うつ伏せ嫌いな赤ちゃんはハイハイしない?原因と影響、対策を調べました!

赤ちゃんうつ伏せ

先日、息子の7か月健診に行ってきました!

いや~早いものでもう7か月。

ここまで大変だったけど、どんどん赤ちゃんから子供へ成長していくわが子にちょっぴり寂しさも感じますね。

順調にここまで大きくなってくれましたが、うちの息子、

寝返りもずりばいもハイハイも全くする気配がありません(笑)

寝返りをしないことはちょっと気になってはいましたが、成長具合は個人差があるのでそこまで深くは考えていませんでした。

ですが、健診で見事に引っかかってしまいました(汗)

息子が健診に引っかかった理由、保健師さんのアドバイスをシェアしたいと思いますー!

 

スポンサーリンク

 

健診に引っかかった理由

がっかり①

7か月検診では

  1. 身長体重・頭囲の測定
  2. 先生の診察
  3. 離乳食のお話
  4. 運動発達の確認

などがあったんですが、まさかまさかの運動発達の確認で引っかかってしまいました!(涙)

 

うちの子、7か月現在で体重が9.4㎏あるんですが、いまだに寝返りしません。。。

寝返りしないのは体が重いせいなのかな?と思っていたのであまり深刻には考えていませんでした。

 

4か月検診の時に寝返りしないことを伝えると

保健師さん
体重の重い赤ちゃんにはよくあることだよ。寝返りしないで先にお座りができるようになる場合もあるからそんなに心配しなくても大丈夫。

と言われていたので安心しきっていました。

 

なのに今回まだ寝返りしないことを伝えると

保健師さん
まだ寝返りしないの!?寝返りしてうつ伏せに慣れないと、ハイハイにつながらないから困るねぇ。寝返りの練習をさせて!

と言われてしまいました。

両手を床につけてハイハイせずにおしりでずりずり移動する赤ちゃんもいますよね?(私が赤ちゃんの時そうでした・・・)

と聞くと

保健師さん
確かにそういう赤ちゃんもいるけど、両手を床につけてハイハイする事は赤ちゃんの筋肉の発達にすごく効果的で大切なものだから、できるだけさせるように努力してね!

とのこと。

 

ですがうちの子、、、

うつ伏せ嫌いなんです!

まずはうつ伏せに慣れる練習からしないといけません。

 

ということで、うつ伏せ嫌いを治す対策やハイハイについて調べてみました!

 

うつ伏せ嫌いがもたらす影響とは?

うつぶせ

ハイハイをしない。遅れる

基本仰向けやお座りの状態で過ごす為、両手を床につける機会がなく上半身を支える筋肉が発達しないため、ハイハイの姿勢にはなれません。

 

手を開くことが遅れてしまう

仰向けの状態では手を握った状態でいることが多いので、手を開いて物をつかんだりする動作が遅れてしまいます。

 

転んだ時に怪我をしやすくなる

ハイハイをせずに歩き始めた子は、転んだ時にとっさに手が出なかったりします。

腕の筋肉も発達が遅いため、怪我をよくする子になってしまいます。

 

うつ伏せの練習方法

うつ伏せ

①お母さんが横になり、その上に赤ちゃんをうつ伏せで乗せる

この状態で赤ちゃんをあやすと、大好きなお母さんの顔が見えて赤ちゃんも安心します。

 

②赤ちゃんをうつ伏せの状態で平行に持ち上げて揺らして遊ばせる

飛行機のような感じでぶらぶらと揺らして遊ばせます。

 

③赤ちゃんをうつ伏せにさせて胸の下にタオルを入れてみる

少し目線が上になり、ハイハイの練習にもなります。

 

まずは1回2~3分を日に数回からチャレンジしてみて徐々に慣れさせましょう♪

 

スポンサーリンク

 

ハイハイはいつ頃から?

赤ちゃんおもちゃ

だいたい7~8か月頃から始める赤ちゃんが多いそうですが、運動機能の発達には個人差があるため、たとえこの時期にしなくても心配する必要はありません。

きちんとお座りができるようになると体を支えるバランス力が養われ、今までうつ伏せなどで養われてきた上半身の筋肉も合わさってハイハイにつながります。

とはいえ、大切なのは赤ちゃんの自発的な「動けるようになりたい!」という気持です。

その気持ちがなければ自発的な動きに繋がらないので、その気持ちを伸ばしてあげることが必要です。

赤ちゃんの気持ちや運動機能をサポートしつつ、赤ちゃん自身が行動に移すのをゆったりとした気持ちで待ちましょう。

 

ハイハイの練習方法

にこにこ

広いスペースを作ってあげる

赤ちゃんを柵の中に入れていたりお座りの補助グッズや歩行器に入れていたりすると、行動範囲が制限されて自発的な気持ちに繋がりません。

広いスペースを取って、動きたいという気持ちを起こさせましょう!

 

赤ちゃんの興味のあるおもちゃなどを少し離れた場所に置く

あのおもちゃ欲しい!という好奇心に繋がりますね♪

 

お母さんがお手本を見せる

赤ちゃんの横でお母さんがハイハイのお手本を見せてみましょう。

一緒にやってみようという気持ちが起きるかもしれません。

最初のうちは動きたいという気持ちが出てきてもなかなか足が動かせないと思うので、足を少し押してあげるなどサポートしてあげてもいいかもしれません。

 

あせらない気持ちが大切

豆知識

なによりもあせらずに赤ちゃんのペースに合わせて練習していくことが大切です。

練習してもハイハイをしない赤ちゃんもいるかもしれませんが、それも個性です。

うちの子もハイハイするようになるのか分かりません(笑)が、ゆったりとした気持ちで赤ちゃんの気持ちを大切にサポートしていけたらいいなと思います!

また結果はブログで報告したいと思います♪

 

追記(H28.5.24)

派閥

7ヶ月健診で引っかかってから、保健師さんに教わった方法でうつ伏せの練習を続けました。

すると、生後8ヶ月半で、見事に寝返りをマスター!(泣)

その後、10ヶ月になってからやっとずりばいを始めました(笑)

びっくりするぐらい周りに比べると遅いペースですが、このままハイハイなしでつかまり立ちに進むんじゃないかと思っていたので安心しました!

保健師さんのアドバイスがなかったら、息子のずりばい姿は見れなかったかもしれません(笑)

このままずりばいからハイハイに進むかは分かりませんが、のんびり息子のペースに合わせて成長を見守っていきたいと思います♪

 

スポンサーリンク