赤ちゃんの日焼けは治る?やるべき対策と適切な処置を学ぼう!

日焼けアイキャッチ画像

これからの季節、気になってくるのが『紫外線』ですよね。

赤ちゃんがいる家庭のママは、

赤ちゃんのデリケートな肌に紫外線があたるとどのような影響があるのか

やっぱり心配になりますよね。

うちの息子も7ヶ月になり、これから外で遊ばせる機会が増えてくるので、出来る限り紫外線対策はしたいものです。

日焼けを予防するにはどのような対策をとればいいのか、日焼けしてしまった後の適切な処置について調べてみました。

我が子が日焼けをしてヒリヒリ痛がることがないように、しっかり対策を学んでおきましょう!

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの肌は大人以上に紫外線に弱い

赤ちゃん笑い

赤ちゃんの肌は大人の半分程の薄さしかありません。

肌を守るメラニン色素も薄いため、外からの刺激に敏感です。

大人と同じ時間紫外線を浴びたら、皮膚の深くまで紫外線が行き届いてしまい、すぐに日焼けをしてしまいます。

大人以上のしっかりとした対策が必要です。

 

紫外線が強い時期・時間帯

時代

1年のうち4月頃からだんだんと強くなり、9月頃までが特に気を付けたい時期です。

時間帯は10時から14時までがもっとも紫外線が強いとされています。

普段であれば一番この時間帯が活発に活動すると思いますが、赤ちゃんのいるご家庭は朝早い時間帯や夕方頃に外出したほうが赤ちゃんにとってはいいかもしれません。

ちなみに室内にいても、日差しが当たる窓際で遊ばせることは避けたほうがいいです。

 

日焼けの予防法

救急箱

日焼け止めを使う

「赤ちゃんOK」の表示のあるものを使いましょう。

  • 日常生活で使う場合であれば、SPF10~20のもの
  • レジャーで使うなど紫外線が強い場所にお出かけする場合は、SPF20~30のもの

を使うなどして、その時の用途に合わせて使うといいでしょう。

薄くしっかり丁寧に塗ってあげることが大切です。

日焼け止めは皮膚科でもらう事も可能なので、肌が白く日焼けしやすい赤ちゃんは事前に皮膚科に言って相談してみるのもいいかもしれません。

 

帽子を被せる

特につばの広い帽子を被せるようにすると、6割程度の紫外線はカットできます。

 

長袖や長ズボンを着用する

赤ちゃんが嫌がらなければ、薄手のものを着用させましょう。

 

スポンサーリンク

 

日焼けをした場合の処置

病院

赤くなった部分を冷やす

冷たいタオルやシャワーで患部を冷やしてあげます。

氷などキンキンに冷たいもので冷やすのはNGです。

赤い程度であればこの方法で大丈夫ですが、水膨れになっている場合や痛くて泣き止まない場合などは皮膚科を受診して先生の指示を仰ぎましょう。

症状がひどい場合は発熱する可能性もありますので、赤ちゃんの体調の変化をよく観察しましょう。

我が子の日焼けが病院を受診する程度のものか判断するのは難しいですが、以下の症状があれば、迷わず受診してもらったほうが安心です。

  • 日焼け部分を痒がる
  • 湿疹が出ている
  • 皮膚がガサガサしている
  • 水膨れ、火傷したように見える
  • 発熱している

昼間は大丈夫だけど夜になって急に症状が悪化するという場合もあるので、一度見て大丈夫だとしてもこまめにチェックしてあげて下さい。

 

保湿する

日焼けをした箇所は乾燥しやすくなっているので、刺激の少ない保湿ローションなどを塗ってあげてください。

 

治る期間は?

矢印

適切な処置が行われているかどうかにもよりますが、

  • 赤みがある程度であれば5日程度
  • 水膨れなどになっている場合はか月程度

が目安になります。

大人に比べて肌がデリケードな分、治るまでの時間も結構かかってしまいます。

出来る限り事前にしっかりとケアをしてあげることが大切ですね。

 

まとめ

まとめ

自分は「ちょっとぐらい日焼けしてもいいかな~」「もうおばさんだし、日焼け止め塗るのめんどくさいし」とか思ってしまいますが、子供はそうもいきませんね(笑)

外へお出かけする時は、事前ケアをしっかりすると安心です★

もし日焼け止めを塗っていても、外で遊んだ後に帰ってきて見たら日焼けにビックリ!という状況になっても、焦らずに適切な処置をすることが大切です。

日焼けを恐れて外で遊ばせる機会を減らすのではなくて、日焼けしにくい対策をとって、我が子がのびのびスクスク成長していく姿を楽しみましょうね♪

 

スポンサーリンク

 

紫外線が一番強いのは5月?8月?危険な時間帯と正しい対策とは

2016.07.20

暑さ対策のウソホント!正しい方法で夏バテ予防・疲れ知らずになろう!

2016.05.13