映画「昼顔」評価感想。衝撃的結末に心が苦しすぎました。。。

昼顔

最近残業や飲み会で家にあまりいなかった夫が

ずっと家や子供達のこと任せっきりにしてたから、たまには1人でお出かけしておいで

と言ってくれたので、遅らばせながら気になっていた映画『昼顔』を観に行ってきましたー☆

ドラマから3年ぶりに2人のラブラブな姿が観られることを楽しみに行きましたが、予想を大きく裏切られる結果に・・・(´;ω;`)

今日は、映画『昼顔』の評価レビュー&正直な感想をたっぷり書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

映画『昼顔』簡単なあらすじ

泥沼W不倫の末、「もう二度と会わない」と合意書を交わした3年後から物語は始まります。

 

夫とは別れた紗和(上戸彩)は、自分の過去を誰も知らない海辺の町で慎ましく暮らしていた。

レストランで見習いバイトをしながらアパートを往復するだけの毎日に、北野(斎藤工)の夢を見る事さえも無くなっていた。

 

一方、妻とは別れなかった北野は、上辺だけはいい夫婦関係を繕っていたが、心には大きな穴が開いていた。

ある日、大学の非常勤講師をしている北野が、紗和の住む町で蛍の講演をすることになる。

講演のチラシを見た紗和は、いけないこととは分かっていながら気持ちが抑えられず、北野の講演をこっそり見に行くことに。

講演中、北野が客席に目を向けた時に紗和と目が合い、二人は運命の再会を果たす。

3年前に交わした愛が忘れられず、2人はまた逢瀬を重ねていく。

しかし、北野の異変に即座に気付き、待ち伏せしていた妻・乃里子に見つかってしまう・・・。

 

スポンサーリンク

 

momokoなりの正直な感想・評価レビュー

出来る限り大きなネタバレがないように書いていますが、多少のネタバレ含みます。これから観に行かれる方はご注意ください。

ドラマ版「昼顔」は全て見ていました。

↑ドラマダイジェスト+映画予告版です。

 

ドラマの最後ではお互い愛し合っているのに法律によって引き離された形だったので、映画ではまたラブラブな笑顔の2人が見られると期待して観に行きました。

 

映画を観終わった率直な感想は、

うーん。なんでこうなっちゃうんだろう。悲しすぎるよ。。。。

という感じ。

もちろん悲しい結末になるかも?と予想はしていましたが、それをはるかに上回る衝撃的な内容で、口がポカーンと開いてしまいました;

映画を観た翌日の今日も、まだモヤモヤ苦しいです。

ラストで少しだけ救われましたが「ここまで悲しい結末にしなくてもいいのに」と正直不満を感じました。

 

やっぱり悪い事は出来ないのでしょうか。多くの人を傷つけた不倫の行く末はこんなものなのでしょうか。

こんなラストは、ほとんどの視聴者が期待していなかったのではないかなぁと思います。

とっても悲しすぎて悲しすぎて、2回目は見られないと思います。

 

上戸彩さんが映画の舞台挨拶で

不倫というテーマついて毎日考えさせられた。

紗和を演じていて本当に辛かったので、もうこれが本当に最後にしたい。

と号泣しながら話されていた理由が分かりました。

映画を観ている視聴者の立場でもこんなに胸が苦しいのに、紗和を演じた上戸彩さんの覚悟、辛い気持ちは計り知れないものだったのではないでしょうか。

 

また、ドラマでも迫真の演技を魅せていた妻・乃里子役の伊藤歩さんの怪演ぶりがスゴかったです!

最後の最後まで、怖い妻を演じ切っていました。

最後に紗和に放った一言はゾッとしましたね。

 

北野先生はドラマだけではなく、映画の中でも紗和に「好き」という一言を言いませんでした。

その理由は

「好きが嘘にならないように」

だそうです。

 

そこには、「まだ妻と別れられていない自分が言う立場じゃない。こんな今の自分が、この言葉を軽く使ってはいけない。紗和を本当に幸せに出来る時が来たら言おう。」という、紗和への深い愛がありました。

これは、映画の物語までの3年間の北野先生の思いが書かれている「昼顔サイドストーリー」に書かれていました。

こちらの記事に詳しく書かれていましたので、ぜひ合わせて読んでみて下さい  icon-chevron-circle-right 昼顔サイドストーリーのネタバレと感想。北野の想いがここに

 

今回、自分のマンネリ化している夫婦関係に刺激が出ればなぁという思いも込めて映画を観に行きましたが、ただただ辛くて女性ホルモンは1mmも出ませんでした;

「2人の幸せそうな姿が3年ぶりに見られる!」と期待して観に行くと大きく裏切られてしまいますので要注意です!

 

なんだか、「多くの人を傷つけてしまう不倫の行く末はこうあるべき」という世間体を気にしてこういう結末になったのではないかなぁと思います。

 

上戸彩さんは舞台挨拶で

多くの人に愛されたい映画ではないかもしれないけど、心に響く映画になってくれたらいいなと思います。

と話していました。

 

とても辛い物語でしたが、終始惹き込まれる素晴らしい映画だったと思います。

映画を観た翌日までモヤモヤと考えさせられた映画は初めてです(^-^;

 

紗和と北野先生、2人の行く末を見たい方は、心して映画を観て下さいね。

 

スポンサーリンク