【推奨】クレジットカード暗証番号の決め方&安全な管理の仕方。

48ee04d70aa1b4622cfc3a28bcc09500_s

あなたはクレジットカードの暗証番号をどうやって決めていますか?

同じ番号を複数のカードに使ったりしていませんか?

確かに同じ番号だと、覚えるのも簡単ですよねー。でも、それだけ危険度も増します。

今日は、クレジットカードの暗証番号を決める方法と、簡単安全な管理の仕方をご紹介したいと思います(*^^*)

この方法は、暗証番号だけではなくパスワードにも応用できるのでとっても便利ですよー♪

 

スポンサーリンク

 

他人に推測されやすい番号だと、盗難被害にあっても補償されない場合があります!

クレジットカードが盗難被害に遭った時、暗証番号が生年月日や電話番号など、他人に推測されやすい場合は損害補償が受けられないかもしれません!

他にもこんな時は補償の対象外になる可能性大です。

  1. クレジットカードの裏面に、本人がサインしていない場合
  2. 暗証番号を分かりやすくメモ(紙や携帯)に書き記していた場合
  3. 本人が他人に暗証番号を教えていた場合
  4. 本人が他人に通帳やキャッシュカードを預けた場合

クレジットカードの管理が甘すぎると、大きな損害を負う危険性があります!

自分に直接関連がある暗証番号をつけている人や、番号をメモにそのまま記している人は、これから一緒に見直していきましょう(*^^*)

 

これがおすすめ!暗証番号の決め方

まずは、自分が危険な暗証番号の決め方をしていないか確認してみましょう。

他人に推測されやすい暗証番号は

  • 「1234」「4321」といった、連続した数字
  • 「2580」「8520」といった、キーボートの配置の一列をなぞった数字
  • 「1111」「7777」といった、ゾロ目の数字
  • 「1000」「2000」といった、きりがいい数字
  • 「1212」「1313」といった2ケタの連続した数字
  • 「1987」「2001」など、誕生日や記念日の西暦
  • 自分と家族の誕生日
  • 自宅(実家も)の住所の番地
  • 自分の免許証番号
  • 自分が所有する車のナンバー

当てはまるものはなかったですか?

もし当てはまっていたら、今すぐ暗証番号を変更しましょう!

おすすめの決め方は”今の自分とは直接関係ないけど、覚えやすい数字”

ただやみくもに暗証番号を決めると、なかなか覚えられないですよね。

おすすめは、”今の自分とは直接関係ないけど、覚えやすい数字”です!

  • 学生時代の友達(今は関わりがない)の電話番号・番地
  • 受験番号・出席番号
  • 昔所有していた車のナンバー
  • 好きな会社の株式番号
  • 好きな歴史上の出来事の西暦
  • 忘れられない出来事があった日付
  • 過去に取得した資格の番号
  • 以前勤めていた会社の電話番号・番地
  • 過去に付き合っていた人との記念日

他には、自分の出生体重や出生時間などでもいいかもしれません(*^^*)忘れませんしね☆

それでも心配な人は、上記で決めた番号を逆さにしたり、自分で決めた好きな数字を足してみるといいですよ♪

昔所有していた車のナンバー「3562」に全て”3”を足す→「6892」で完成

※足して10以上の場合は「0」にしてもいいですね☆

これだけ候補があれば、カードが複数あっても暗証番号に悩む事はありませんよね(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

おすすめの暗証番号の管理の仕方☆独自ルールで手書きが一番!

頭の中で覚えられれば一番いいですが、番号が複数あるとそれもなかなか難しいですよね(;´・ω・)

私のおすすめは、「自分にしか分からない独自ルールで手書き管理」です!

ネット上ではアプリで管理する方法もおすすめされていますが、私は信用できません。

一番暗証番号の盗難被害に遭う可能性が高いパソコンに記録を残すなんて、怖くて出来ません…。(ロック機能などありますが、やっぱり気持ち的に不安)

とはいえ、手書きでも空き巣に入られる可能性もあります。

 

そこで、頭で覚えられる簡単な独自ルールを組み合わせてみましょう!

私が考えた方法は、「暗証番号に適当な長い数字を組み合わせて、何番目の数字の組み合わせが暗証番号なのかを覚えておく」方法です。

例えば暗証番号が「8427」で、組み合わせの番号を「2・9・7・4番目」とした場合、

3780476263

この文字列の2・9・7・4番目が暗証番号になるように書いておきます。

組み合わせの番号は、先程紹介した「出生体重」や「受験番号」「友達の番地」などにすると尚OKです!

組み合わせ番号という独自ルールは全てに応用(暗証番号とパスワード)出来るので、これさえしっかり覚えておけば、手書き保存でも安心です(*^^*)

パスワードの場合は数字だけではなく英字や記号も組み合わせて書くとさらに安全になりますよ♡(例:28h4kf@3f4t82s9)

 

手書きの場合の注意点!メモは必ず2枚用意しておく

手書きで暗証番号やパスワードを管理する場合、絶対に1枚コピーをとって2枚は保管しておくようにしましょう。

もちろん置き場所は別々にしてくださいね。

そうすることで、万が一2枚のうち1枚が紛失しても、すぐに暗証番号やパスワードを変更する事が出来ます!

「盗んだ相手に悪用される前に変更する」これが鉄則です。

あまりおすすめは出来ませんが、暗証番号を書いたメモを持ち歩く場合は、最小限の数(メモに書く暗証番号の数)にとどめておきましょう。リスク分散がとっても大切です(*^^*)

 

まとめ

今日紹介した「危険な暗証番号」の決め方をしている場合は、すぐに変更する事をおすすめします。

暗証番号やパスワードはたくさん種類がありすぎて覚えるのが大変ですが、独自ルールを決める事で手書きメモでも安心して管理できます。

自分にしか分からないルールで、しっかりリスク分散しながら管理していきましょう♪

 

楽天カードの悪い評判対応策2017!賢くお得にポイント獲得☆

2016.12.20

楽天カードポイントの付き方貯め方使い方!お得に効率よく利用する技☆

2016.12.16

 

スポンサーリンク