旦那と一緒にいたくない。そんなイライラの原因はあるホルモンのせい!

熊

結婚をしてから娘を出産するまではそれなりにラブラブだった私たち。

外にお出かけをしたら手をつなぎ、毎日一緒にいたいな~と思っていました。

 

しかし!

出産してから私の気持ちに大きな変化が起きました。

それは

「旦那のちょっとした行動がいちいちイライラする。一人の方が楽。」

と思うようになってしまったのです。

 

私は変わってしまった自分を責めました。

 

ですが、1月31日にNHKで放送された「ママたちが非常事態!?~最新科学で迫るニッポンの子育て~」を見て、この現象はあるホルモンのせいで、出産したママたち誰もが起こることなのだと知りました。

 

そのホルモンとは何か、この現象はなぜ起こるのかをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

そのホルモンの正体は?

考える

「旦那にイライラする。愛情が冷めたような気がする。」という感情を引き起こしてしまうのは

オキシトシン

と呼ばれるホルモンが原因です。

 

実はこのホルモン、ママが出産で痛みに耐えている時から分泌が始まります。

 

そして、我が子へ授乳をしている時我が子と触れ合っている時に、大量に分泌される仕組みになっているのです。

 

オキシトシンが及ぼす影響

このオキシトシンが分泌されることによって起こると言われている現象が2つあります。

我が子や旦那に対する愛情が深まる

これはとても良い事ですね。

問題はもう1つの現象です。

 

他人への攻撃性が強まる

我が子を守ろうとする気持ちが強く働き、他人へ攻撃的な行動をとってしまう傾向があります。

これが問題の、旦那へ対するイライラの原因となってしまうのです。

 

番組ではこの攻撃性を立証するため、ある検証を行いました。

実験

まず2人の母親に協力してもらい、そのうち1人の母親には検証前に子供に授乳をしてもらいます。

そして母親を1人ずつ順番に仕掛け人の女性と2人きりにさせます。

仕掛け人の女性はわざと母親に対して失礼な態度を取り、母親に仕掛け人の女性に対する不快感を植え付けておきます。

そのあと、仕掛け人の女性と母親にパソコンでゲームをしてもらいます。

相手に攻撃を与えて倒すというゲームです。

 

その結果、

授乳をしていない母親よりも、授乳をしたばかりでオキシトシンが多く分泌された母親の方が、仕掛け人の女性に対して多く攻撃を与え

ということが分かりました。

このように、授乳をした後や子供と深く触れ合っている最中に旦那に不可解な行動をとられると、強く不快感を感じイライラに繋がるのです。

 

産後のイライラに関してはこちらも参考にしてみて下さい↓

産後クライシスで離婚したいママへ伝えたい原因と対策とは

 

それでは、この攻撃性を抑えるにはどのような対策を取ればいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

攻撃性を抑える改善策は?

NHK

出典:NHK ONLINE

番組でママがいつどのようなシチュエーションの時にリラックスできているか調べたところ、以下の2つのシチュエーションの時にリラックス出来ていることが分かりました。

 

  • 子供へ授乳をしている最中
  • パパがママと子供の事について真剣に話をしている時

 

子供とママが体を密着させ、深く心を通わせられている瞬間がママがリラックスできるポイントのようです。

またパパがママの気持ちに寄り添い、真剣に育児に取り組む姿勢を見せている時も同様にリラックスできるようです。

 

専門家は

大事なポイントは「育児で常にストレスを抱えがちな妻の状況に、“寄り添い”の気持ちを示すこと」。物理的に子育てを分担することももちろん大切ですが、一人で頑張る母親たちのつらさを理解し、共感し、「よくがんばってるね」と認めてあげることが、オキシトシンの作用でイライラを感じやすいママたちの心を安らがせ、円満な夫婦関係にもつながると考えられるのです。  

引用:NHK ONLINE

と話されています。

これを考えると、父親の育児の参加は本当に必須だという事が分かります。

 

我が家で決めているルール

我が家では、パパに育児に積極的に参加してもらうために2つのルールを決めています。

 

お風呂は必ずパパに入れてもらう

パパが家にいる時は、必ず子供は2人ともパパに入れてもらうようにしています。

仕事で帰りが多少遅くなる時も、出来る限り待つようにしています。

 

・寝る配置は子供の間はパパ

寝る配置は【ママ・長女・パパ・長男】というように、パパには子供の間に入って寝てもらうようにしています。

 

どうしても父親は母親よりも子供と関わる時間が少ないです。

その時間を補うためにこの2つのルールを決めて、パパの子供と関わる時間を強制的に増やすことにしています。

その結果、子供もパパに良く懐いてくれています。

 

あとがき

私はこの番組をパパと一緒に観ました。

私のイライラの原因をパパにも知ってもらえて、理解してくれたようです。

イライラして冷たく接してしまうのはママ自身が悪いわけではなく、ホルモンの影響で誰もが起こりうることだということが分かりホッとしました。

子供は夫婦が協力し合い育てていくものです。

皆さんもこの番組で得た知識をパパに教えてあげてみて下さい。

きっと理解してくれるはずですよ♪

 

スポンサーリンク

夫との産後せックスが嫌・・・果たして我が家は再開できるのか!?

2016.04.14

産後クライシスで離婚したいママへ伝えたい原因と対策とは

2016.03.01

 

 

 

応援よろしくお願いします↓


人気ブログランキングへ