フォローアップミルクの正しい使い方!そもそも必要?その効果は?

フォローアップミルクアイキャッチ画像

息子が9ヶ月迎え、離乳食が3回食になり、いよいよ大詰めを迎えたな~という気がします。

現在は朝食後と寝る前は母乳、昼食と16時と夕食後はミルクを100mlあげています。

そろそろ新しいミルク買いに行かないとな~と思った時にふと

「そういえば、9ヶ月からフォローアップミルクに替えてもいいんじゃないの?そっちのが安いし!」

と思ったのですが、使い方がいまいち分からず・・・

そこで、フォローアップミルクの正しい使い方、赤ちゃんの成長にどんな役割があるのか、調べてまとめてみましたー!

 

スポンサーリンク

 

フォローアップミルクとは

赤ちゃん

フォローアップミルクは、生後9ヶ月から飲ませることができる粉ミルクの一種です。

生後9ヶ月から3歳ぐらいまで飲ませることが出来ます。

最初は母乳やミルクからのみ栄養をもらっていた赤ちゃんですが、離乳食が進むことによって食べ物からも栄養をもらう事ができるようになります。

しかし、離乳食だけではまだ十分な栄養を摂ることが難しい赤ちゃんの為に、離乳食では補いきれない栄養を補給しよう!と開発されたのが、フォローアップミルクです。

 

育児用ミルクとの違いは?

ミルク

産まれた直後から飲ませることが出来る育児用ミルクは、「完全栄養食品」と言われていて、それだけで成長に必要な栄養素を摂取することが出来ます。

一方フォローアップミルクは、あくまで”栄養補給の補助的な役割”を担うもので、離乳食からは摂りきれない鉄分やカルシウムを補ってくれます。

生後9ヶ月になったからといって、離乳食をしっかり食べれていないのにフォローアップミルクに切り替えると、栄養が不足して成長の妨げになってしまうので、注意が必要です。

あくまで『生後9ヶ月以降で離乳食が3回食に進み、しっかり量が食べられている』という事を目安にして下さい。

 

スポンサーリンク

 

フォローアップミルクってそもそも必要なの?

赤ちゃんおしり

生後0ヶ月から飲ませることが出来る育児用ミルクや母乳で育てているママは、「生後9か月になったり、離乳食が3回しっかり食べられるようになったら、フォローアップミルクに切り替えたほうがいいの?」と疑問に思っているママもいると思います。

ズバリその答えは

フォローアップミルクは絶対飲ませなくてはいけないものではない

んです!!

わざわざフォローアップミルクへ切り替える必要はなく、育児用ミルクや母乳を飲ませ続けても何の問題もないです!

 

フォローアップミルクは『牛乳の代わりに飲ませるもの』と考えて下さい。

今は牛乳は1歳以降から飲ませるように指導されていますが、昔は離乳食がしっかり食べられるようになったら、1歳未満でも牛乳を与えていました。

牛乳は安価で手軽に栄養が摂れますが、赤ちゃんにとってはたんぱく質が多すぎる為、胃腸に負担をかけたり、アレルギーの原因になる恐れがあります。

その為、フォローアップミルクは、赤ちゃんへの負担を和らげるために、牛乳よりもたんぱく質の量を減らし、その分牛乳に不足しがちな鉄分・ビタミン・ミネラルを多く含むように作られています。

なので、1番赤ちゃんの成長にとって望ましい使い方は、

離乳食が3回食に進み、量もしっかり食べられるようになったら、フォローアップミルクを併用して飲ませ、1日に必要な栄養素をバランスよく摂る

ということでしょう。

そして1歳を過ぎたら、少しずつフォローアップミルクから牛乳へ切り替えるといいと思います。

 

離乳食を食べ過ぎる我が子の場合はどうなの?

逆に私はふと思いました。

うちの子は、離乳食を食べ過ぎるぐらい食べます。

いつも食べ終わった後、まだ食べたい!と大号泣するのをなだめるのが大変なぐらいです。

たぶん、離乳食だけで栄養が十分摂れてるから、もしかしてミルクも母乳ももう必要ないんじゃないの?と思ったので、調べて見ました!

すると、生後10ヶ月を過ぎたら、徐々に断乳へ移行してもいいみたいですねー。

でも、実際に断乳した人の意見を見ると、少し赤ちゃんの体重が減ってしまったという人もいるみたいなので、断乳をしても、おやつで栄養を補うなどの補充は必要ですね。

体重が減ってしまうのは心配なので、やっぱりうちは1歳を過ぎるまではフォローアップミルクを飲ませていきたいと思います。

 

まとめ

まとめ
  • フォローアップミルクは絶対に飲ませなくてはいけないものではない
  • 離乳食が3回食になり、しっかり食べれている場合に利用する
  • 牛乳の代わりとして、あくまで離乳食では摂りきれない栄養を補うものとして考える

ということが分かりました!

赤ちゃんの成長に合わせて、上手に利用していきたいですね。

 

スポンサーリンク

 

 


にほんブログ村