コストコは本当にお得か?会員費を払ってまで利用するメリットとは。

先日初めて母と姉と一緒にコストコに行ってきました。

平日なのに大盛況で圧倒されました!( ゚Д゚)

 

母は4,400円(税抜)の年会費を払って商品を1万円近く購入するほど気に入ったようですが、momokoは1つも買わずに帰りました。。

その理由は

コストコって本当にお得?節約になるの?

と疑問に思う事が多く、どうしても手が出なかったのです;

 

コストコは根強いファンが多く市場規模も大きいですが、上手に使いこなさなければあまりお得とは言えないと思います。。。

今日はmomokoがそう感じる理由を正直に書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

「商品が大きい=まとめ買い=安い」という錯覚

コストコはまず商品の大きさが一番の魅力ですよね。

確かに、商品の大きさには圧倒されました。

「この商品も箱買い出来るの!?」という物も多く、見ていてとても楽しかったです。

 

でも、箱買いするから値段が安いかというと話は別です。

momokoは買い物は全て1つの激安スーパーに絞っているのですが、1つの単価を計算してみると、いつも行く激安スーパーのほうが安い商品が多かったのです。

もちろん、まとめ買いをすると毎回買いに行く手間が省けるという点ではお得に感じます。

ですが、年会費4,400円(税抜)を払ってまで買うとなるとお得ではない気がしてなりません。

 

とはいえ、中には激安スーパーよりもお得に買える商品もありました。

そのような商品だけ厳選して買えばお得だと思います。

ですが、momokoのように愛用スーパーを1つに絞ってなくて商品の平均的な単価が分からない人にとっては、頭の中で本当に安いのかどうか計算しながら買い物をするのは難しいと思います。

まとめ買いはどのくらいお得なのかをイメージしにくいので、結果「一度にたくさん買えばお得かも?」という曖昧な判断で購入し、お金を使い過ぎる危険があると思います。

 

大量ストックで消費スピードが上がる可能性大

例えば、コストコ大人気商品のトイレットペーパー。

momokoが行った時も、多くのお客さんがカートにずっしりと積んでいました。

このトイレットペーパーの値段は本当に安いか計算してみたところ、ほとんど激安スーパーと変わらない価格でした。

「じゃあ買ってもいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、問題は収納です。

まず我が家の納戸には入りきりません;

さらに、30ロールもストックがあると「なかなか無くならないなぁ」と無駄にたくさん使ってしまう可能性もあります。

ストックが1つしかないと「大切に使おう」と節約志向になりますが、ストックがたくさんあるとそれだけ消費するスピードが上がり、無意識に節約とはかけ離れた行動をする危険があります。

無駄遣いを防ぐ為にも、ストックは1つだけにして、無くなったらその都度1つ買い足すほうが節約に繋がると思います。

それでもまとめ買いがいい!という方は、楽天やアマゾンなどのネットショッピングを利用するのも1つの方法です。

まとめ買いで安くなる商品もあり、家まで届けてくれるので手間もかかりません。

コストコのように年会費もかからずポイントも貯まるのでおすすめですよ☆

 

 

スポンサーリンク

 

食品の大量買いで、気付いたら太ってしまったという事態に!

コストコの定番人気食品といえば「ディナーロール」ですが、母が買ったのでいくつか分けてもらいました。

すごく美味しい!自然の味だけで勝負しているのですが、食べ出したら止まらなくなります♪

ですが1つ大きな盲点が。。。

36個も入っているのですが、消費期限が製造日から3日後までなのです。

36個のパンを4人家族で3日後までに食べきるのは、結構ハードルが高いです。

冷凍庫に保存する手もありますが、お弁当用の冷凍食品のストックもあるので、入れても10個以内です。

 

しかもこのディナーロール、出来立ての消費期限が長いものから売れていくので、下手したら買う時に消費期限が2日後のものしか残っていない事もあります(-_-;)

 

コストコの食品はほとんどが大きいですから、冷蔵庫や冷凍庫に保存するのが難しい場合、「今日までに食べてしまわなきゃ」と食べ過ぎに走り、結果太ってしまったという事態を招きかねません。

とっても美味しいのですが、一家庭で食べきるのは現実的に厳しいかもしれません。。。

 

家計簿の計算が狂う

毎月きちんと家計簿をつけている方にとっては、まとめ買いは難しいのが現状です。

今月の家計簿につけても赤字になってしまうし、「ひと月にどれくらい使うだろうからいくらずつ分けて書こう」と考えると頭が混乱してしまいます。

結果「家計簿はもういいや!」となって金銭感覚が狂ってしまう原因になりかねません。

 

普通のスーパーでは1,000円を超える商品を買うのに躊躇してしまうのに、コストコではためらいなく1,000円、2,000円の商品をポンポンとかごに入れてしまう方が多いです。

「適正な価格で適量を買う」ことが、正しい節約生活の送り方だと思います。

 

あとがき

コストコで大量の商品をかごに入れて1万円以上を平気で使う方がたくさんいる光景を見て「節約って何なんだろう…?」と考えさせられました。

momokoは貧乏性なので、まとまった大きなお金を使う勇気が出ないというのもありますが(;´∀`)

とはいえ、コストコでまとめ買いをするとお得な商品もあることは間違いないので

  1. 普段からよく購入する商品を選ぶ
  2. 保存や保管に困らない商品を選ぶ
  3. 年会費も合わせても本当にお得か?をよく考える
  4. 今自分に本当に必要な物か?を考える

を最低限クリアした商品を購入することが、コストコをお得に使いこなす方法ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク