赤ちゃんのおむつかぶれで皮膚科を受診。薬や予防策、原因を先生へ質問!

おむつかぶれアイキャッチ画像

10ヶ月の息子が約1ヶ月前に『手足口病』になってから、下痢や軟便が今もずっと続いています。。。

子供が保育園で手足口病に移る。。症状画像や対処法まとめました★

2016.04.30

小児科でもらった整腸剤を飲み続けていますが、効果なし。

最近では軟便が1日4~5回の頻度で出てます。

そのせいでひどいおむつかぶれになってしまい、小児科でもらった塗り薬では治らず、とうとう皮膚科を受診しました。

小児科の先生では教えてもらえなかった赤ちゃんの皮膚の話や、おむつかぶれの予防策を聞いてきたので、息子の場合に沿ってまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『おむつかぶれ』ってどんな症状?

赤ちゃんおしり

おむつかぶれは、

”おむつに触れている部分に起こる炎症”

の事です。

正式には「おむつ皮膚炎」と呼ぶそうです。

おむつかぶれの特徴は、おむつが当たっている部分だけが赤くなったり、ブツブツと湿疹が出来たり、ひどくなると真っ赤に腫れて出血する事もあります。

悪化すると痛みやかゆみを伴います。

息子の場合も、お風呂でおしりを洗う時やおむつを替えるたびに、のけぞって泣いて痛がります。

悲痛な泣き顔で「めちゃくちゃ痛いー!!」という息子の気持ちが伝わってくるので、おしりに触れるたびにこちらも辛いです(泣)

 

おむつかぶれの原因は?

質問

おむつかぶれの原因で考えられるものは

  1. おしっこ
  2. うんち
  3. 汗・蒸れ
  4. おむつによる擦れ
  5. カビ(カンジダ)

です。

赤ちゃんの肌はとてもデリケードで免疫力が低く、バリア機能も十分に備わっていません。

おしっこやうんちが出ているのが分かったら、こまめにおむつを替えてあげましょう。

また、サイズの合っていないおむつによって皮膚が擦れて炎症を起こす場合もあるので、おむつのサイズ確認もこまめにしましょう。

おむつのサイズアップの目安は、ウエストと足回りがきつすぎないか(おむつを脱がせた時にウエストと足回りに赤く跡がついていないか)をチェックするのがポイントです。

おむつかぶれの原因として挙げた①~④は一般的に考えられるものですが、⑤のカビが原因の「カンジダ」の場合は、通常のおむつかぶれの薬やステロイド剤では治らずそれ専用の薬が必要になるので、小児科などで事前にもらっている薬で治らない時は皮膚科を受診しましょう。

 

小児科で治らず、皮膚科を受診。

病院廊下

息子は初め、小児科で塗り薬を処方してもらっていました。

その塗り薬がコチラ。

リンデロンYGクリーム★momoko

『リンデロンVGクリーム』というステロイド薬です。

強い薬なので、朝と晩の1日2回のみ塗るように言われました。

「夜塗って寝て朝起きると結構治ってるけど、日中に軟便が4~5回出てまたひどくなる」という繰り返しで、一向に良くなる兆しがありませんでした。

よって、2日前に皮膚科を受診しました。

 

皮膚科ではまず、おむつかぶれを起こしている部分にテープを当てて繊維を採取。

悪い菌がいないかチェックしました。

息子の場合、カビなどの菌はなく、通常のおむつかぶれのようでした。

そして、まず先生に言われた一言。

先生
軟便が続いている事が引き金にはなっていますが、大きな原因の一つとして、息子さんは結構な乾燥肌のようです。これは遺伝なので、防ぎようがありません。

 

ショック。。。私の乾燥肌が息子に遺伝していました。。。

私は1年中いつでも水仕事の時はゴム手袋をしないと手荒れがめちゃくちゃひどいんですが、乾燥肌が娘にも息子にも遺伝してしまいました。子供たち、ごめんよ。。。(泣)

 

先生
子供の肌がきちんと完成するのは、10歳になった時と言われています。子供は10年という長い時間をかけて、大人と同等の皮膚の機能を作っていくんです。なので、息子さんがこれからずっと乾燥肌かどうかは、10歳になった時に分かります。もし10歳になっても乾燥肌のままだったら、これはもう一生治りません。

 

10年!?

そんなに長い時間をかけて、肌は作られていくんですね。。。

じゃあ私の場合は、10歳になっても乾燥肌が治らなかったということか(泣)一生乾燥肌と付き合って行くのか(泣)

 

と、自分の事にもショックを受けつつも、先生からはこの塗り薬を処方してもらいました。

パルデス軟膏★momoko

『パルデス軟膏』という塗り薬で、こちらもステロイド薬です。

1日朝晩の2回塗ります。

ちなみに小児科では『リンデロンVGクリーム』を処方してもらいましたが、ここで驚きの事実が。。。

先生
僕はクリームはおススメしません。軟膏の方がおむつかぶれには良いんです。クリーム系は、塗り過ぎると逆にカビなどの菌を発生させやすい状態を作ってしまうので、注意が必要なんです。

とのこと。

やっぱり肌のことは、専門の皮膚科で診てもらったほうが安心だと実感しました。

 

そして、おむつかぶれの予防としてコチラの塗り薬ももらいました。

亜鉛華軟膏★momoko 亜鉛華軟膏★momoko

『亜鉛華軟膏』という塗り薬で、赤みが消えてから1日3回おむつかぶれができそうな部分に塗ってあげると良いそうです。

息子のような乾燥肌の子はまたすぐにおむつかぶれになってしまうので、この薬を塗って悪い菌をはじいて侵入を防ぐという予防策が必要なんだそうです。

息子の場合、肛門周りと、股の皮膚が重なっている部分に出来やすいので、赤みが引いてから毎日塗ってあげようと思います。

 

スポンサーリンク

 

おむつかぶれの時のおむつ替えは、コイツが救世主!


リッチェル 赤ちゃんおしりシャワー

新生児の時からおむつかぶれに悩まされている息子の救世主です!

私が持っている容器はリニューアル前の物ですが、中にぬるま湯を入れてあげて、うんちなどの汚れを洗い流します。

おしりシャワー★momoko おしりシャワー★momoko

ちょうどいい量のお湯が出せて、汚れを浮かせてくれます。

お湯で洗い流した後はおしりふきでそっと拭いてあげるだけなので、皮膚を傷つけずに済みます。

まだ立てない赤ちゃんの時だと、お尻をシャワーで洗い流したり座浴をするのは大変なので、このおしりシャワーは本当に便利です。

値段もかなり安価なので、おススメです♪

 

保育園に通っていると、なかなか治らない

おもちゃ②

正直なところ、保育園に通っていることも、おむつかぶれが悪化した一つの原因だと思います。

土日は私が気を付けて、おしっこやうんちが出るたびにこまめにおむつを替えてあげられますが、保育園ではそうもいきません。

先生も忙しいですし、うんちをしたとしてもすぐには気づいてもらえないと思います。(息子はおむつがパンパンになっていても泣きません。)

なので週末におむつかぶれが改善しても、平日になるとまた悪化するという事が続きました。

保育園の先生からは、お迎えに行った時に

担任
おしりが赤くなっているみたいなので、薬を塗って気を付けてみてあげて下さい。

とか言われるんですが、「家ではちゃんとしてますよ!」とちょっとムッとしたり(笑)

なかなか治らないんですよね~。1日2回の塗り薬をちゃんと塗ってるんですけどね。

と、一応気を付けてはいますアピールだけはしておきました(笑)

何もしない母親だとは思われたくないですからね。

 

まとめ

まとめ

小児科では教えてもらえない専門的な話まで聞けたので、結果皮膚科に連れて行って本当に良かったです。

ついつい小児科で風邪薬をもらうついでにおむつかぶれの薬ももらおうと思うことが多いですが、やっぱり専門のお医者さんに診てもらうのが一番ですね。

息子は私に似て結構な乾燥肌だということも分かったので、これからはおむつかぶれの予防もしっかりしていきたいと思います!

子供のおむつかぶれに悩んでるママは、一度皮膚科を受診してみることをおススメします★

 

スポンサーリンク

子供の汗疹・おむつかぶれのケアと予防対策【すくすく子育て】

2016.07.14

子供のひじの裏の湿疹。病院でアトピー性皮膚炎と診断されました。

2016.03.31

子供の口周りに湿疹!?その正体は『接触性皮膚炎』かも!

2016.03.17

にほんブログ村