょうがないじゃないの!じゃあアイツが出たら、退治してくれるわけ?」

と言うと、何も言い返してきませんでした。フンッ。

ここまでして、この夏アイツに遭遇してしまったら、私はきっと悔し涙を流すでしょう。

その時は、このブログでまた思いをぶちまけたいと思います。

絶対絶対絶対、我が家にはやって来ませんよーに!!!

 

スポンサーリンク

 

 


にほんブログ村